アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨年夏から大規模修繕工事、管理適正化コンサルティングを受託したマンションの話です。
この二つのコンサルティングを受託すると、その中には「顧問契約」が含まれ、定例理事会にも参加しますし、総会の議案書もチェックします。

総会では、次期の役員議案がありました。

で、輪番表も表記。

ところが、1住戸のみスキップ。

あれ?このマンションは、役員就任について、「現に居住する」と言う縛りはなく、「組合員」が就任と記載してあるのに?

管理会社の説明では、その住戸は、部外オーナのため、実際に役員に就任することは難しいので、あらかじめ、輪番表から外しておいたとのこと。

過去、その輪番表が配布されている訳でもない。

当方からは、
「それは、NGですよ。まずは、原則通りに組合員全員を輪番表に記載し、実際に、その該当住戸が順番に回ってきたときに、現実的な選択として、スキップする等を検討することもありです。」

原則と応用とをきちんと使い分けることが必要ですよ。

p align ="center">【ブログ3283日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!