アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

私の愛読するメルマガ「あなたの知らないV字成長」(by V字経営研究所 代表 酒井英之先生)の記事で、またまた、とても感動する内容で、自分の心境に合うものだったので、転載します。

いよいよWBCが始まりますね!
期待された大谷選手が怪我でリタイアして、
すっかり魅力が薄れてしまった日本代表ですが
なんとか結果を遺して欲しいものです。

かつては、イチローやダルビッシュ、
松阪に岩隈、城島に渡辺、田中将など
実に頼もしい侍が多数いてまさに「侍ジャパン」でした。

もしここに大谷がいたら、
今回のメンバーである中田、筒香、藤浪なども
侍のように見えたかもしれません。
一人輝く人がいると、その照り返しで全員が輝いて見えるもの。
かつての侍ジャパンの選手たちが輝いて見えたのは、
イチロー選手の存在が大きく影響していました。

そんなイチロー選手が、キャンプで
外野の守備中に同僚の選手と激突し、右脚と腰を痛めた、
という記事が新聞に載っていました。

記事によると、怪我の影響で、
イチロー選手は打撃練習、守備練習ともできなくなりました。
代わって毎日、約1時間の電気治療と
専用マシンでのトレーニングを1日3度繰り返したそうです。
単調で我慢を強いられるリハビリに
多くの時間を割いています。

しかしイチロー選手は、こうした練習に対し
「トレーニングは過去にない量をできた。
(故障は)起きてしまったが、その中においては
このやり方がベストだと信じてやっています」と、前向き。

さらに、次のように語ります。
「これもあって良かったと(後になって)言えるよう、
ちゃんと僕がしなくてはいけない」

この時期に怪我をするのは26年のプロ生活で始めてのこと。
「二つのことを同時にはできない」が口癖の彼は、
今何をするのが最善なのか見極めて選択しているから、
ここまでポジティブになれるのでしょう。

彼のこの姿勢に、私も勇気づけられました。
何か失敗した時、人は「〇〇が悪い」と
環境や第三者のせいにしがちです。

そうすることで自分を守ろうとするのですが、
守ったところで、事態は何も変わりません。
状態を良くするには、まずは言い訳を止め、
自分の失敗と向き合うことです。

そして、「この失敗があって良かったと
後から言えるようちゃんとする」ことを決めます。
このとき、目標のレベルを当初の目標値から
下げてはいけません。

もし下げてしまうと仮に下方修正した目標をクリアしても
「あの失敗がなければもっとできた!」と後悔が残り、
「良かったな」とは言えなくなります。

逆に「あの失敗がなかったら、そこそこで満足していた。
あの失敗があったからこそ、ここまでこれた。
失敗があって良かったな」と言えるようにするには、
失敗した分、目標値を当初の予定から上げることです。

失敗は、自分の今までのやり方を見直す良い機会です。
何かが拙かったから失敗したのですから
その拙い部分を変えれば、良くなるのは当たり前。
失敗は、より高みを目指すチャンスなのです。

それには、失敗した時の原因を
よくよく振り返り突き止めることです。
私は顧問先の3~5年先のビジョン開発を行いますが、
多くの顧問先が、自らが立案した
中長期目標を達成していきます。

その一番の要因は、
「何をするのか」「「何を目指すのか」以上に
「失敗原因の突き止め」を時間をかけて
じっくり行っていることにあります。

それができているからこそ、
その後の計画立案から行動に至るまでの過程で
「自分を変えるんだ!」という集中力が出るのです。

メジャーの野手最年長のイチロー選手の姿勢に
V字成長する人の生き方の神髄を観ました。
是非イチロー選手にはシーズンに間に合わせて
活躍して欲しいものです。

そして、怪我に悩む大谷選手、嶋選手、
リタイアは悔しいでしょうがイチロー選手のように
「あれもあって良かった」といえるよう、
じっくりしっかり調整して、
シーズン復帰を果たしてくださいね!

なお、ビジョン開発につての新・公開セミナーを
独立3周年のこの春に開講予定です。
実践型での少人数の開催を企画しています。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

【経営者+コンサルタントの皆さんへ】

8年ぶりに本を書きました!!

先代カリスマを超えて後継者が最高業績を上げるチームV字経営

3月29日、日本経営合理化協会から発売予定です。
全450ページの超大作!!

日本経営合理化協会とamazonで先行予約受付中です!
表紙がすごいから是非、見てくださいね!!



私も、相当多くの逆境をぐぐりぬけてきました。

「人生最大の危機」と感じて、朝まで、オフィスの椅子に座りながら、考えをめぐらしたこともあります。

今は、逆境が訪れると、
「自分の至らなさを教えてくれた」
「これを乗り越えると、更に、成長できる」
と逆にワクワクするようになりました。

他人は、皆、自分の先生です。
どんな時でも、「感謝」を忘れない心境(生き方)になりたいと願っています。

【ブログ3270日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!