FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

月に1回のペースで、沖縄の68戸のLシリーズのマンションのコンサルティングのために訪問しています。

会議は、原則として平日の夜にしてもらい、プレゼン審査や総会は、土日です。

管理適正化コンサルティングとその効果を織り込んだ長期修繕計画を作ります。

今まで、地元の建設会社や設備会社を廻り、技術情報を入手し、今まで名古屋で手掛けてきた内容と沖縄仕様の違いは、概ね把握できています。

部位別や鋼種別の仕様を作ることと、沖縄特有の意匠に合わせることは、違います。
例えば、共用廊下とアルコーブの仕切りが、こんな感じ。
仕切り

これ、あと10年経ったら、どう劣化するのだろう?
その時の補修は?
では、2回目の大規模修繕工事の時は?

と考えていくと、塗料の材料は想定できても、この部位の数を数えて、その補修にかかる職人さんの工賃を想定するのは、結構難しいです。

今まで、何度か、このマンションに来て、そのたびに、あちこち見て回り、修繕計画を立てるための見落としがないか?を考えるのですが、「新しい発見」をすることがしばしばあります。

いつもの感覚で、「こうなっているはず」と言う先入観を捨てて、向う30年の計画を立てるために、何度もイマジネーションすることが大切だなぁとつくづく思います。

【ブログ3942日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!