アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

名古屋市内で、築30年30戸のマンションの大規模修繕コンサルが始まりました。
会社から徒歩10分と近い!

都心にあって、コンパクトな作りなので、廊下も狭いのですが、決算書と見ると、電気代がかなり高い。

「原因は何だろう?」

と電気のエンジニア一緒に、電流値や照明を調べて行くと、そもそも照明の配置プランが不整合。

タイマー回路が2系統あるのに、1系統が外れているとか、新築後に継ぎ接ぎしたような後付け照明があるとか…。

俄然、改善のファイトが沸く内容(笑)

簡易な試算では、点灯配置プランや常夜灯・半常夜灯の回路を適正化すると、電気代は、半減できるの見込み。
プランの説明を行った後、現地で、実際に、点灯・消灯を繰り返し、住民さんに見ていただいたところ、「へぇ~!」の連発。

当方の案に加えて、「ここをなくてもよい、ここに付けて欲しい」と言う長年生活する中で、普段から感じていた生活動線に即したリクエストも出てきます。で、その場で、蛍光灯を外しすなどして、すぐに、シミュレーション。
更に、当社のプロの視点から、「ここは蛍光色で統一しましょう」等の提案を加えて、「暮らしの質」「住み心地」の向上を図ります。

3年前にLED化にする話が持ち上がった時に、組合が取得した見積りよりもかなり安く、省エネ効果は非常に高い!、
LEDへの交換提案だけなら、単なる機器更新工事か、電気削減工事ですが、当社の提案は、「マンションの価値向上コンサルティグ」を提供するところにこだわりがあります。

以前、20戸のマンションで、相当マニアックな照明プラニングと契約変更を行ったのですが、今回も、それに匹敵するマニアックな削減事例ができそうです!                  
     

【ブログ3748日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!