FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1460日連続更新中】

  今日あった相談です。

 「100万円の定期預金の満期が間もなく来るのですが、再び定期預金にするのが良いのか、住宅ローンの繰り上げ返済にするのか良いのか?」と言うもの。

 「5年前に同じ選択があり、その時は、借り換えも考えたが、自営業で借り変えは無理だと言われ、繰り上げ返済しても、期間短縮型しかできない銀行で、毎月の負担の軽減はなく…と言うことで、定期預金にしたんです。」

 と言う方。

 現在は、変動利率で、2%台後半。
残額は1000万円ほど。
10数年の返済期間が残っている。
毎月の返済額は、4万円台で、ボーナス一括が25万円くらい。

質問は、貯蓄と返済とどちらが良いの?と言うものですが、決めるには、色々な角度からの検討が必要です。

一つ目は、その人にとって、人生における資金の問題を総合的に考えること。
・その100万円は、余裕資金なのかどうか?
・教育や親の介護などの出費の備えはあるのか?
・何かの不幸があった時の生命保険は?

 二つ目は、繰上げ返済ではなく、借換と言う選択もあるので、それを検討すること。
 借換のためには、手数料・登記・保証料など、諸経費がかかるため、その費用に充当し、余った資金を更に繰上げ返済に回すと言う選択があります。

 自営業の方は、確かに住宅ローンを借りるのは、制約が多いのですが、相談された家庭は、夫人が最近、パートから正社員になったとのこと。5年前とは、状況が違います。

 三つ目は、借換じゃなく繰上げ返済にする場合に、期間短縮型にするのか、返済額軽減型にするのか、決めること。

 四つ目は、金融機関の選択。
 年収や勤続期間の条件、公共料金等の指定口座にすることによる金利引き下げなどを考慮して、最も有利な借換先を選ぶこと。

 五つ目は、これらのことを自分で頑張ってやるのか、専門家のアドバイスのもと進めるのかと言うこと。

 ベストな選択ができると良いですね!

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ