FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1471日連続更新中】

 今日は、パナソニック電工社の新製品展示会「Blue Box 2011」に行ってきました。

 昨年も参加したのですが、特に感じたのが、家庭用LED照明の進化。

 蛍光灯に比べて、「電力消費3分の1、10年間は交換不要」みたいな感じでPRされるLEDですが、そもそも、家庭用の照明器具は、省エネ型蛍光灯の普及で、電力消費はそれほど大きくなく、どれほど省エネをうたっても、器具代の高さがネックになっていました。

 最近では、電球型LEDはぐっと下がってきたのですが、蛍光灯タイプは、まだまだかなぁと思っていたのですが、今日、展示会に行ってみて、その進化に驚きました。

panasonic 例えば、この丸型のシーリングライト。
天井直付型 LED シーリングライト リモコン調光 6~8畳



 ネットで価格を探ると20,000円程度です。

 そこそこオシャレな従来型照明器具に変えるのとそん色はありません。

しかも、昼白色と電球色とに切り替え可能で、それぞれの光で調光もできる。
常夜灯(いわゆる豆電)でも、聴講できる。

我が家では、昨年、これまでのリビングの昼白色照明から電球色に変えてみたのですが、付けるまで、不安でした。しかし、これであれば、シーンに合わせて光を様々に変更できます。

 これとは別で、直接証明と間接照明とに切り変え出来る高級タイプもあり、LEDの省エネ性ではなく、その特性を活かした商品作りが進んでいます。

 LEDは普及期に入りそうだなあと言う予兆を感じました。

 明日も、この展示会、吹上ホールでやっているそうです。

 ■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ