FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1469日連続更新中】

 昨日、平成23年度の補正予算が成立し、フラット35Sの新制度が始まりました。

 省エネルギー性の優れた住宅を取得する場合の【フラット35】Sの当初5年間の金利引下げ幅を、0.3%から東日本大震災の被災地においては1.0%、被災地以外の地域においては0.7%に拡大されます。

 その後、6~10年目(長期優良住宅等、特に性能が優れた住宅は6~20年目)の金利引下げ幅は03%となります。

【フラット35】Sのイメージ図
フラット35sエコ


 ここで言う 省エネルギー性の優れた住宅のうちの特に性能が優れた住宅は以下のいずれかを満たす住宅です。

【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)の省エネルギー性の基準

【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)の耐久性・可変性の基準

【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)の耐震性の基準、かつ、【フラット35】Sの省エネルギー性の基準

【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)のバリアフリー性の基準、かつ、 【フラット35】Sの省エネルギー性の基準

 なお、耐震性、バリアフリー性及び耐久性・可変性のうち、いずれかの性能が優れた住宅を取得する場合の【フラット35】Sの金利引下げ幅は0.3%となります。 

 今後は、省エネルギー性の優れた住宅を取得する場合を【フラット35】Sエコと呼び、耐震性、バリアフリー性及び耐久性・可変性のうち、いずれかの性能が優れた住宅を取得する場合を【フラット35】Sベーシックと呼び、更に、金利引下げ期間により、それぞれ「金利Aプラン」と「金利Bプラン」に分かれます。

 この拡充期間は、平成23年12月1日以降の資金受け取り分から実施し、平成24年10月31日申し込み分まで適用する時限措置となります。

 また、【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了します。

 以前も、書きましたが、どんな住宅を作ると、どの金利が適用されるのかを知り、それぞれにかかるコスト増と金利メリットとの比較を行うことになるのですが、かなり複雑な組み合わせになりますから、よーく勉強しないと…。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ