アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

現在、名古屋、岐阜で、3件のコンサルティング契約締結の総会を準備中です。

そのすべてで、大規模修繕工事と管理適正化コンサルティングT顧問のセットの契約となっています。

その3組合とも、出会いは異なります。

過去のコンサルティング先マンションからの紹介。
吹上のマンション管理フェアの受講者。
大規模修繕工事見学会の参加者。

また、それぞれ、推進者の方も、異なり、
一般の組合員の方。
修繕委員長。
理事長。

ここまでくる道のりについては、
長期修繕計画&管理委託費の無料診断。
それを解説したり成功ステップを学ぶ勉強会。
は共通です。

勉強会は、理事(修繕委員)向け、組合員向けと対象が進んで行き、組合員向け勉強会で、当社の考え方、姿勢、実績等を聞かれた皆さんが、「なるほど」と言う感想を持たれると、「これなら、総会で諮っても、行けるだろう」と、理事の方も安心して、いよいよ総会です。

ここでのターニングポイントは、組合向け勉強会で、色々な質問が出ること。
その分野の事を良く知らない人達が、その道のプロを選ぶわけですから、非常にユニークな質問が出ます。

例えば、
「大規模修繕コンサルタントを雇ったら、工事費は、どれくらい安くなるのか?」
「コンサルタントを雇っても、安くならなかったら、理事は責任を取るのか?」
「この人が死んだら、どうするのか?」

コンサルティングと言う仕事は、形がありません。
モノを見せることができるなら、「これを買ってください」と言えますが、コンサルタントはそれができません。

表現力(プレゼン)を駆使し、未来を見せる(イメージする)ことで、初めて価値を感じます。

だから、コンサルタント選びは、「投資」です。
良いコンサルタントに投資すれば、リターンが大きく、良くないコンサルタントに投資すると、リターンが小さい。

しかし、投資しなければ、大規模修繕工事をやろうと思っても、やり方に迷ったり、高い工事費になります。

「投資」は、極端な言い方をすれば、「賭け」です。

「信じて、賭ける」

「賭けるに足りる人かどうか」は、聞いている人の「勘」かもしれませんが、とにかく、確約がないのですから、組合員の人の多くが、この人なら「信頼できそう」と感じる人を選ぶ。

あるいは、組合の中で、普段から、「組合活動に熱心な人」「良識ある人」「信頼がおける人」を選び、その人達が選んだ人に任せる!

こんな選び方が、良いのではないでしょうか?

【ブログ3272日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!