FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

この週末は、全部で5つのマンションで、総会・理事会・修繕委員&理事会・管理検討委員&理事会があります。

管理検討理事会では、管理会社から出された見積もりに従い、プレゼン審査に進む3社を選定。修繕検討理事会では、工事先を決めるプレゼン審査。

そして、一つのマンションを除き、共通するのが、省エネ提案です。

いずれも、マンションの規模が小さいので、高圧一括受電方式ではなく、共用部のみの周省エネ提案です

当社の省エネ提案は、「元電力会社で営業所の電気工事窓口から、本社の電気料金制度の策定」までのキャリアを持つ人物が行うので、多分、誰にも真似できない凄技・裏技!(笑)

電気の契約・機器・運用まで、あらゆる面から、省エネの要素を盛り込みます。

そのため、データの収集・分析・シミュレーションは、時間をかけ、投資対効果が最大になるよう組み立てますし、そこに、マンションの長期修繕計画との整合要素も加えます。

従って、「照明をLEDにしたら、電気料金だけじゃなく、菅球や安定器の交換費用も低減できますよ!」と言う程度の提案は、それがどんなに細かくても、組合側にとって、ベストな提案とは言えません。

実際、今回提案する40戸程度のマンションでは、LED化投資工事約200万円で削減できる電気代は、菅球や安定器の交換費用を含めて、約40万円ですが、その工事費に当社提案システム工事を15万円程度上乗せすると、電気代削減は、約70万円に跳ね上がります。

これまでの電気使用と全く変わらないのに…です。

で、この週末は、それぞれのマンションの提案段階に応じて、使う資料は、異なりますが、すべて、この当社オリジナルの提案・説明をしていきます。

マンションの住民の皆さんが、「そんな方法があるの?」と驚き、喜ぶ顔を見るのが楽しみです!(笑)

【ブログ2826日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!
提案
←【ランキング1位獲得!