アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2357日連続更新中】

 この週末は、世界遺産の平泉に来ています。

 仙台空港からレンタカーを借りて約2時間。

 気温が8度と、この季節にしては暖かく、風もなく、散策して気持ちが良いほど。

 仙台には、これで3度目。岩手には2度目ですが、今まで、歴史の教科書の世界だった中尊寺金色堂を見るのは、初めてです。

 専用駐車場で車を降り、中尊寺の表参道である月見坂を登ると、樹齢何百年?と言う杉の造形の美しさに圧倒されつつ、本堂へ。

平泉2


 途中に、弁慶を祭った「弁慶堂」があり、お茶目な私は(笑)、必ずやってしまう写真を1枚!
平泉1 平泉5


 お目当ての金色堂は、劣化から守るために、建屋の中で、更に、ガラスケースの向こう側に保存されていて、写真の撮影も不可でしたが、出口を出た外からは、何とか記念撮影もできます。
平泉7


 すぐ近くに、奥州藤原家と中尊寺の歴史を伝え、様々な由緒ある資料を見ることのできる資料館があり、元々歴史好きの私には、たまらない!

 また、このエリアでは、景観条例があるのか世界遺産になるために、そうしたのか、建物や看板の色が、白とグレーが基調。


平泉4 セブンイレブンの看板もお店もこの通り。


平泉3 住宅も小学校の校舎も、大壁で外柱が黒。壁は白やベージュの塗り壁調。(写真は小学校です)


 良いですね!


平泉6 ここでのお土産は、これ!「強運昇龍守」


 このほか、世界遺産の一つである毛越寺を訪ねて、再び、仙台に戻りました。

平泉8 で、もちろん、夜は、仙台名物の分厚い牛タンを堪能いたしました!


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2356日連続更新中】

 昨夜は、顧問先の保険総合代理店の忘年会に誘われて、参加してきました。

 私自身は損害保険募集代理人の資格があるのですが、マンションの管理組合に最適な保険選びのコンサルティングを提供する立場上、特定の保険会社の代理人にはならないと言うポリシーがあり、代わりに、国内外損保のほとんどすべてを網羅している総合保険代理店に、設計書や見積書を出してもらっています。

 その際、どの保険商品を選ぶのか?の基準に、保険会社からの手数料が大きいとか小さいとか、ノルマの達成や契約数の増加によるインセンティブ等、恣意的な保険会社選びの要素となる情報は、一切遮断し、ひたすら、そのマンションに最適で最安値の保険選びに徹します。

 従って、妥協がなく、また、発想が自由なので、保険代理店のスタッフには、正直「無理難題」に近い複雑なリクエストをします。

 そうして、省コストの保険を選んでおいて、今度は、実際に事故や損害が起こると、今度は、徹底的に保険金が出るように交渉します。

 保険代理店とは違い、保険会社との付き合いがないので、マンション組合のために、ある意味で保険が出るように、解釈について「戦う」ことも辞しません。

 こうしたプロセスにより、保険代理店は、「マンション組合向け」の火災保険に強くなってもらい、次への提案に活かしてもらいます。

 この分野は特殊で、「専門」と言える保険代理店になってもらうことが目的です。

 さらに、マンション管理組合向け顧問業務のメニューとして、入居者に対する家計相談や保険相談があり、その際には、この保険代理店のスタッフが担当してもらいます。

 こうしたつながりは、どの保険代理店でも良いと言う訳には行きません。
 営業色の強い=売上ありきの会社は、当社と相入れません。
 私の高度なリクエストにも、応えることができるコンサルタント力も必要です。
 
 そうしたフィルターを通して、パートナーシップを組み、顧問を務めている会社が、操業15年目を迎える「中央保険プラザ」さんです。

 その忘年会は、岐阜駅近くのホテルの宴会場で盛大に行われ、ゲストも多数参加。

 毎年、恒例だと言うプレゼント交換では、強運の私は、若くてきれいな女性とカップリング!(笑)
 プレゼント交換時には、ハグをするルールでしたが、申し訳ないので、握手にしたら、会場から、「おおー、紳士!」(笑)

 ビンゴゲームでは、一番最初にリーチ!

 ついてますね!

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2355日連続更新中】

 毎月1回、東京または大阪に行き、ある大手住設メーカーさんのリフォームコンサルタントの育成コンサルティングをしています。

 昨日は、実際のリフォーム希望者に対して、コンサルティングを行う場面を別室でモニタリングして、その指導を行うと言うもの。

 他のコンサルタントも、一緒に見てもらい、参考になるところ、自分だったらこうすると言う目で観察してもらいます。

 また、顧客との会話のうち、「これがコンサルティングを行う上での、キーワード」を見つけてもらいます。

 チームリーダーやサポートメンバーも含めて、全部で10名程いますので、意見は様々。

 「コンサルティング」では、クライアントの家族状況もリフォーム希望も千差万別ですから、正解はないのですが、議論して行くと、一定の範囲に絞られてきます。そう言う体験を通じて、「考え方」をレベルアップして行きます。

 この考え方とは、ずばり「クライアントを知る」ための質問力です。

 そして、質問するためのキーワードに敏感になること。

 しかし、クライアント全員で議論して辿りついた「キーワード」は、私の見つけたキーワードとは違っていて、「なるほど!」と言われた後に、「どうしたら、そう言うキーワードに敏感になれるのですか?」と言う質問。

 答えは、「愛」です。(*^^)v 

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2354日連続更新中】

 名古屋の43戸のマンションにおける管理委託業務入札のための現地調査で、約20社が来訪されました。

 一人で来る会社もあれば、下請け事業者を含めて、五人で来る会社もあります。

 20分で帰る会社もあれば、1時間以上調査する会社もあります。

 現地での質問は、受け付けていませんが、雑談であれこれ話すと、当社が管理業務仕様書を作る際の見方とはまた違った見方をする意見もあり、参考になります。

 見積書を共通基準で比較するために、その参考意見を仕様書に盛り込むことはしませんが、実際に新しい管理が始まってから、最適だと思っていた仕様の検証をする際には、この時の雑談も役に立ちます。

 競争入札で、管理委託費は、従来の30%以上安くなることがほとんどですから、新管理体制になってから、改めて、業務を付加する余裕もあります。

 当社のコンサルティグ報酬の「成果報酬」には、こうして、改めて見直して、委託費を増額した場合には、その分を返金すると言う保証が付いています。

 こうして、「より良い管理をより安く」の努力を続けていくのです。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2353日連続更新中】

 当社がコンサルティングする管理会社の入札は、従来の委託業務契約書をポンと投げて、見積りを受ける方式ではなく、マンション独自の詳細な仕様を作成し、共通見積書・質疑応答書・会社概要・再委託先会社リスト等の提出が、決められたスケジュールに従って、提出を義務付けられます。

また、提出においては、紙で送ってもらうものと電子データの2種類があったりと、初めて入札する会社は、かなり戸惑うと思います。

 当社としては、入札する会社側に対しても、なるべく経費を掛けさせないために、提出書類に営業経費を掛けさせないよう配慮を行いますし、比較表を作成する際に、転記ミスがないよう電子データの提出により、半自動的に数値が一覧表に反映されるようになっています。

 こちら側の統一書式に合わせるのは、面倒かもしれませんが、統一項目で比較表を作成することにより、組合側も検討しやすいのです。

 ただ、こちらが、「これで十分通じる」と考えても、管理会社によっては、スケジュールを守らなかったり、必要な書類を送って来なかったりします。

 官庁の厳格な入札ではないので、多少遅れたからと言っても、失格とするのではなく、遅れていることをメールや電話で知らせて、できる限り多くの管理会社に入札してもらうようにします。

 ただし、そう言う実務上のルールをきちんと守るかどうかは、密かに見ています。(笑)

 組合側にとっても、少しでも多くの会社を見たいと言う気持ちがある一方、見積りの締切に間に合わない会社は、その時点で、マイナス点がつくケースもあります。

 ただし、管理会社だけを責めるわけには行きません。

 当社の出す資料が100点満点ではないと言う前提に立ち、入札方式を理解しやすいよう、どこかの会社がつまずいた点をモニタリングして、どこがネックになっているのかを分析して、毎回、よりわかりやすいように、文書の表現を変えたり、表のスタイルにしたり、太字にしたり、赤文字にしたり・・・。

 そう言う改善は、これまで何十回と行っており、そろそろ、「各締切に間に合わない場合は、失格となる場合があります」と書いても良いレベルに達したのか?と思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2352日連続更新中】

 名古屋市守山区の43戸のマンションで、管理委託業務入札のための現地調査が始まりました。

8月から現在の管理会社の管理業務調査を行い、新しい管理仕様を承認いただき、管理会社や専門事業者に入札エントリーを呼び掛け、新しい管理委託業務仕様書を提示すると言うプロセスを経て、いよいよ、大きな動きが始まります。

 最近は、岐阜県・三重県での入札が続いており、エリアの問題から、入札できないと言う会社も数社ありましたが、今回は、マンション管理会社の支店等が数多くあるエリアで、当社のコンサルティングにおいて初めて入札する会社も数社あり、二日間かけての調査会なので、見積り提出会社は増えそうです。

 見積り提出会社が増えると、当社にとっては、それだけチェックする回数も、比較表の作成も、各社との面談も負荷が増えるのですが、初めて入札いただく会社との出会いは、組合の選択肢が増えると言うことですから、大歓迎です。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2351日連続更新中】

 土曜日には、四日市市の40戸のマンションで、管理見直し後の管理会社決定理事会、日曜日には、各務原市の20戸のマンションで、同じく臨時総会で、新しい管理会社が決まりました。

 前者は、十数社の入札から、現行の管理会社継続に決まり、後者は、現行の管理会社が早々に入札を辞退し、新たな管理会社に決まりました。

 どちらも、これまでとは異なる管理委託業務仕様に基づく入札ですから、管理会社の作成する「重要事項説明書」も、それまで、画一的だった「管理会社主導型」のものとは異なります。

 入札の段階で、細かな仕様書を提示して、それに対して見積りを提出する訳ですから、内容は判っているはず!と思いきや、簡単には行きません。

 これまで、管理会社から、入札時に示した仕様書に添った内容に変えたので、チェックして下さい!と送ってきても、一発合格は、皆無でした。

 と言うことは、逆に言えば、それだけ各マンションに応じた管理業務の仕様にカスタマイズされていると言う証拠なのですから、当方の業務が大変なことを除けば、良いことです(笑)

 次は、「管理委託契約書」の作成ですが、こちらも、各マンション仕様へのカスタマイズのために、最新の注意を払って、進めていきます。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2350日連続更新中】

 今年の妻の誕生日イベントはもりだくさん。

 昨日、娘の手料理ディナーがありましたが、それ以外にも、2回の外食。

 お気に理入りのお店からの誕生日特別チケットが届いたので、長女が帰省した日に合わせて、お帰り歓迎イベントも合わせ、行ったお店が1件。

 それ以外に、誕生日当日に行ったお店が1件。

 お気に入りのお店は、とろけそうに美味しい飛騨牛のしゃぶしゃぶを食べられる「馬喰一代」と言うお店で、地元でも有名です。

 なぜ、お気に入りかと言うと、味もさることながら、接客が良いんです。
 まず、女の子がアイドル級!(この理由は、私だけ(笑))

 しかも、笑顔を絶やさず、サービスも心遣いも、細やか。思わずチップをはずんでしまいそうになるくらいで、毎回、「パパ、今日も、女の子ばっかり見ていたね」と家族に指摘されます(笑)

 ところが、今回は、言葉は、棒読み。笑顔が少なく、料理の説明もダメ。
 料理を運んでくるタイミングもダメ。追加注文を忘れる。
 最後のデザートを運んでくるタイミングをわざと首を長く待っていたのですが、結局、来る気配がないので、呼び鈴を押して、部屋に来てもらうと言う始末。

 せっかくのおいしい料理でも、満足感が半減。
 いくら料理が良くても、このお店の評価は、一気にダウン。

 もうひとつのお店は、ランチに来たことが1度ありますが、夜に来るのは初めて。
 岐南町にある「あせぞね鍬」と言うお店。

 今回は、妻と二人だけのバースディディナー・デートです。

 お店は一杯で、カウンターのみ。
 カウンターの向こう側を配膳のためにスタッフが動くので、様子がよくわかるのですが、そのスタッフは、すべて、20代前半くらいの若い女性ばかり。

 若いスタッフばかりで、満席と言う状態でしたから、頼んだ料理がどんなタイミングで来るのかな?と心配していましたが、これが、まったくストレスなし!

 この要因は、リーダーらしき女性(もちろん20代前半)が、どんなに注文が集中しても、あせらず、自分は飲み物作りとスタッフへの指示に徹し、全員が身につけているイヤホンマイクを通して、的確に指示しているからです。

 調理側との連携も、見事。
 そのリーダーの女性に、思わず「座布団1枚!」状態でした。(笑)

 料理の味も、ランチの時と違わず、大変グッド!
 
 しかも、お値段は大変リーズナブルで、また来たいと思わせる要素が沢山で、満足度120%でした。

 味が悪ければ話になりませんが、お店のイメージは、接客で決まるなぁと感じたのでした。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2349日連続更新中】

 妻の誕生日に合わせて、東京から学生の長女が帰省してきました。

 丁度、大学祭の休講と重なったからです。

 滞在は、一週間。

 過ごし方は、同じマンションに住んで、赤ちゃんの時のママ友時代(?)からの幼馴染の同級生と京都旅行、アウトレットへのお買いもの、そして、妻の誕生日のプレゼントの一つとして、手料理!

 我が家には、「家庭文化の伝承」として、月に何度か、妻と一緒に食事を作ると言うルールがあり、一番の得意?は、手作り餃子でした。

 その日は、4人家族で軽く100個以上。

 子供が小さい頃は、正に「不揃いの餃子たち」でしたが、段々と誰がどの餃子を包んだのか判らなくなりましたね(笑)

 とは言え、二女は料理が好きで、お菓子作りも得意。
 長女は、あまり得意じゃない。

 東京で一人暮らしをし始めてからは、よく、妻に電話しては、レシピを聞いてきていて、外食でお金を使うことなく、弁当も頑張って作っている様子でした。

 その料理の苦手だった長女が、買い出しから調理・盛り付けまで頑張った作品が、こちら。
ディナー. 肉詰めピーマン、ハンバーグ、ポテトチーズ団子、野菜サラダ、ピラフ。


リラックマ 更には、妻の好きな「リラックマ」のカタチをしたバースディケーキ。
 スポンジも手作りと言う念のいれよう。


 学生になったら、自立心を育てるため、一人暮らしをさせると言うのは、我が家の教育方針。

 回りからは、「親ばかで娘溺愛のパパ」で、一人暮らしなんかはさせないとみられていたようですが・・・(笑) 

 まあ、親側が「自立心を育てる」と頑張っても、自分の人生を振り返れば、子供は、親の願う通りには行かないものと承知していますが(笑)、今回は、期待以上?予想以上?の成長ぶりに、驚きと嬉しさが。。。(^_^)

 1月には成人式。

 親のアドバイスより、自分の日々の経験で生きていく年齢になります。
 しかし、幼いころから、繰り返し掛けてきた言葉が、彼女の人生の選択に活かされることを願います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2348日連続更新中】

 昨夜は、岐阜市内のマンションで、新旧管理会社の引継式でした。

 新旧管理会社はもちろん、理事会・検討委員、そして私の4者が立会い、書類の引継ぎ、継続中案件の引継ぎ、懸案事項の引継ぎ、そして、新管理会社にやって欲しいことの依頼。

 新旧管理会社には、事前に十分な情報交換をして、漏れがないようにと依頼してありましたが、こらからいよいよ管理が始まると意気込む新管理会社であっても、そもそも、どんな懸案事項があったかはわからないので、突っ込み不足になりがちです。

 そこで、新旧管理会社にまかせっきりにするのではなく、住民も立ち会うことで、緊張感も生まれますし、打合せの中で、「そう言えば・・・」と言う話も出てきます。

 もちろん、専門的なチェックをするのが、当社の役割。

管理委託契約の見直しコンサルティグでは、単なるコスト削減ではなく、管理サービスを見直し、そのマンションにジャストフィットな仕様にする、管理の質を上げると言うことを前提にするため、過去の総会議事録を全部読み込み、住民アンケートを取り、そのマンションの課題を把握していますから、もっとも客観的に引継時のアドバイスができます。

昨夜の引継式では、約1時間半。

住民の皆さんは、思いつくままあちこちに話題が拡散するのですが、そう言う様子を新管理会社に見てもらうのも、マンションの住民気質を把握してもらう良い機会になります。

最後は、きちんと内容を整理し、無事終了。

 ここまで来るのは、ボランティアで何度も管理検討委員会に出席いただいた皆さんのおかげだと感謝を申し上げ、新年にはお疲れ様会をしましょうと言うことで盛り上がりました。

 こちらのマンションでは、引き続き、新管理会社の業務監査があり、更には、来年度の顧問契約の契約も済んでいます。

当社のポリシーは、「そのマンションに住む住民の気持ちになり、そのマンションと一生お付き合いする気持ちで仕事に臨む」です。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2347日連続更新中】

  「ホンマでっか」と言うテレビの「知らないと怖い不動産購入術」と言うテーマで、なんと、友人二人が専門家として出演しまいた。

1人は、戸建住宅の新築分野で、Wさん。
もう一人が、マンション購入分野で、Sさん。

どちらも、それぞれのビジネス分野で、大変仲の良い知人ですし、同じ理想を掲げて活動している同志的存在です。

そう言う二人が数多くの専門家の中から選ばれたと言うことは、交流のある私にとっても、大変、喜ばしいことです。

次は、私が呼ばれるように頑張ろう!(笑)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2346日連続更新中】

 今から15年前の私の起業テーマは、「生活者も事業者も共に幸せになる住まいづくり文化の創造」でした。

 住宅業界で、自らは設計も施工もせず、消費者向けのコンサルティングで起業すると言う挑戦は、正に、当時のベンチャーで、会社が軌道に乗るまで、随分苦労しました。

 初年度の赤字が5000万円(苦笑)

 しかし、誰もやっていない事業を行うと、その先駆者になります。

 実は、住宅会社は、受注したお客様とは縁が濃くなり、何故、その会社を選んだかを聞けますが、失注したお客様からは、本音を聞くことは、まずできません。

 ところが、私のポジションだと、お客様がどんな迷いを経て、どの会社を選ぶのかの本音がわかります。

 その経験が積み重なると、消費者向けコンサルティングから、今度は、事業者向けに「どうしたら、お客様から選んでもらえるようになるか?」と言うコンサルティングができるようになります。

 消費者向けのコンサルティングは、中部エリアでしか行いませんが、事業者向けのコンサルティングは、一気に、全国に広がり、北海道から九州まで、すべてのエリアからお呼びがかかり、飛行機のマイレージが30万マイルもたまる程で、今も数万マイル残っています。(笑)

 そこで、沢山の経営者とも出会い、その中の二人が、YさんAさん。

 二人は、知り合いではなかったのですが、最近、仕事のつながりが出来たそうで、その二人のビジネスを広めるために、どんな人に相談するか?と言う話になったそうです。

 そこで、出てきたのが私の名前。

 お互いの共通の知人だったことに、驚かれたのは言うまでもありません。

 で、久しぶりに連絡があり、会うことになりました。

 こう言うカタチで訪ねていただけるのは、大変、嬉しいことです。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2345日連続更新中】

 それは、インフルエンザの予防接種。

 私、風邪はひきません。
 おそらく、5年以上、風邪をひいて寝込んだ記憶はありません。

 仕事が面白すぎて、夜、ちょっと悪寒がするな・・・と思っても、翌朝までの短い睡眠時間で、治ってしまいます。正確に言うと、熱があるのかも知れませんが、測ると「熱がある」と滅入ってしまうので、ほっておくと、平気で仕事ができます。(笑)

 しかし、インフルエンザは、体力や気力の問題ではなく、ウイルスでやられてしまうのと、他に移すと言う危険性があるので、毎年、必ず予防接種を受けていると言う訳です。

 また、コンサル業なので、重要な案件は、他のスタッフに変わることができません。
 マンションの総会は、当日、私が行けないからと言って、中止するわけには行きません。

 そう言う点では、体調管理は、仕事の重要要素です。

 ちなみに、我が家は、全員が予防接種を打つことを、業務命令のごとく、義務付けています。
 ただ、いつの時期に打つと言う発議とか、病院への申し込みは、ワイフに頼りっぱなしです。(笑)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2344日連続更新中】

 岐阜市の主催で行われた「マンション大規模修繕基礎セミナー」を受講してきました。

 普段は講師側ですが、公的機関の実施するセミナーは、どんなことを話されるのだろう?どんな資料が配布されるのだろう?と、今後の参考にするためです。

講師は、2人。

 1人は、財団法人マンション管理センターの技術部の人の話。
 これは、基礎中の基礎の話です。

 もう一人は、愛知県のマンション管理士のNPO集団に属している人で、「事例」を担当。

 全体の構成は、「大規模修繕工事は、工事そのものだけではなく、準備段階と、工事後の保証や次回の大規模修繕工事への準備が大切!」と言うもので、大変良いのですが、取り上げた事例は、かなり特殊なもので、1時間の講演時間に収めるには、パワーポイントのスライドも多過ぎるし、スライドと話がずれるし、正直、わかりにくい。

 講師が、こんなんで良いのかな?と講演中にスマホでこの人の名前で検索すると、他でも講演を行っていますが、元々とは金融関係の人で、かつ、「マンション管理士としての仕事は、専業ではない」と、ご本人が講演の中でポロッと話される・・・(苦笑)

 講演が終わってからの受講者から、「で、具体的には、誰に相談すれば良いのか?」と言う質問が出て、その質問に対する答えも、的を得ていなくて、質問者がイライラして、「まだ、質問があるけれど、もう良いです」とあきれた感じ。。。

 受講後のアンケートを書いている最中でも、他の受講者同士が「結局、誰に相談すれば良いのか分からないなぁ」と言う会話が聞こえてきました。

 地方自治体が主催するセミナーなので、中立的な内容でなければいけないと言う制限はあるのでしょうが、「ここにプロがいるよー」とも、言えず(笑)、この分野で、悩めるマンション組合の相談に乗ることができる専門家は、まだだま少ないのだろうなぁと感じました。 

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2343日連続更新中】

 今、管理委託契約コンサルティング先のマンションでは、新しい管理会社が理事会で内定し、総会決議を残すのみとなったマンションが二つ。既に決議され、新旧管理会社の引継中のマンションが三つ、これから入札が始まるマンションが一つと言う状態です。

 来年の3月に、毎年恒例のマンション管理フェアがあり、年明けは、それに向けて、全体企画のアドバイスと自分の活動としての出版、セミナー、出店ブース企画の準備があるため、今、コンサルティグの順番を待っていただいているマンション組合さんについては、あと1組合の依頼を受けるのが精一杯という状態です。

 当社の場合は、新たな管理会社が決まったら終わりと言うのではなく、その引継に始まり、実際に管理が始まってからも、当初予定していた通りの管理業務仕様となっているかまで、チェックします。

 この時、肝心なのは、「新旧管理会社の引継」です。

 おおよそ3か月程度の引継期間を見て、書類や鍵御受渡し、収納システムの変更、懸案事項の引き継ぎなど、やることは沢山あります。

 この引継期間に業務の仕様をきちんと理解してもらったり、懸案事項の解決に向けて準備してもらうことが、大幅にコストダウンした管理費に対して、「安かろう悪かろう」ではなく、「より良い管理をより安く」を実現できたんだなと言う満足感につながります。

 当社の仕事は、管理費を安くして、そこから成果型報酬で儲けて終わり・・・と言う仕事ではありません。マンション住民の幸せを実現し、その幸せの度合いの結果として、頂くのが報酬だと考えていますから、新たな管理体制が決まることは、一つの通過点であって、ホントに、管理が良くなるまで、誠実に尽力して行きます。

 「管理費があんなに安くなったのに、管理会社の業務品質は、逆に向上した」と言われることを目指しています。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2342日連続更新中】

 今から20年前、電力会社時代に、アメリカに留学・研修派遣された時、岐阜のECCに英会話の勉強に行きました。

 その時の講師がジョン。

 スクールの時間だけでは、簡単に上達しないので、ビールをおごると言って、レッスンが終わるたびに、岐阜駅近くの外人が集まるスタンドバーに誘ったり、休みの日に、居酒屋に誘い、できる限り、英語を使いました。

 居酒屋では、隣の席に座っていたOLを英語で、ナンパしたこともあります。(笑)

 その時の私の自己紹介は、日本とアメリカのクオーター。
 
 最近、岐阜に来たばかりにしては、やけにローカルネタを知っている外人の役でした(笑)

 日本人だと、そこで仲良くなって話が弾んでも、せいぜい、連絡先を交換するまで?ですが、アメリカ人だと、別れ際に、ハグできたりするのが、不思議ですよね(笑)

 しかし、こう言う実践により、飛躍的に英語力がついて、3か月程度のレッスン期間が終わるまでに、TOIECのテストの点は、100点以上伸びた記憶があります。

 その後、ジョンは、ECCを辞め、個人で英会話スクールを開講。
 更に、小さいながらも、法人化。
 
 私にとっては、英語力を飛躍的に高めてくれた恩人なので、事務所兼アパートを借りるときも、連帯保証人になり、法人化の時も、出資者になりました。

 その後も、会社のチラシの作成をしたり、バイクの事故、税務署とのやり取り、彼女の問題など、様々な相談に乗ってきました。

 金銭的な報酬をもらったことはなく、アメリカ滞在中に、色々な人に親切にしてもらった恩返しみたいな気持で、ジョンを応援してきました。

 最近は、まったく連絡を取り合うことはなく、恐らく、5年以上会っていない。

 そのジョンが、日本を離れ、お兄さんのいるサイパンに移ると言う知らせ。

 体調を崩したのが原因です。

 私の弟とも親交があるので、弟に頼んで、二人でアパートの荷物の家電製品などの譲渡先を探したり、不動産会社との退去交渉や家賃の精算を引き受けて、いよいよ20日に離日を間近にして、昨夜は、お別れパーティ。

パーティーと言っても、私と弟とジョンと彼女。 

私以外の二人は、日本語でジョンと話すのですが、私は、英語じゃないとしっくりきません。
とは言え、もう何年も英語を使っていないので、困ったなと思っていたのですが、会うと、自然に英語が出てくるのは、不思議ですね。

 まあ、かなりいい加減な英語だし、単語も忘れているので、適当なんですが(笑)

 しかし、およそ3時間半、懐かしい想い出話をしたり、これからのジョンのプランを聞いたり、遠距離恋愛になる彼女のことを聞いたり・・・。

 サイパンに住みながらも、日本に残した生徒10人程度を相手に、スカイプレッスンをやるそうで、ある程度の生活の目途は立っているとのことで安心しました。

 ジョンにとっては、私は日本のベストフレンドだと言ってくれましたし、私にとっても、アメリカ人のベストフレンドです。

 サイパンでの成功を祈ります。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2341日連続更新中】

 経済産業省が全国各地で行っている「スマートマンション推進事業説明会」に参加してきました。

 この説明会は、各地のマンションディべロッパーや管理会社、更には管理組合を対象に、スマートマンションの助成金事業の説明を行い、採用するマンション増やすためのものです。

私がこの説明会の情報を目にした時には、既に、名古屋会場は満席。

経済産業省に電話をして、「立ち見で良いから、参加させてくれませんか?」と無理をお願して、出席しました。(結果的には、一番前の席で聞きましたが・・・(笑))

 説明会は、50名程の席で、満席。
 ちらっと参加者名簿を見たのですが、管理組合の参加はゼロのようでした。

 経済産業省の役人から制度や今後の推進方針等を聞いた後、実際に補助金事業を行っている3社から、それぞれのサービスの特徴や実例を話してもらい、予想以上の進展状況にびっくり!

 単に省エネや家電の遠隔コントロールと言うだけでなく、例えば、単身の高齢者世帯で、長時間電気が使われない場合は、何かあったのではないか?と言うアラームメールが子供世帯に届くとか・・・

 このほかにも、各種のサービスが家庭に向けて提供される仕組みで、

「高圧一括受電による電気代削減+省エネコントロールによる電気代削+家庭向けサービス」

が一元的に提供されます。

 設備投資が大きいため、一定規模以上の新築マンションからの普及がセオリーですが、昨今の電気代の値上げからの防衛に加えて、そう言う付加サービスが後押しして、導入する既設マンションも増えているそうです。

 現在、当社のコンサルティングや顧問先マンションに高圧一括受電をお勧めしているのですが、電気のことだと言うだけで、漠然とした不安を感じる人もいるのですが、こうした動きを見れば、もはや「電力一括+スマートマンション」を検討するのは当たり前の世界になりつつあると言えると思います。

 今回の説明会に参加し、今まで推進してきた事に勇気をもらうと同時に、この動きを広める構想がふつふつと湧いてきました!

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2340日連続更新中】

 毎年、ポートメッセ名古屋で開催されている「メッセ名古屋2013」に行ってきました。

メッセ名古屋テーマは、「環境・安全・モノづくり」


 「モノづくり」が日本らしい、名古屋らしいですよね。

 800社以上が出展しているので、カタログからどれが良いか探すのも大変なので、ジャンルにある「住まい」と言う表示があるブースを中心に回ったのですが、それだけじゃなく、ぐるぐるっと回って、興味を惹かれたところに入るのも、思わぬ発見があって、良いですね。

 今、広まっている技術やサービスだけじゃなく、コストや品質の向上を目指して開発された新しいものが、今後、マンションへのサービスや修繕に使えるのではないか?と言う目で見てきました。

 もちろん、責任を持って提案する必要があるので、簡単に飛びつく訳には行きませんから、発見した後は、きちんと調査し、検証して、より優れたものを提案して行きたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2339日連続更新中】

 友人で料理研究家の磯貝由恵さんが、本を出版されました。

 数年前にワインとチーズを楽しむセミナーでお目にかかって以来、磯貝さんや料理本の編集者さんと一緒に、何度か、ご推薦のお店に連れて行ってもらい、ゆるーい関係が続いている友人で、これまでに何冊も出版されています。

ある時は、名古屋の昼食イベントに招待され、お邪魔したら、男性は私一人だけ、なんてことも楽しい思い出です。(笑)

本の名前は、『魔法の「オイル漬け」BOOK』
魔法の「オイル漬け」BOOK この本、「オイル漬」と言う「魔法の手法」でヨコグシに刺しているユニークな切り口。


野菜や肉、魚介など、様々な素材をオイルに漬けると、素材の甘味が増し、味わい深くなる「オイル漬け」の本です。

オイルが作り出す旨みは、熟成味とはまた違った新鮮味が増したおいしさ、味わいもちろん、体にもよく、保存効果も抜群の保存料理だそうです。

忙しくて料理をする時間がない方、一人暮らしで食材を使い切れない方には、ぜひ、活用してほしい調理法だと言うこと。

また、時間が作り出す「オイル漬け」は、料理の技術が、あまり関係ないのも、安心の一つ。

本書『魔法の「オイル漬け」BOOK』には、「オイル漬け」料理のアレンジレシピもたくさんのせてあり、いろんな料理、味わい方で、楽しむことができます。

撮影中は、スタッフの皆さんも、「おいしい!」と絶賛で、盛り上がったそうです。

一つ一つの作業を丁寧にすすめ、心がこもっている様子が、本から伝わってきます。

そして、出版を記念し、今日から、専用ホームページで、「オイル祭り」が行われ、もれなくプレゼントも用意されており、ご紹介者用のプレゼントもあります。
オイル祭り

また、この期間中、著書に書ききれなかったこと、オイル漬けクイズ、など、磯貝さんのブログにアップされるそうですから、こちらも見逃せません。
磯貝由恵の【パリごはん】でおいしいおしゃべり!!

私は、もちろん、磯貝さんの本は毎回購入するのですが、食べるのが専門で、我が家のワイフや娘にプレゼント。二女が特に料理が好きで、これまでも磯貝さんの本を元に、夏休みの研究課題で実際に作ったこと等もありますから、今回も、「良い本が出たぞー」と渡すつもりです。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2338日連続更新中】

  四日市の築7年目の約40戸のマンションで、管理会社選定のための、2次審査(プレゼン選考会)が開催されました。

 結果としては、現在の管理会社の継続となりました。

 元々、管理委託契約の見直しコンサルティングは、現在の管理会社の変更ありきではありません。

 しかし、単に管理委託費の見直しをしたいと言うケースはまれで、多くが、現在の管理会社に多少なりとも不満があって、当社にコンサルティング依頼があります。

 そう言う点では、他の管理会社がゼロからのスタートであることに比べて、現行の管理会社は、マイナスのスタートとなるので、その分ハードルは高いと言うことになります。

 当社のコンサルティング契約が決まると、現行の管理会社を尋ね、「仁義を切る」ことから始めるのですが、ある管理会社は、「どんな不満があるのか」「改善点はどこか?」「どうしたら、契約を継続できるか?できれば入札を行わないで継続できないか?」とわざわざ訪ねて来られます。

 一方、別の管理会社では、私が訪ねて行くと、「あなたが住民を扇動したのだろう」「きれいごとを言っても、結局は管理会社変更ありきだろう」と敵視されるケースもあります。

 どちらのマンションでも、その担当者からは、概ね上手くいっていると言う報告が会社に上がっているのに、急に、コンサルタントが入ったことに驚くのは同じでも、その後の反応がまるっきり違います。

 前者は、当社による見直しや仕様変更を待つまでもなく、現行の管理委託契約の中でも、改善を図り、住民の評価を上げていくことが多く、後者は、管理見直しに非協力的で、逆に、マンション住民の評価を下げて行くことが多いようです。

 今回のマンションでは、正に、前者で、しかも、最後の最後になって、大きく管理費を値下げした見積りを出し、管理体制の改善と新しい優秀なフロント担当者が継続してそのマンションを担当することを約束しました。

 実は、大きく値下げすると言うことは、「じゃあ、今までの管理委託費は何だったの?」と言うことにもなりかねない「もろ刃の剣」ですが、管理会社からの説明では、
① 新たな管理業務仕様書が、従来とは大きく異なることで、遊びのない金額設定ができたこと
② 会社における業務の効率化を図ったこと
③ 協力業者に個別にお願して、このマンションの契約を継続できるような利益ぎりぎりの金額を出してもらったこと
等を、丁寧に説明し、検討理事・専門委員メンバーの「安くなるとサービスが低下するのでは?」と言う懸念を払しょくしました。

 正直、その管理会社のプレゼンでの質疑応答では、管理会社は「針のむしろ」状態。

 そこで、変な言い訳をせず、改善への強い意欲を堂々と述べたことが良かったようです。

 結局、「現在の管理会社の継続は、あり得ない」と言う強い意見をずっと持っていたメンバーも含め、全員が、3社の中で現行の管理会社が1番だと評価しました。

 とはいえ、プレゼン審査会の審査終了時には、「まだこの管理会社を完全に信用した訳ではないので、今後の業務の品質監査をお願します!」と依頼されましたが、これが、当社の望む理想的なカタチ。

新しい管理会社が決まり、委託費が安くなり、報酬をもらって仕事は終わり・・・を良しとはしません。

マンションの役員が輪番制で変わり、管理に関する意識が薄れても、当社との顧問契約によって、良い管理を継続的に実現することができると思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2337日連続更新中】

 築30年のマンションからの依頼で、エレベーターリニューアルの勉強会の講師を務めました。

 こちらのマンションではエレベーター会社から、そろそろリニューアルの時期ですよと言われ、概算見積もりが提示されたのですが、どんな風に判断すれば良いのか、どんな風に進めていけばいいのか、わからないので、基本的なところから教えて欲しいと言う依頼です。

 何しろ、1台当たり1500から2000万円。

 既存のエレベーター会社からの提案に、「はい、お願します」と言う訳には行きません。

 勉強会に向けて、最新の情報を得るべく、主要メーカー3社と独立系メーカー1社にヒアリング調査を行い、私が出した結論は、エレベーター(リニューアル)を買うということは、単にどのエレベーターをいくらで買うか?と言う選択ではなく、3つの大きな買い物をすると言うこと。

 独自のノウハウなので、この3つが何かは、個別相談やコンサルティング先にこっそりお教えします。

 また、かなり多くの選択肢があり、それぞれの選択の考え方の整理。

 更には、エレベーターだけじゃなく、管理全体の見直しが必要だと言う点も、最後にお話ししました。

 この勉強会準備にかけた時間は、調査や情報収集も含めて、約1ヶ月。
 説明資料を作成し始めたのは、数日前からですが、仕上げの段階で、勉強会開催日前夜に、ふっと降りてきたのが、次のタイトル。

エレベーター会社では絶対教えてくれない
エレベーターリニューアルの賢い買い方とは?
管理組合の「良い子・悪い子・普通の子」

 このタイトルと、冒頭のアイスブレークトークは、ウケたと思います。(笑)

 理事長からは、講師料以上の収穫があったと感想を頂きました。

 また、消費者目線で組みたてた勉強会でしたが、参加者からの熱心な質問には予想外のものもいくつかあって、「こう言う考え方をする消費者がいるんだ」と改めて感じるところがあり、勉強になりました。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2336日連続更新中】

 この週末は、2件の入札プレゼンがあり、土曜日に、岐阜各務原で20戸程度のマンションにて、実際されました。

 管理仕様は、かなりレベルアップしていても、プレゼン審査に残った3社の管理会社の見積りは、いずれも30%以上のコストダウンになっています。

 住民の皆さんからすると、
 「こんなに管理仕様を細かくして、新しいサービスも追加したのに、どうして、こんなに価格が下がるの?」と不思議がられます。

 理由は大きく分けると二つあります。

 まず前提は、従来の管理仕様書は、新築時に交渉なしで、決められており、アバウトで、かつ、管理会社が、かなり儲かる水準だと言うことです。

 これに対して、メリハリの利いた管理仕様書を作成する中で、新規に追加する業務もあれば、統合したり、無駄を省いたりするものもあり、全体として、遊びの少ない精緻な見積もりが出せると言うことが1番目。

 2番目は、競争原理。
 
 他社に勝つための政策的な価格が提示されます。
 近隣に管理物件がいくつもあり、思いきった価格の提示が可能な会社があれば、かなりコストダウンにつながります。

 今回、プレゼン審査に残った3社は、どこであってもコストダウンは十分実現できるので、多少の価格差は目をつむり、純粋に各社のプレゼンで図れる良し悪しで決めてくださいとお願いしました。
 
 評価は、5項目の要素別採点を行い、審査員(理事+検討委員)の得点をその場で集計し、スライドに映し出します。

 各審査員がどんな点数を付けたか、一目瞭然。

 それぞれ、自分が良いと考える会社を挙げ、理由を説明し、ディスカッション。

 議論すると、「この会社で良いと思うが、この点は、気を付けて欲しいなぁ」と言う意見も出ますから、最終の契約に向けてのリクエスト項目も見つかります。

 1時間の議論を経て、最終的には、価格の一番安い会社ではなく、3社の中で一番高い会社に決まりました。

 このマンションでは、財政改善のための管理見直しと言うモチベーションが高かったので、「安かろう悪かろう」の懸念が残る選択にならないようアドバイスしてきましたので、とても、満足できる結論となり、嬉しく思いました。

春から半年懸けて、何度も会合を重ねてきたのは、大変でしたが、理事や委員の皆さんが、賢い選択をされたことに、敬意を表します。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2335日連続更新中】

  今週末は、岐阜と四日市で、新しい管理会社(現在の管理会社継続のケースも不含む)を決めるためのプレゼン審査。

 岐阜市内で、エレベーターリニューアルを計画しているマンションでの勉強会。

 名古屋市内で、半年間検討してきた管理委託契約仕様の承認のための臨時総会。

 それぞれ、ぎりぎりまで資料の作り込みやチェック。

もりだくさんの週末で充実しています。

 感謝です。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2334日連続更新中】

 管理委託契約見直し中のマンションの話です。

 その管理委託契約書には、照明の点灯点検時に不点(球切れ)が見つかった場合、「管球の交換の際の管球代について実費を管理組合に請求する」と書いてあります。

 点検(交換)に関する人件費は、毎月の委託費の中の管理員業務費や設備点検費に含まれているけれども、蛍光管や電球の費用は、別途請求するということであり、これは、当然だと思います。

 しかし、この電球の料金は、いくらか知っていますか?と聞くと、管理会社から「在庫がなくなりそうなので、買い増ししておきました」と事後報告があるだけで、価格は見てもスル―しているのが実情だと言う。

 そこで、「ホントに実費かどうか確認した方が良いですよ」とアドバイスしたところ、管理会社の請求金額は、メーカーの定価。

 あまりに高いので、理事長自ら、ネットで注文して、送料無料で届けてもらったら、次のような結果になったと言うことです。

FML55EX-Nパナソニック
管理会社の価格 2,600円×2=5,200円
ネット購入価格 1,470(円) x 2= 2,940円(管理会社価格×57%)

FDL18EX-L(5本入×@530)東芝
管理会社の価格 1,680×5=8400
ネット購入価格 2,782(5本セット)= 2,782円(管理会社価格×33%)

合計額                        
管理会社の価格 13,600円
ネット購入価格  5,722円(管理会社価格×42%)

調べてみてわかったのは、管理会社の実費とは、メーカーの小売価格だったと言うことでした。

この価格を元に、過去10年間の管理会社に支払った電球購入履歴を調べて、その価格に42%を掛けたところ、

管理会社の価格 282,820円
ネット購入価格 118,992円

なんと、差額は、162,828円。

このマンションは、20戸程度の小さなマンションですから、これが、100戸のマンションになれば、単純比例で、100万円近い費用になります。

管理会社に問いただしたところ、
「通常業務での交換以外に、住民から急に言われて、契約条項にないタイミングで交換していることもある。そう言う費用も含めた実費だ!」と言う回答。

組合側はこの回答では納得できず、「実費だと言うなら、計算根拠を出して欲しい。まずは、仕入れ値がいくらか出して欲しい」と要求したところ、1か月程度待たせたあと、「内部文書だから、出せない」と言う返事。

この管理会社、「ごめんなさい」と謝る方が、住民の心証が良くなると思うのですが・・・。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2332日連続更新中】

 相次ぐ、食品の誤表示問題。

ただ気になるのが、「誤表示」か、「偽装表示」かという表現の問題。

「車エビ」と言う高級食材を使って、高い料金を示していた料理が、実際は、「ブラックタイガー」。
「伊勢エビ」が「ロブスター」。
「ステーキ」が「成型肉」。

これ、明らかに価格(価値)が違うものなので、一般消費者の感覚では、「誤表示」ではなく、「偽装表示」ではないでしょうか?

かつで、建築業界で、耐震偽装がありました。
偽装=詐欺ですから、犯罪なので、裁判となりました。

マンション管理においても、似ていることがあります。

私のクライアント先マンションで、「給水ポンプの24時間機械監視」と言う契約であったものが、ポンプにつながっているブレーカーが落ちると、監視できない状態になり、給水が止まってしまうと言う事例がありました。

管理会社側では、「新築時に装備されたシステムを引き継いでおり、そこまでのことは知らない。当社の通年上、24時間機械監視と呼んでいる」と言われました。

実は、管理会社の担当者は、この指摘を受けるまで、知らなかったのですから、「誤表示」と言えるのですが、24時間監視にお金を支払っている住民の感覚からすると「偽装」と言えます。

管理委託契約について、その詳しい内容を読んでチェックしているマンションは、ほとんどありません。
読んだとしても、極めてアバウトで、その内容と実状を比較して、価値(サービス)と価格を照合することは、一般の住民では不可能でしょう。

専門家に管理委託契約を調査してもらい「誤表示」「偽装表示」がないかどうか、チェックしてもらうことをお勧めします。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2331日連続更新中】

 日経BP社が発表した「企業メッセージ調査2013」によると、今年の認知率のトップは、「お、ねんだん以上。ニトリ」だそうです。

 長年トップだったロッテの「お口の恋人」を退けてのトップ。

企業メッセージ調査とは・・・
「企業がブランドコミュニケーションの中核として発信しているメッセージを、今回は432個ノミネートし、認知度、理解度、接触度、好感度のほか、16項目のイメージなどを一般消費者に聞いた。今年で12回目の調査となる。企業メッセージとは、企業や企業グループが、自社のコンセプトや理念、姿勢、方針などを社外(消費者や取引先など)や社内(自社およびグループ企業の従業員)に伝え、浸透させるために全社的に一貫して使用している文言と定義した。(本調査は2013年8月に実施/有効回答数2万3391件)

企業メッセージ トップ10は、この表の通り(日経トレンディネットのHPから転載)


さすがに上位の会社は、どこかで聞いたことのあるフレーズで、しかもメロディも付いてきます。

そして、その会社の商品やサービスのコンセプトであったり、社会に提供したい価値を見事に伝えています。

大企業だから、大量のテレビ広告があればこそ、と言うのは、間違いありませんが、「ワンフレーズで、価値を表す」と言うことは、企業の規模に関係なく、とことん深化させるべきことです。

一応、学生時代には、シンガーソングライターとして、バンド活動もしていた身としては、是非とも、自社の企業メッセージをメロディ付きで創作してみたいと、ふと思ったのでした。(笑)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2330日連続更新中】

 昨夜、岐阜市内の35戸のマンションで、管理会社選定のためのプレゼン審査が行われました。

 実は、今年の夏、当社による管理委託契約の見直しコンサルティングを受けるかどうかの議論があった際に、理事長から現行の管理会社に、「コンサルタントが、この程度はコスト削減できるであろうと言っているが…」と言う話をしたところ、管理会社から、その金額とほぼ同じ金額を削減した見積もりが提示されました。

 当社が示した数字は、
「管理仕様を大幅に見直し、マンションにとって最適な仕様に作り変えた上で、競争入札を実施すれば」
 と言う前提条件があるのですが、現行の管理会社は、何しろ、コンサルタントが入ると、管理会社そのものが変更になる可能性もあるため、コンサルタントがはいることそのものを阻止しようと、このような行動に出ることがあります。

 同じことは、以前もありました。

 その結果、
「コンサルティング料を支払わなくても、こんなに下がるなら良いじゃん」
となったマンションもありましたし、
「コンサルタントが入りそうだと言う話になっただけで、こんなに大きな減額になるのは、いままでの管理委託費は、なんだったのか!」
と、却って不信感が高まるマンションもあります。

もし、現行の管理会社の言う通りの値下げに満足して、コンサルティングを受けなかったら、どうなるでしょうか?

 つまり、根拠なく管理委託費が下がればどうなるでしょうか?

 下請け会社を叩いて原価を安くするか、手を抜くか、日常修繕工事を沢山持ちかけて、利益を増やすか等、いずれかの方法で、値下げした分を取り返そうと思うのは、企業として普通のことです。

 念のため繰り返しますが、その管理会社が「悪徳」なのではなく、「普通のこと」なのです。

 プロが介在せず、管理の見直しもしていないのですから、相変わらず、管理会社主導の管理が行われるので、住民側には、そう言う見えないところをチェックする能力がないからです

 結局、住民が知らない間に「安かろう悪かろう」の管理になります。

 今回のマンションは、急を要したため、本格的な管理仕様の見直しはまだ残っていますが、第1段階として、まずは、当初の予想の約170%増しのコストダウンが実現できることになりました。

 当社を選んでいただいたマンションの皆さんが、幸せになることを目指して、尽力して行きたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2329日連続更新中】

  11月3日は、岐阜でドリームプランプレゼンテーションが開催されました。

 今年で4回目となる「大人が本気で夢を語るイベント」

 3人のプレゼンターが、自分の夢について、あきらめない理由、それが実現した時に夜中に提供できる価値について、10分間の映像と音楽と言葉にギュッと凝縮して、語ってくれました。

 3人とも、大きな夢を持って、それは、簡単には実現できるものではありませんが、「一人でできることは小さいが、一人が始めないことには、何も始まらない」のだから、頑張ってほしいと思います。

 地元、岐阜が元気になるイベントとして、これからも応援して行きたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2328日連続更新中】

  昨日の勉強会。
 インターネットビジネスの世界で、プロモーションの第一人者と言われる伊勢隆一郎さんの3時間半のセミナーでした。

 名古屋での初めてのセミナーで、参加者は約200名。

 どんな話が聞けるのか楽しみでしたが、全て聞き終わっての感想は、成功者には共通点があると言うこと。

 それは、姿勢×手法=成果と言うことです。

 インターネットビジネスと言うと、SEO対策というようなノウハウやテクニックの話だと思われがちですが、前半は、「目標を達成するためには」と言う姿勢の話で1時間。

 そして、後半の手法の話でも「顧客の気持ちになる」と言う話。

 更には、「成功するまで、やり続ける」「ステップを踏んで段階を高める」と言う。

 細かな手法に関しても、自分のビジネスにこういう風に応用できるなぁというヒントが沢山。

 異業種の成功者、第一人者の話には、学ぶことが沢山ありました。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2327日連続更新中】

 私が昔、勤めていた電力会社は、「お客様を集める・増やす」と言うことが100%不要な会社でした。

今から考えると、営業不要なんて言うのは、何と楽なことか!(笑)

 ただ、その中でも、「オール電化住宅を広める」と言う仕事に就いた時、主に新築住宅でガス使用が当たり前の時代に、電気給湯器と電気調理器とを採用してもらうと言う「営業の仕事」に初めて踏み込みました。

 とはいえ、そこは、ビッグネームの会社ですから、三菱・松下・日立・東芝・ダイキン等と言う住宅設備の大手メーカーを束ねて、商品開発や販売促進活動を行う一方、大手ハウスメーカーに、住宅提案時にオール電化を標準採用してもらうよう働き掛けました。

 これ、「営業」と言っても、「殿様営業」(笑)なのですが、当時の感覚では、他の社員に比べ、随分「ナマの市場」にいるなぁと思っていました。

 そこから、社内ベンチャーで起業した時に、「中電ブランド」を上手に活用したビジネスを行ったつもりでしたが、電気を売る中電のブランドは、それ以外の商品やサービスを売る時に、ダイレクトには活かせないと言う現実に直面し、随分、苦労しました。

 当時は、「何故、お客様が集まらないのか?」が良くわかりませんでした。
 そうですよね。ベンチャーと言っても、まだまだ大企業の感覚が抜けきらないですから。

 そこから、マーケッティングや消費者心理について、徹底的に学び、やがては、他の電力会社のオール電化普及活動や工務店の営業コンサルティングまでできるようになりましたが、時代と共に、消費者の購買行動は変わって行くし、メディアも変わって行きます。

 その最たるものは、「ネット集客」の世界です。

 メルマガ・ブログ・ミクシー・ツイッター・SNS・・・

 しかし、どれにしても、顧客のハートをノックしなければ、次の行動を促しませんし、情報がたやすく手に入る時代ですから、最後は、多くの選択肢の中から「ホンモノ」として選ばれなければ、ビジネスになりません。

 従って、当社のような小規模な事業者やコンサルタントは、常にプレイングマネージャーとして、「マーケッティング」と「ホンモノであり続ける実ビジネス」の両方をブラッシュアップしなければ、ビジネスは拡大しません。

 おかげさまで、私一人のビジネスなら、この先、心配ないくらい、口コミだけで、行列いただける状態ですが、目標は「マンションに住む人、すべてのしあわせ実現」ですから、どんどん、コンサルタントを養成し、サービス提供を拡大していかないと、それは実現できません。

 そのためには、企業としての「仕組み」が大切です。

 この週末は、そのための「マーケッティングと集客」について、インターネットビジネスでは著名な講師の講演会に参加して、学んできます。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ