アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

当社の大規模修繕工事コンサルティングにおける物調査は、必ず住民同行の建物調査ツアーを実施します。

今回、岐阜市内58戸・築15年のシャトレ愛松茜部で、理事や修繕委員を中心に、7名の住民の参加。
岐阜エリア担当の棚橋コンサルタントと一緒です。

昨夜からの雨も上がり、屋上の解説から。
建物ツアー写真

「ゴムシート防水で、全体的には、きちんと付いているようですが、こに、少し破断があります」
「水が入っている可能性があるので、この部分だけでも早めに処置が必要です」
「補修の方法は、一度このゴムシートを撤去する方法と上から被せる方法があります」
「笠木は、メッシュ入りのウレタン防水を塗ります」

初めて屋上に来た人ばかりで、興味津々の様子。

こうして、プロがどんな目で建物の劣化を見ているのか、また、どんな補修方法があるのか等を解説します。

この後、1時間30分程度、建物の状況と各所での補修方法について、グレード別のを工法や仕様などを解説し、意識を高め、住民主役の大規模修繕工事となるようサポートしていくのも、私たちコンサルタントの仕事です。

岐阜での大規模修繕コンサルティグでは、
大規模修繕工事の最中が1件(現場見学会を11月11日に実施予定)。
大規模修繕工事の入札の最中が1件。
建物調査が終わり、概算予算が出て、いよいよ工事実施時期を決めるマンションが1件
建物に関する住民アンケートの準備中が1件。
2~3年以内の工事予定が1件。
3~4年以内の工事予定が1件。
5年以上先の工事予定が1件。
と続きます。

【ブログ3752日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!