アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

名前を聞いたら、ほとんどの人が知っているようなブランド系マンションの管理適正化コンサルティングの真っ最中です。

ブランド系マンションの一般的な特徴は、「その子会社である管理会社への依存、言いなりの工事発注」に疑問を感じながらも、新築販売時の「手厚いおもてなし」の記憶が、「自分たちにマイナスのことは、やっていないだろう」と言う信頼感につながっていること。

ただし、ビジネス感覚の鋭い人が理事長になった時に、管理会社が市場の競争とは無関係に、「言い値のタイミング・品質・価格」で仕事をしていることに気付くことがあります。

このマンションは、まさにそのケース。

理事会メンバーは、その理事長の問題意識に共感し、当社の勉強会で「目からウロコ」。当社のコンサルティングを導入したいと言う意見がすぐにまとまりました。

しかし、いざ、組合総会になったら、組合員からの異論も出ました。

と言うのは、当社の管理適正化コンサルティングは、現行管理会社との契約継続で進む場合もあれば、管理会社の入札を行う時もあるため、その旨を議案書に記載したところ、「管理会社を変えるつもりなのか?」と思われたことが大きな要因でした。

かなり慎重に総会議案書に「管理会社変更ありきじゃない旨」を記載したつもりでしたが、最終的には、理事会メンバーの方が「管理会社変更ありきじゃないですよ!」と応援の発言が後押しとなり、承認いただきました。

管理適正化コンサルティングにおいては、「合理的・効率的」と言う側面と「生活の質」や「安心感」とのバランスが非常に重要で、管理委託業務仕様書を作成する際にも、相当配慮します。

それをとことん考え抜いて、新仕様書が完成し、組合員の皆さんから、評価を頂いた時には、大きな達成感があります。

そして、それを元に現行の管理会社との金額交渉・査定を行ったり、更に、入札を行った結果、グッと金額が下がるのは、全て「結果」。

目指すのは、「コスト削減」ではありません。
「より良い管理」「適正な価格」「管理会社との好ましい関係」です。

【ブログ3268日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!