アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1313日連続更新中】

 対外的には、明日5月1日から5月5日まで会社は「休日」なので、電話は、そうアナウンスしますが、この間も、やりたいことは一杯。

 先日の事業説明会や良質住宅研究会で発表した今年度の計画は、出来る限り前倒しして実施したいですし、マンション管理に関する啓発本始めいくつもの原稿作成もあります。
 
 HPに動画セミナーをアップする計画もあるので、そのシナリオ作りも。

 読みたい本もたまっています。

 こんなことを書くと、相変わらず「仕事ばっかり」と思われるかも知れませんが、「自分で未来を切り開いて行く仕事」は、いわゆる「遊び」とか「休養」とは比べものにならないほどエキサイティングな「最高の娯楽」ですから、やめられません。(笑)

 
■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1312日連続更新中】

 今日は、昨日撮影した住宅相談センターのテレビCMの編集。

 私たちのように、専門家が中立的な立場で相談に乗るサービスを提供している会社の存在は、あまり知られていないため、「どんな価値を提供してくれるの?」をいかに伝えるかが課題です。

 そもそも、住宅のCMだと、「家を売る」ということが明確なので、「住宅」の画像が象徴的にクローズアップされるのですが、私たちは、自らは設計も施工もせず、「相談に乗る」コンサルティングの会社ですから、「絵」をどうするかも大切。

 という事で、検討した結果、次の方針でCMを作成することに。

1、家づくりの成功のためには、次の3点がポイント
1)住宅会社選び 2)住宅ローン選び) 3)住宅診断

2、住宅相談センターでは、各分野の専門家が、それらの相談に乗る
3、中日ビルで、土日も相談に乗っている
4、フリーダイヤルでお気軽に問い合わせ可能
0120-756-365(なごむ 365日)

CM撮影5 で、昨日の撮影の様子が、この写真。こちらのお子様は、かわいい双子!


CM撮影2 撮影場所としてお借りしたのは、緑区の滝ノ水にある三井ホームさんのモデルハウス。


CM撮影3 こちらは、現在、販売中です。子育てには大変恵まれた環境にあります。私に連絡を下されば、ご紹介します。担当の方から、「ご紹介者には、特典を差し上げます!」とのこと。


CM撮影4 その後、中日ビルに戻り、今度は、相談風景。
相談を受けるのは、草野コンサルタントです。


CM1 そして、本日出来上がったCMの最初のカットがこちら。


 出来上がるまでは、BGMやナレーションの仕上がりが気に掛かっていましたが、完成してみると、「家づくりに関して、このような内容のCMが流れるのは、日本で初めてだよなぁ、これって、家づくり文化を変える第一歩だ!」と、感慨深い・・・。

 間もなく、テレビ愛知で流れます。

 楽しみです。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1311日連続更新中】

 2月に住宅相談センターのテレビCMを放映しましたが、この4月末から、今度は、3ヶ月間の放映を予定しています。

 前回のCMでの課題を踏まえて、更によいCMを作成すべく、本日、撮影を行いました。

 「良い絵」は取れたと思います。

 明日の編集で、どんな風に仕上がるか、楽しみです。

撮影風景のご紹介は、明日 (^^)v

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位


アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1310日連続更新中】

 テレビでよく映される震災地の様子を見ていると、町役場などのRC造は残っているので、RC造ならば、津波に強くて、倒壊は免れたと言う印象を持つ人が多いと思います。

しかし、実際は、宮城県女川町では、2~4階建てのRC造が横転している例が複数見られています。

日本経済新聞社の建築系Webサイト「ケンプラッツ」には、基礎から離れて横転しているRC造の建物の写真が沢山掲載されています。


写真からわかるのは、杭が建物にくっついたまま、抜けて横転している建物もあるということ。

 今後の調査により、どのようなケースで、RC造の建物が倒壊したのかがわかると、地盤・杭・基礎のより強固な組み合わせの方法が提案されるのだろうなぁと思います。

 震災は、悲しいけれど、そこから学ぶことが、人類の進歩につながるのだろうと期待します。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1309日連続更新中】

 昨日「良質住宅研究会」の設立総会と住宅相談センターの平成23年度の事業説明会を開催し、約60社の方々にお集まりいただきました。

230425良住研 会場はほぼ満席。


 その後の交流会にも、ほとんどの会社の方にご参加いただき、感謝です。

 そこでの私の挨拶は、次のとおり。



 消費者向け住宅コンサルティングビジネスの発展を目指し、リブネット・プラス社の事業を「住宅相談センター」に統合して、活動を開始したのが昨年の5月。そして、正式に法人化したのが昨年11月。

 中日ビルにおける毎月600組以上の保険・家計相談の来客から、常に一定の住宅相談の依頼があり、中立的な第3者の専門家が、不動産・住宅取得の際に生じる家計の様々な相談に応じ、より良い「住まいづくり」を実現するコンサルティングスタイルを歓迎する人が、確実に増えていることを実感しています。

 その理由の一つは、生活者のインターネットによる情報収集力が、従来に比べ各段に向上したことで、情報過多となり、かえって「何が自分にとって正しいのか?」を選択することが難しくなっていると言う背景があります。

 更には、政治においても経済においても、将来に明るさが見えない社会情勢が続いて、慎重な消費者マインドが続き、住宅着工の減少傾向が続く中、「お金を大切に使う」消費者が増加しており、「高いか安いか」と言う比較に加え、「ホンモノかどうか?」に価値判断が移っていることも、住宅相談センターに追い風だと感じています。

 「ホンモノ」の真偽は、最終的にコストを支払う「お客様の利益と喜びのために」を貫いているかどうかです。その「想い」と「姿勢」で動いている事業者のみが、選ばれ続ける時代になったと言うことなのだろうと思うのです。

 また、東日本大震災により、日本人の価値観が変わるだろうとか、慎ましやかな生き方が主流になるだろうと言われています。

 確かに大きなきっかけです。かつて、慎ましやかな生き方をした経験のある大人であれば、あの頃、たとえば映画「ALWAS三丁目の夕日」の昭和の時代は、「モノはなくても心が豊かだった」と、その時代に戻ることに歴史の必然性を感じるかもしれません。

 しかし、日本全体で見れば、どうでしょうか?震災の地にある人は、壮絶な体験をして、パラダイムシフトが起こっている様子が伺えますが、ここ中部エリアに住む人にとって、どこまで「慎ましやかに生きること」への強い決意があるでしょうか?

 思うに、「そんな時代が来るはず」とか「そうならざるを得ないかも」と言うように静観するのではなく、「どう変えていくのか」を考えて、自から動き、住宅ビジネスの未来を作っていきたいと考えています。

 今日、お集まりの皆さんと、「がんばろう 日本」に加え「がんばろう 志を同じくする仲間で!」の精神で、共に研鑽し、新たなチャレンジを始める日といたしましょう。

平成23年4月25日
株式会社住宅相談センター 代表取締役 馬渕裕嘉志



 草稿は一週間前から作成し、前夜は徹夜で、何度も書き直しました。

 この想いで、スタートします。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1308日連続更新中】

 平成23年度の住宅相談センターの事業説明会と、今年に入って進めてきた「良質住宅研究会」の設立総会を本日、中日ビルで開催します。

 旧のリブネット・プラスの事業を、ほぼ1年かけて住宅相談センターに移管してきて、本日がその集大成です。



【住宅相談センターのミッション(使命)とは?】

 ■私達は、事業者とは一線を画した「専門家の視点」と「消費者の目線」とから、「お客様の不動産購入と住まいづくりの成功」のために尽くし、生活者が安心して、適正な価格で、新しい住まいを手に入れるだけでなく、心豊かで快適な暮らしを実現できる社会を目指します。
 ■そのために、「家計の総合相談センター」の一員として、各分野の相談センターと連携し、「住宅」を起点としたお客様の様々な家計の課題に対するセカンドオピニオンを提供します。

【良質住宅研究会とは?】

 「良質住宅研究会」とは、住宅相談センターが推進する“「セカンドオピニオン」と「消費者への住教育」とを通じた、より良い住まいづくり活動”に賛同し、業種や商圏の枠を超えて、相互に研鑽することで、参加各社の持続的な繁栄を実現すると同時に、住宅ビジネスを通じた社会貢献を目指す住関連事業者のネットワークです。
 「良質住宅研究会」会員は、住まい関連の職務に従事する者として、高い「職業倫理観」と「志」とを掲げて、消費者の良質な家づくりを実現します。



 「良質住宅研究会」に参加いただくのは、東海エリアの住宅建築事業者・設計事務所・住宅関連専門事業者・住宅関連専門家など54社。本日の参加者は、60名を越える予定です。
 
 いずれも、住まいづくりに「熱い想い」と「高い志」を持つ方々ばかりです。

 夜は、懇親パーティもあり、語り明かします。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1307日連続更新中】

 一般紙でも業界紙でも、震災の関係で、住宅資材や設備が手に入らないというニュースが流れています。

 住宅設備においては、その部品を作る工場が被災したために、製造が出来ないという状況があり、メーカーの組立工場が被災していなくても、手に入らないケースがあtるので、いったい、どのメーカーのどの設備機器がNGなのかわかりません。

 私がコンサルティングしているリフォームのお客様でも、先週、発注先が決まったのですが、「いつできますか?」となった段階で、ガス給湯器とIHが、1ヶ月以上先でないと、工事が出来ないという状況になっています。

 もっと正確に言うと、「正式に発注してみないと納期がわからないし、その納期も不確か」と言う状況です。

 中規模のリフォームのため、見積りにおける設備機器の価格の割合が大きく、他のメーカーの機器に変われば、その仕入れ価格の変更は、そのまま見積もりにも影響せざるを得ません。

 つまり、事業者側も代替品にすることによる価格変動のリスクを背負いきれないので、工事日を先延ばしにするか、一から商品選定と見積りをやり直すか、という選択になります。

 今後、震災の復興で住宅資材や設備の需要が一気に増えることが予想されますが、そうなると、モノがいつ入るのかが、益々わからなくなる可能性があります。

 特に古い給湯器やコンロは、故障しても、部品の在庫がないケースも生じ、取替えせざると得なくなった場合、生活に必要な設備なので、悠長に待っていられません。

 まあ、コンロは、最悪、外食や調理済食料、電子レンジなどでしのぐ事はできますが、給湯器がないのは、厳しそうです。

 いずれにしても、そろそろ寿命かな?と思われる設備危機のあるお宅は、壊れてから替えることで良いのか、早めに手を打っておくのか、検討したほうが良いと思われます。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1306日連続更新中】

 年1回行われる大人の夢語りイベント『ドリームプランプレゼンテーションin名古屋』

私が、初回から、応援しているプロジェクトです。

 昨年第2回は500近くの観客を集め、7名のプレゼンター達が絶対に実現したいと願う夢を発表しました。

 第3回目となる今年は、震災被災地のいわき市へのチャリティイベントを兼ねて10/15に開催することが決定しました!

 第2回プレゼンターによるドリプラ再現&第3回エントリー説明会が4/25と4/29に開催されます。

 あなたの夢をかなえるための一歩として、プレゼンターとして300人の観客の前で夢を語ってはいかがでしょうか?

 そのためにはエントリー⇒書類選考のSTEPが必要となります。

 下記の申込みフォームから、ぜひエントリーをお勧めします!!


□ 開催内容 □
1.基調講演 「大人が夢をかなえる社会」秋田稲美
2.2010年感動再びプレゼンターの熱き鼓動を胸に
 昨年度のプレゼンターが実際にプレゼンをいたします。
3.ナゴドリ2011エントリ説明

=============================
■ 開催日時:
4月25日(月)19:00~ / 4月29日(金)祝13:30~
 いずれかの日程にご参加ください。
■ 参加費用:3000円
  ※本イベントの収益金は全額、いわき市のへ義援金として提供させていただきます。
■ 場所:ウインクあいち
■定員:50名
定員になり次第、 締め切り。
=============================
ご参加のお申込みはこちらのフォームにご記載ください。
 
チラシのダウンロードはこちらから
 
詳細はこちら 

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1305日連続更新中】

  最近、フェイスブックやツイッターのプロフィール写真で、「Pray for Japan」(日本のために祈ろう、日本を応援しよう)のロゴを貼り付けている人を良く見かけるようになりました。

 どんな風に作っているのかな?と思い調べてみると、専用の無料作成サービスサイトがあるんですね。

 そのサイトにアクセスして、フェイスブックやツイッターのアカウントでログインすると、自動的に貼り付けてくれます。

 それがこちら

 海外の人たちも、沢山利用していただいており、関心の高さが伺えます。

pray for japan 私もツイッターとフェイスブックの写真に採用してみました。


 このブログでも写真を変えようと思ったのですが、このロゴを貼って、画像として保存するサービスまでは見つからなかったので、残念ながら、そのままにしてあります。

 今度、トライしてみます。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1304日連続更新中】

 今日は、私の50回目の誕生日。

 年齢より若く見られることの多い私は、ここ数年、年齢の話題になると、「40代で…」と口を濁して、「気持ちは、いつも40歳」みたいなノリでした。(笑)
 
 いかに気持ちが若くても、もう40代とは言えません…。
嘘はいけませんよね。

 30代から40代になったときと、40代から50代になる今とでは、随分、気持ちが違います。

 食事や運動に気をつけているので、おなかは出てなくて、一応、腹筋もまだ割れてますが、徹夜に近い仕事が2、3日続くと、さすがに集中力もやや欠けますし…。

 ついに50代かぁ…と言う感じ。

 しかし、平均寿命から考えて、これから25年以上も生きるとすれば、まだ、人生の3分の2。

 やりたいことは、まだ山ほどあるし、60歳から起業した人も沢山いるのだし…。

 少なくとも、電力会社に勤め続けて、「定年」を意識するような人生と比べれば、エキサイティングな今の生き方が、気に入っています。


 そう、だから、ようやく50代。(*^^)v


 気持ちを若く、体力も維持して、でも、年齢を重ねた分だけの思慮を持って、50代を生きて行きたいと思います。

 それにしても、数年前は、ミクシーでのお祝いメッセージが多かったのですが、今年は、圧倒的にフェイスブックを通じてのお祝いメッセージが多いのに驚きました。

 知人からだけではなく、知らない人からも沢山いただきました。

 ソーシャルメディアの主役が、フェイスブックに移っているのかどうかは、わかりませんが、多くの人が、フェイスブックの可能性にトライしているのだなぁと実感しました。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1303日連続更新中】

 今日、ご相談にこられたお客様の悩みの話です。

 マンション購入で、資金的な余裕は元々ある方ですが、今ある住宅優遇税制を上手に使うために、次の検討をされているとのこと。

1、親からの住宅資金贈与の非課税枠を使う(今年度は、MAX1110万円です)
2、ローン減税を有効に使う
3、年齢的に長期のローンはいやなので、MAX25年返済にし、繰上げ返済を効果的に使う
4、子供の将来の教育資金のために、キャッシュを手元に残したい

 こんな風に考えていて、マンション販売会社から紹介されたFP(おそらく生命保険系だと思います)に相談すると、その答えは、
「なるべく長期間借りて、当初10年間は、繰上げ返済せず、ローン減税を目一杯受け、10年目以降に繰り上げ返済を行う」

 一方、銀行に相談に行って聞いたら、その答えは、
「なるべく短い期間で借りて、繰上げ返済を積極的に行う」

 「どちらが正しいのですか?」と言う相談。

 現在のプランだと、変動金利で2000万円の住宅ローンを25年返済で申し込む予定。
 
実際の実行までは1ヶ月ほどあるので、それまでに考えて、ローン金額と期間の設定をしたいということです。

 さて、どちらが正しいのでしょう?

 私の答えは、「どちらも間違っている」し、「どちらも間違っていない」

 前者のFPは、月々の返済や年間のローン減税の戻りなど、「瞬間風速」的な軽減を考え、後者の銀行は、返済総額の軽減を考えています。

 どちらも、プロなりに、お客様のヒアリングをした結果、提案しているのでしょうが、結果として、お客様が判断に迷うということは、そのお客様の「なぜ?どうしたいか?」の価値観をしっかりと把握仕切れていないからでしょう。

 お金のことだけを言えば、繰り上げ返済を積極的にすると、年末のローン残高が少なくなり、ローン減税による還付金は少なくなるけど、ローンの元金が減るので、金利負担も少なくなります。一方、返済期間を長くすると、年末のローン残高が多いので、ローン減税の還付金は多くなり、支出を抑えられるので、その分、貯金したり、運用したりする方法もあります。

 変動金利ですから、返済額は確定していません。

 つまり、変動要素が多すぎるのです。


したがって、ごちゃごちゃになったお客様の頭の中を整理しなければなりません。

そこで、まずは、ライフプランシュミレーションを行い、キャッシュフローの将来数値を把握した上で、資産と生活をどう保っていくかを考えるべきでしょう。

 という事で、次回、保険相談センターや相続相談センターの専門スタッフの力も借りて、このお客様のライフプランシュミレーションを行うことになりました。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1302日連続更新中】

 今回の大震災や計画停電の実施を契機に、節電に対する意識が高まっていますが、同時に、自己防衛の手段として、太陽光発電への注目が高まっています。

 国や自治体からの助成金もあり、近年の普及速度は速まっており、価格も下がっています。
 資源エネルギー庁の公表数字によると、下記の通りとなっています。

太陽電池出荷量 1kwあたり費用
1993年   0.1万kW   370万円
1995年   1.1万kW   170万円
1997年   3.3万kW   104万円
1999年   8.1万kW    93万円
2001年   12.4万kW   75万円
2003年   22.4万kW   69万円
2005年   30.5万kW   66万円
2007年   20.9万kW   70万円
2009年   62.3万kW   50~60万円

 2001年以降の価格の値下がりが鈍っているのは、太陽電池の原材料であるシリコンの値上がりによるのですが、ここに来て、生産量がグッと上がり、シリコン以外を使う太陽電池の開発も進み、価格は下がっています。

 しかし、下がったと言っても、家庭の電気を賄う出力が4kW程度なので、およそ200万円。補助金や住宅会社のキャンペーンなどで、150万円程度で導入できることもあるそうですが、それでも、安くないですね。

 また、夜間は発電しませんから、真に「節電」を目的にするならば、家庭用蓄電池をセットにすることを検討することになるでしょうが、こちらは、もっと割高で、家庭用冷蔵庫を10時間使える程度のパワーで約200万円の製品がこの夏、家電量販店で発売されるそうです。

 自宅の新築に合わせて、「太陽光発電+蓄電池」の選択をしようと思うと、400万円近い予算が必要だと言うことになります。

 普及させるには、価格の低減。
価格の低減のためには、量産と技術革新。

 この分野でこそ「がんばれ日本!」

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1301日連続更新中】

 名古屋に来た知人をもてなるために、「名古屋でこれを食べた」と言う土産話を持って帰ってもらうとしたら、「ひつまぶし」「山本屋の味噌煮込みうどん」「矢場とんのトンカツ」「手場先」が代表でしょうか。

と言うことで、先日、そんな機会があり、何が良いかと聞いたら「矢場とん」「味噌煮込み」のリクエスト。

 最後まで、どちらが良いか迷っていると言う。

 そこで、お店の検索をしたところ、私も初めて知ったのが、そのふたつのお店が並んで入っているビルがあること!

 それが、栄の丸栄百貨店の南側にあるセントライズビル。
 
 矢場とん セントライズ店

 山本屋本店 栄中央店 

 ここに連れて行けば、その場で、大いに迷ってもらい、お好きな方へ!(笑)


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1300日連続更新中】

 築13年を迎えるマンションで大規模修繕工事コンサルティングを引き受けたと同時に、各戸のリフォームの相談を受けています。

 私のコンサルティングでは、単に「どこか不具合がありませんか?」と言う受身ではなく、この時期を捉えて、一括発注することで、工事費が劇的に安くなる工事を提案します。

 と言うのは、出来た時期も採用している機種も全戸同じなので、そろそろ寿命が来ている設備があるからです。

 その提案ステップは、こうです。

1、ここ数年間の各戸における設備などの故障具合を聞き取り調査します。
2、修理にかかった費用やその際業者から「交換するとこれくらいかかります」と言う価格を聞きます。
3、それらを総合して、今、壊れていなくても、「いつ壊れてもおかしくない設備」をピックアップします。
4、その交換も含めて、各戸での他の不具合も含めたリフォームの要望をお聞きします。

 こうしたことを踏まえたアンケート調査を行い、その中から、比較的規模の大きなリフォームの要望を持つお宅で、しっかりとヒアリングし、リフォーム要望書をまとめます。

 13年目のマンションだと、給湯器、キッチン、トイレと言った水周りの機器が寿命を迎えているケースがほとんどですから、現在の機器の性能や機能と取り替えの希望を聞き、どの程度のグレードの商品が良いのかを決めます。

 マンションの場合、普通の家庭に比べて、少し特殊なコンパクトタイプが採用されていることもありますので、サイズも要注意です。

 そうした調査を経て、リフォーム会社に見積りを依頼します。

 見積りを依頼するのは、「馬渕さんに任せた」と言われれば、私が1社を厳選しますし、見積りを比較したいと言われれば、2~3社で競合させます。

 選ぶ会社は、あらかじめ、厳しい審査を経た会社ばかりです。

 もちろん、1社であっても、しっかりと見積もり査定をします。

 ただ、いずれにしても、依頼した会社には、その1件のリフォームだけでなく、ほぼ同じ時期に、他の住戸の寿命機器の何台かは、工事発注されることを前提に、価格を抑えてもらうのです。

 リフォーム会社にとっては、集客経費がゼロで、しかも、私と言う「安心フィルター」を通して、マンション一棟丸ごとの数十戸を対象とした提案ができるわけですから、とても効率がいい訳です。

 実際に、何戸のリフォーム(機器交換工事のみを含む)の注文が来るのか、わからない時点で、「まとめた発注が来る」と言う前提での特別価格を提示してもらうのは、事業者にとっては、いささかリスクもあるのですが、今回に発注がなくても、数年のうちには、必ず寿命が来ることがわかっているのですから、今回の利幅が少なくても、五月雨式に発注が来る可能性が極めて高いと言う十分なメリットがあります。

 と言うのか、そう私がアピールして、特別価格を引き出すわけですね(笑)

 そして、今回のお客様のリフォーム。

 ご予算は、100万円以内。

 過去に、直接業者と話した際には、給湯器の取換えだけで、30万円と言われたとのこと。

 今回、給湯器を含めて、キッチン、トイレ、インターホン等のリフォームもありますから、御自身の予算としては、いい値ごろだと思います。

 お客様は、セカンドライフを迎える年齢で、リフォームに求めるのは、「安心できる業者」「故障に悩まされてきたので、確かな品質」加えて「妥当な価格」。

 機器の選定に関しては、元中電で「オール電化大魔王」と言う異名をとった私ですから、その選定眼は、自信があります。(*^^)v

 私が推薦したのは、地元で、創業が古く、ある程度の名前が知れていて、新築もリフォームも行う大きな規模の会社さん2社。

 ただし、片や営業マンがいて、接客に定評がある会社で、片や営業マンではなく、技術者が最初から接客する会社。

 それぞれの特徴を活かしたアプローチもまた面白いんです。

 第一印象は同でしたかとお客さまに聞くと、前者の営業に強い会社の営業担当が、ほんとに面白い人で、機器のカタログも持参して、その選定も含めて話が弾んだそうで、「この人で決まりかな?」とさえ思ったそうです。

 一方、後者は、アプローチも、遅れ気味で、決して話がうまくなく、黙々と現場写真を撮る人。

 カタログを持ってくることもないのですが、ドアノブの故障交換の話があったのですが、そこは技術者。

 その場で、見て、さくっと修理してしまい、「交換の必要はないですよ」と言う。

 どちらに頼むのか、迷うわけですが、どちらかと言うと、後者に気持ちが傾きいていたとのこと。


 そこに、私が両社の見積りを持参。

 ここまで、3週間ほどかかっていますが、2社からの見積りが2週間。私の見積り査定が一週間です。

 2社の見積りの比較表を作り、選定機種のグレードを見て、金額の高低の根拠を突き止めます。

 そして、ある方法により、各工事の金額の価格ダウンの交渉をします。(すみません、ここは私のコンサルティングの企業秘密なので・・・(笑))

 その結果、当初の見積り額が約100万円でしたが、約85万円にまで下がりました。

 そして、選ばれた会社は、後者の口数の少ない担当者の会社さん。

 給湯器の単体の単価は、何と20万円を切る価格ですから、それだけでも、仮に御自身で交渉した場合と比べて、10万円安くなっています。

 こうなると、今度は、安くなった分、予算のゆとりも出来ますから、「機器のグレードを上げようかな」とか「ついでに、ここもやってもらおうかな」と言う話にもなり、実に楽しい「リフォーム」になります。

 お客様の利益の最大化のために尽力することで、結果として、受注する事業者もメリットがあると言う「かかわる人すべてが幸せになる住まいづくり文化の創造」と言う私の目ざす世界が、こうして実現できるのです。

 実に、楽しい仕事です。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1299日連続更新中】

 今日は、築13年のマンションの室内リフォームのコンサルティングでした。

このマンションは、共用部の大規模修繕コンサルティングをしているのですが、室内もそろそろ気になるところが出てくる時期ですし、寿命を迎えて、あちこちから、故障したとか交換したという話が出てくる時期なので、室内のリフォームの相談も受けます。

 ついでに言うと、住宅ローンの借換の相談に乗ります。

 ちなみに、大規模修繕工事は、当初見積もりより30%以上のコストダウン、共用部分の電気代は年間36万円のコストダウン、管理費は年間50万円のコストダウン、火災保険は、5年一括モノで50万円のコストダウンを実現しています。

 つまり、私にマンション大規模修繕コンサルティングを依頼いただくと、建物のリニューアルだけでなく、組合運営も、管理費も、修繕積立金も、火災保険も、電気代も、各戸の室内も、各家庭の家計も、すべて同時期にリニューアルしちゃうと言うわけです。

 恐らく、日本中のマンション管理士を探しても、ここまでのコンサルティングメニューを提供できるのは、滅多にいないと思います。

 ということで、今回マンションのあるお宅から依頼いただいたリフォームコンサルティングの結果は、とても、喜んでいただけたのですが、それは明日のブログでご紹介します。(続く)


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1298日連続更新中】

 今朝は、ある工務店で建築されているお客様からホームインスペクションを依頼され、その第1回目となる基礎の検査に立ち会って来ました。

 時間は、約1時間。

基礎検査 図面を見ながら、基礎の配筋検査を行います。


 配筋のピッチは正しいか、ジョイント部分はしっかり緊縛されているかなど、隅から隅まで検査します。

 この配筋は、次の工程では、型枠がはめられるなどして、コンクリートが流し込まれます。

 基礎が出来上がったときは、このコンクリート面しか見えないので、配筋が中に入っているかどうか、知らない人もいるようです。

 そもそも、コンクリートは、硬くて強いと言うイメージがあるので、基礎は、コンクリートのみで固めれば良いと思う勘違いもあるのだろうと思います。

 しかし、物質の特性でいくと、コンクリートは、圧力には強いのですが、引っ張りには弱いので、引っ張りに強い鉄筋を組み込むのです。

 したがって、基礎の検査とはコンクリートを見るのではなく、配筋が適格・適正に組まれているかをしっかり見るわけです。

 今朝の診断でも、いくつかの指摘があってのですが、それは、「欠陥」を指摘したわけではなく、ピッチが適正だと思われないところ、図面と異なる箇所、見慣れない組み方などを丁寧に洗い出し、施工管理を行っている人に「どうしてこうなっているの?」と尋ねるものです。

 その場での質問に対する回答としては、「図面にどう書いてあるかと言うことより、現場での長年のやり方がそうだった」とか「どちらでも良いと思っていた」と言う反応が多いのですが、指摘に対しては、より良い住宅を作るために!と言うベクトルで一致し、すぐに追加の工事を行っていただけます。

 施主にとっては、大きな安心感を得られますし、実は、建築事業者も自社の施工品質をチェック&向上する、またとないチャンスになります。

 私たちのこうした「ホームインスペクション」は、建て主と建築事業者とが、末永く良好な関係でいられるように、第3者の目でチェックするのが目的なのです。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1297日連続更新中】

 震災に乗じた悪徳商法が出てきています。

 国民生活センターがまとめた「震災に関連する悪質商法110番」の受付状況(第1報)-開設後一週間のまとめ-では、不動産・住宅に関する相談が、通常の2倍となっているそうです。

具体的な事例として、次のような相談内容がHPに掲載されています。



■家やアパートの被害に関する相談
【事例1】賃貸アパート
 震災によって電気、ガス、水道などのライフラインが断たれてしまい、息子が居住する賃貸アパートが生活できない状態になった。退去を申し出たところ「アパートは壊れていない。退去は6カ月前に申し出ることになっている。違約金として家賃の3カ月分を請求する」と言われた。納得できない。
(契約者:20歳代 岩手県 男性)

【事例2】賃貸アパート
 地震と津波で、住んでいたアパートが床上浸水した。補修をしてほしいが、不動産屋が対応してくれない。住むことができないので、避難所にいるが、家賃は支払わなければならないのか。
(契約者:40歳代 宮城県 男性)

【事例3】家のリフォーム
 リフォーム途中の家が引き渡し前に震災の被害にあい、全壊状態になった。この場合、支払いはどうなるのだろうか。
(契約者:30歳代 宮城県 女性)

■販売方法に関する相談
【事例5】屋根修理
 突然自宅に業者が訪問してきて、「隣の家にお宅の瓦が落ちているので、早く修理をした方がよい。修理には6万円がかかる」と強引な調子で勧められた。すでに地元の業者に依頼していると伝えて断ったが、強引な勧誘はやめてほしい。
(契約者:40歳代 福島県 女性)

【事例6】屋根修理
 震災により屋根の瓦が落ちていた。震災後、業者が訪問し「屋根を直したほうがいいですよ」と110万円の屋根の葺替(ふきかえ)工事を祖父に勧めた。契約後に自分は知り、「業者の信用性がわからないので心配だ」と祖父を説得し、祖父も解約する気持ちになったが、解約できるだろうか。

■まとめ
 ○賃貸アパートや屋根工事など、住まいの修繕や契約に関する相談が多い
 消費生活相談のなかで「不動産貸借」と「工事建築」は、あわせて2割の相談が寄せられており、最近の消費生活相談全体での割合と比較すると2倍以上となっている。住まいに関する問題は重要であり、切実な状況がうかがわれる。
 なお、「震災関連悪質商法110番」には、建築士も待機しており、技術的な相談の支援も受け付けることができる。

○悪質商法については今後も注意が必要
 震災の影響で契約通りに実行できなくなり、代金を消費者が負担する必要があるのかなどの契約に関する相談が多いものの、販売方法に関する相談も寄せられている。

 住宅の工事については、上記の事例のほかにも「チラシが入っていたが信用できるか」というように、契約前の相談のため詳細がわからないが、震災に便乗して高価格で契約させたり、ずさんな工事をする可能性のある業者についての相談も寄せられている。消費者は、あわてて契約せず、できるだけ複数の業者から見積もりをとって価格を比較し、作業内容を事前に確認してから契約してほしい。また、見積もりのために現地調査に来てもらうための費用の要否についても、事前の確認が望ましい。



 内容によっては、消費者側の必要以上の恐怖心・警戒心ゆえに、相談が持ちかけられているケースもありそうですが、不動産・住宅関連の仕事にある私にとっては、何とも恥ずかしいやら腹立たしいやら・・・。

 こんなときこそ、普段の何倍もデリケートな心遣いで、消費者に接するよう、業界人の皆さんの良識ある行動を望みます。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位
テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1296日連続更新中】

 3年前から応援しているドリームプランプレゼンテーションが、いよいよ始まります。

以下、ドリプラ2011のHPから。



自分たちの未来を信じ、夢に挑む姿、生き方を見せていくドリプラ2011が、いよいよ始まります。

自立・創造、感動・共感、相互支援のテーマのもとに、夢を成功させるのではなく、夢を実現することのできる人間に成長する舞台、それがドリプラです。

たった10分で夢の価値とあきらめない理由を伝える、感動と共感の体験型プレゼンテーションをつくる過程を通して、仲間と出会い、起業家として、夢を描く人間として成長できるはずです。
ドリプラは、夢を描くことをきっかけに、誰もが努力によってそれを実現することができる、全ての人に未来と可能性があることを世界中に伝えていきます。

夢に挑戦する人を、社会が一丸となって支え応援をする。そんなことが当たり前となっている未来のシーンを、創造していきます!



「夢」の実現に挑戦している人、誰かの「夢」の実現を応援したい人、必見です。

こちらから→ドリームプランプレゼンテーション

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位
テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1295日連続更新中】

 住宅金融支援機構から、「平成22年度民間住宅ローン利用者の実態調査」(平成22年11月~平成23年2月に民間住宅ローンを借入した方を対象)が発表されました。

 ○詳しくはこちら  

 回答数は923件で、調査結果の主なポイントは以下の2点。

(1)金利タイプは、「全期間固定型」の利用割合が、24.6%に増加。

 過去1年の推移を見ると、15.5%→21.6%→23.8%ですから、連続して伸びています。

 年齢別に見ると、20代、30代で「全期間固定型」利用割合が、増加しています。

 また、年収が400万円以下の方で、フラット35が34.5%から41.4%に大きく伸びています。

 変動金利が1%をきる金融機関もある中、年収から見て、返済余力が高くない方であっても、目先の金利の安さではなく、返済額が固定されている全期間固定型が増えているのは、それだけ経済や自分の所得に対する先行感に不安があると言うことなのでしょうか。

(2)住宅ローン選択の決め手は、圧倒的に”金利の低さ”

 これは、ほぼ毎回トップですね。

 「金利が低い」と言うのは、「返済額が低い」と言うことだと思いますが、問題なのは、沢山の金融機関が、様々な条件で、また、異なる金利でローン商品を出している中で、どれが最もトータルの返済額低くなるかと言うこと。

 たとえば、元利均等方式と元金均等法式では、同じ金利でも、返済総額は異なります。

 積極的に、あるいは、余裕があれば、「繰り上げ返済」をしたいと考えている人にとっては、その手数料水準に注意を払う必要があります。

 もう少し、高度なテクニックになると、住宅ローンとセットの生命保険が、義務なのか任意なのか?と、自分が今かけている保険の見直しをトータルで考えて、ローン返済だけではなく、家計の支出全体として、考えることもできます。

 こうして、数ある住宅ローン商品の中で、どれを選ぶかで、軽く100万円を超える違いが出る可能性もありますから、慎重に!


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1294日連続更新中】

 昨日は、岐阜で月1度の相談会があったのですが、予約いただいたお客様の相談は、リフォームか建替か移転新築か?のご相談。

 築35年の2階建て木造住宅で、地元の大工さんに建ててもらったので、現在の耐震基準には、おそらく適合していないはず。

 東日本大震災の以降、何度も余震が続くので、住宅の耐震性が気になっているところに、土地の「液状化」の話も聞いて、そもそも、ご自分の土地のことも心配になったそうです。

 その土地が液状化するのかどうかは、なかなか判断が難しいのですが、地盤と基礎がしっかりしているかどうかは、ご本人の一番気になるところ。

 たとえば、造成した土地で、その土地が、削ったエリアではなく、盛ったエリアで、その際の地盤調査の資料が残っていないと、いささか心配になりますが、当時の資料は残っていないとのこと。

 今の土地・建物を売却して、新しい土地・建物を買うことになれば、居住用財産の買替特例で売却益には課税されないとしても、不動産取引仲介手数料は必要ですし、その場の建替えに比べると、登記費用もかかります。

 「より安心感を求めて」と言う理由だけで、移転を勧めるわけにも行きません。

 近所で、古くから住む高齢者に、その地域の土地の移り変わりを尋ねていただくようお願いし、その上で、方向を決めましょうとお話したのでした。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1292日連続更新中】

 昨日、ホームインスペクター(住宅診断)の勉強会に参加してきました。

 講師は、これまで新築住宅の基礎から完成まで、数百件もの住宅を診断してきたと言う講師。

 沢山の事例写真を見せていただきました。

 その後の懇親会でも、じっくりお話を聞いたのですが、こんな質問を投げかけてみました。

 「診断=住宅の建築品質と言う観点で、このハウスメーカーなら大丈夫、あるいは、推薦できるという会社はありますか?」

 答えは「NO」だそうです。

 ハウスメーカーの大きな特徴は、「工場生産」。

 つまり、品質のばらつきが少ないということです。

 確かにそれは、そのとおりですが、現場で組み立てるのは、「人」です。

 ましてや基礎は、現場打ちですから、工場生産品ではありません。

 また、「施工マニュアル」があったとしても、たとえば「断熱材は、隙間なく詰める」と書いた指示書に対して、「隙間」とはどの程度か?と言うのは、個人差があります。

 こう言う点からすると、大手ハウスメーカーであっても、現場管理がしっかりと出来てなければ、いい家はできないと言うことです。


 では、どうしたら良いか?


 その一つが、完全に施主側の立場にある第3者からの施工検査を受けること。

 これに対して、ハウスメーカーの担当者は、「地方公共団体の検査を受けています」とか「保証会社の検査を受けています」と反論するかもしれませんが、それは、建築基準法を満たしているかどうかと言うレベルであり、「良い家を作る」ための検査とは言えないんですよ!と言うのが、数百件のインスペクションの経験から導き出される結論のようです。

 同じ価格で、不具合のない、あるいは、将来に心配のない、更には、いざ売るときに、「状態が良く、高く売れる」と住宅になるかどうか・・・「賭け」で家を作るのか、ホームインスペクションにお金を「掛け」るのか?と言う選択です。

 当社では、コンサルティングメニューとして、資金計画=最も有利な住宅ローンの選択、契約書や見積りのチェックなども行い、その効果で、ご自分で住宅会社や金融機関と交渉するより、数百万円単位のコストダウンのサポートをしますから、トータルで見ると、ホームインスペクションにお金を掛けても、かなりお徳!と言うサービスになっています。

 また、セカンドオピニオンがある、ホームインスペクションが行われる、となると、そのハウスメーカーも、精鋭部隊を投入しますから、そういった牽制効果もあります。

 「安心」のための次の方法は、信頼できる「紹介」システムを使うこと。
 
 「信頼できる」と言うのは、単なる「口利き」ではなく、また、「販売代理」ではなく、「紹介」をコンサルティング業として行い、紹介した後も、契約や完成までのサポートを行っていること。

 そう言うシステムに則った「紹介」であれば、紹介先の担当者も厳選され、優秀な人が担当につきます。

 また、紹介したお客さまが、その会社との契約や施工に満足が得られたかどうかまでウオッチングして、次の紹介を行うかどうかジャッジすることになります。

 従って、紹介された側も、紹介元会社から、「駄目印」をもらわないよう、あるいは、その後も継続して紹介がもらえるよう、色々な場面で「精鋭部隊」を投入します。

 当社では、そう言う「紹介」の仕組みを取っています。

 
 以上のように、「大手だから安心」と言うのは、「組織的な対応をしてくれるので、マニュアル的に漏れなく配慮が行き届く」と言う面は、そのとおりだと思いますが、商談~契約~完成まで、長い期間のある家づくりにおいては、信頼できるセカンドオピニオンにサポートを依頼することが大切だと思います。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1291日連続更新中】

 最近、住宅相談センターにホームインスペクション(住宅診断)を依頼いただく件数が増えています。

 住宅を建てるときには、建築会社の自社検査や公的機関の検査もありますが、それだけでは、良い建物にならないケースがかなりあることに、気づくお施主さんが、ネットで調べて、問い合わせいただくパターンが多いようです。

ホームインスペクション(住宅診断)は、所定の項目だけを検査する公共機関や認定検査機関の調査とは、まったく異なります。

実際に住んでみて不具合がないように、同一予算内でより品質の高い住宅にするためにおこなうものです。

従って、一回あたりの検査には検査機関の倍以上の時間が必要になります。また、検査機関がおこなわない検査項目が多数含まれています。


 さて、今日は、中部エリアにいる日本インスペクターズ協会の会員と公認インスペクターに呼びかけての初めての勉強会を開催します。

 人数は、20名を超えるようです。

私も参加して、勉強してきます。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1290日連続更新中】

  私が管理費の削減コンサルティングをしているマンションで、先日、共用部の電気設備の省エネ改修工事を行いました。

 「改修工事」と書くと、経費を使うイメージですが、タイトルのように「省エネ投資」と書くと、「お金を生み出す」イメージに変わりますよね。

 今回のマンションは、5階建て30戸の小規模のマンションですが、投じたお金は約180万円で、省エネ効果は、年間約36万円です。

 つまり、5年で償却できるのですが、実際は、修繕積立金が必要となるのは、10年以上先ですから、180万円を使わなければ、普通預金に眠っている資産だと考えると、180万円の投資商品を買ったのと同じことになり、その利回りが20%だと言うのが正しい見方です。

 そもそも、この工事に使うお金は、マンション住民が拠出した修繕積立金なのですから、マンション住民全体で20%の投資商品を共同購入したということです。

 基本的には、電気料金は長期間安定した水準ですから、20%の利回り保証商品だと言えます。

 仮に、電気料金の大幅な値上げがあったら、効果は薄れるのではないか?と指摘する人がいるかもしれませんが、それは、大きな間違い。

 もし、省エネ工事をしなければ、電気料金の支払いは、大幅に増えるわけですから、節約できる電気料金は、逆に、大幅に増加するため、利回りは、更に高くなります。

 はっきり言って、ノーリスク・ハイリターンなんです。

 ただし、この提案を管理組合にするには、

「マンションの共用電力設備」
「電気料金の仕組み」
「省エネシミュレーション」

の知識とノウハウが必要で、更に、「電気」と言う理解しにくい話を住民に説明し、合意を得るという息の長い活動も必要です。

 これをできるマンション管理士は、日本広しと言えども、電力会社出身でマンション大規模修繕コンサルティングができる私の他に、どれくらいいるのかな?と言うくらい難しいでしょう。(言い過ぎですが・・・笑)

 このマンション、廊下灯がLED照明になったことで、その特性により、外から見ると、少し暗く見えても、廊下に入ると、これまでに比べ、照度は大幅にアップして、明るくなりました。

 いい事だらけの「省エネ投資」なんです。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1289日連続更新中】

 被災地において、「まずは、仮設住宅を!」と言う要請は強いものの、人々の願いは、早く我が家に帰りたいというものでしょう。

今回のような大きな被害においては、個々の損害保険とは別に、法的な救済策や支援策がいくつもありますから、それを知って、来るべき復興に備えていただきたいと思い、いくつか調べてみました。

 まずは、「被災者生活再建支援制度」

 下記の基準による住宅の被害程度に応じた基礎支援金と住宅の再建方法に応じた加算支援金が、支給されます。
1.住宅が「全壊」した世帯
2.住宅が半壊、又は住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
3.災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
4.住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)

 まず、住宅の被害程度に応じて支給する基礎支援金は、上記1から3が100万円、4が50万円です。

 次に、住宅の再建方法に応じて支給する加算支援金は、建設・購入が200万円、補修が100万円、賃貸住宅に住む場合は、50万円となります。


二つ目が、住宅ローンの返済軽減。

これは、金融機関ごとに条件が異なるので、それぞれ相談することになりますが、返済を一時的に猶予するとか、月々の返済額を減らす、などの変更ができます。

住宅金融支援機構のフラット35や旧住宅金融公庫の住宅ローンを借りている場合は、返済方法変更の内容が次のようになっています。

1. 返済金の払込みの据置(被災の程度に応じて、1年~3年)
2. 据置期間中の金利の引下げ(被災の程度に応じて、0.5%~1.5%減)
3. 返済期間の延長(被災の程度に応じて、1年~3年)
※フラット35については、1、3のみが適用。

 なお、この対象になる方は、次のいずれかに該当し、被災後の収入が機構で定める基準以下となる見込みの方です。
1. 商品、農作物その他の事業財産等又は勤務先が損害を受けたため、著しく収入が減少した方
2. 融資住宅が損害を受け、その復旧に相当の費用が必要な方
3. 債務者または家族が死亡・負傷したため、著しく収入が減少した方


また、これから被災住宅復旧のために新規融資を望む方には、低い金利で借りることのできる住宅金融支援機構の「災害復興住宅融資」があります。

 ただ、この話を具体的に検討するのは、まだ先のことで、その前に、火災保険(地震保険)でどの程度補償されるのかが気になるところでしょう。
 
地震保険は、火災保険の保険金額(契約金額)の30%~50%に相当する範囲内で、建物5000万円、家財1000万円が限度となっています。

 具体的には、次のとおりです。
【全損の場合】地震保険金額の全額(時価額が限度)
【半損の場合】地震保険金額の50%(時価額の50%が限度)
【一部損の場合】地震保険金額の5%(時価額の5%が限度)

 町全体が津波で壊滅状態になった場合、自分の家がどこにあるのかもわからないケースもありますが、そう言う場合は、被災地域を一括して認定して、支払いしてくれる緊急措置があります。

 被災地の方が住宅の再建に取り掛かるのは、時間がかかるでしょうが、制度を有効に活用して、「我が家」に帰っていただくことを祈念しています。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1288日連続更新中】

 春は、新居建築・購入の季節です。
この時期にぴったりのセミナーを開催します。

「春のライフプランセミナー」と題して、住宅だけではなく、家計にまつわる保険・税金・相続・年金などの様々なテーマで、春からの新生活に役立つ内容を各分野の専門家がお話しするのですが、その一環です。

--------------------------------------------------------
  【住宅】5月21日(土)13:00~14:00
 『新居で失敗しない! 良い住宅・マンションの見わけ方』
--------------------------------------------------------
品質の良い住宅を購入・建築するには、どこに気をつければよいのか?3000軒以上の住宅を診てきたホームインスペクター(住宅診断士)が、実例を挙げてポイントをお話しします。

・会 場 中日コンサルティングプラザ セミナールーム
     名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル6階
・主 催 家計の総合相談センター
     住宅相談センター
・参加費 無料(予約制)
・問合せ TEL 0120-3737-88(フリーダイヤル)
・お申込は、こちら 


その他のセミナーは、下記の通りです。

春のライフプランセミナー
--------------------------------------------------------
 【家計】5月14日(土)13:00~14:00
   『「じぶん年金」始めてみませんか?』
--------------------------------------------------------
公的年金だけではセカンドライフが心配な方も多いはず。そこで、最近注目を集めている「自分年金」について、どうしたらよいのかレクチャーします。

--------------------------------------------------------
 【保険】5月14日(土)15:00~16:00
   『基礎からわかる生命保険』
--------------------------------------------------------
わが家の生命保険は何がいくら必要? 社会保障を踏まえて死亡保証、医療保障の考え方を弊社からの著書「世界一やさしい保険の本」を使ってわかりやすくお伝えします。

--------------------------------------------------------
 【税金】5月15日(日)13:00~14:00
   『平成23年度相続税法の税制改正のポイント』
 【相続】5月15日(日)14:10~15:30
   『平成23年度相続税法の税制改正の対策』
--------------------------------------------------------
平成23年度税制改正では相続税が大幅に増税され、今までは相続税とは無縁だった方にも課税される可能性が高くなります。第1部で「相続税はかかるの?」から「実際の税額」まで、第2部で「どんな対策があるの?」かを事例を交えてお話しします。

--------------------------------------------------------
 【年金】5月21日(土)15:00~16:00
   『~就職・結婚・退職~ 新生活と社会保険』
--------------------------------------------------------
公的年金や健康保険は、就職・結婚・退職などで加入者の種類や立場が変わると、保険料負担や給付額も変わります。新生活によって社会保険がどう変化するのかをお伝えします。

・会 場 中日コンサルティングプラザ セミナールーム
     名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル6階
・主 催 家計の総合相談センター
     住宅相談センター
・参加費 無料(予約制)
・問合せ TEL 0120-3737-88(フリーダイヤル)
・お申込は、こちら 


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1287日連続更新中】

 テレビ局の記者の方から、「東日本大震災の後、耐震に関する住宅相談は増えましたか?」と言う取材がありました。

 地震の被害より、津波や原発の被害の印象を強く持つ人が多いためか、「耐震」の相談が増えたと言う数字はありませんが、家づくりにおいて、以前より、「耐震」をしっかり考えている人が多くなっている傾向はあるようです。

 安心・安全な住宅をつくるという点では、耐震だけではなく、太陽光発電、雨水の利用、防犯性能など、他にも考えなくてはいけませんし、そもそも、土地選びの段階から、研究しないといけません。

 もし、「地震への備えを万全にしたい」と言う観点で、地盤と耐震性能にこだわる家づくりを求める方がいらっしゃったら、その分野では、自治体から講演にも呼ばれるほどで、豊富な実績を持つ建築家の川窪巧さんを推薦しますので、私にご連絡ください。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1286日連続更新中】

 ユニクロの柳井会長が私財10億円の寄付をされた記事を読んだときは、驚きましたが、ソフトバンクの孫社長の100億円の寄付+今後の役員報酬(現在1億8千万円)の全額寄付の話は、そのスケールの大きさに驚愕しました。

 自分にできることをやろう!と言う話は、あちこちで出ますし、私自身もそうブログに書いていますが、柳井会長も孫社長も、そこまで大きくした「自分」の賜物ですね。

 同じく、ゴルフの石川プロが、今年度の賞金を全額寄付すると言うのも、額こそ違え、同じ「志」。

 私自身は、ドカン!と大金を寄付するのは出来ませんが、誰かが能動的に義援金を募っている場面では、必ず寄付をすることにしています。

 それは、募金そのものも応援になることに加え、募金活動にかかわっている人にも、「沢山の人が応援してくれている」と言う励みになって、その人が募金活動を頑張る力になるからです。

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1285日連続更新中】

 被災者の仮住まいとして必要なのは約18万戸といわれていますが、仮設住居では約3万戸強しか補えず、残りの15万戸は確保することが急務となっています。

公営住居でもこの膨大な住戸を確保することはできません。

一方、民間の賃貸住居は約300万戸余っており、一日も早い復興のためには民間の協力が必要になります。

そこで色々な団体が、被災者のために一定期間無償で住居を提供していただけくよう募集をしていますが、今回紹介する「住まいりんぐ」は、その代表で、いち早く、HPを立ち上げて、広く大家さんに協力を呼びかけています。

いかに善意と言えども、後のトラブルを避けるために、有償・無償の範囲の設定などを含めた契約の問題などは避けて通ることはできず、一定のガイドラインが必要でしょうが、このサイトは、その点をしっかりサポートしている姿勢がうかがわれます。

「住まいりんぐ」の特徴は次の通りです。

・家主様と被災者を直接結びつけるマッチングサイトです。
・敷金、礼金、仲介手数料無。一定期間無償の物件が掲載されています。(無償期間は3ヶ月以上を推奨)
・被災者向け物件情報掲載の他、被災者が借りたい住居を登録し家主からの連絡を待つこともできます。
・パソコンの他、携帯でも検索することができます。(携帯サイト併設)
・家主様が被災者に安心して物件を提供できるよう、仮住まい提供に関するガイドラインがあります。
・契約書式や契約マニュアルなどを無償で提供、スムーズでトラブルのない直接取引をサポートします。
・J-REC認定の大家検定マスター資格者(正式名:賃貸経営コンサルティングマスター)30名以上が無料相談員となり借主、貸主の直接取引や各種補助金申請、被災者の生活面でのサポートをいたします。
・弁護士が法律面のサポートを行います

 空き家をお持ちの方、ぜひ、ご登録を!

■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1284日連続更新中】

 建築資材や住宅設備の生産拠点がある東北エリアが被災したことで、それらの供給がストップし、中部エリアでも 住宅建築の遅れを心配する声が上がっています。

 何社かの工務店さんに聞いたところ、確かに影響があるとのことでした。

 具体的には、お客様と打合せをして決めた外壁(サイディング)やシステムキッチンなどが入らないケースがあるそうです。

 では、「それらがいつ入るの?」と聞かれても、目処が立ってないことから、実際の対応としては、他社製品から選んでもらっているそうですが、それも品薄で、すぐにでも決めて、その製品を押さえないといけないというのが実情。

 かなりバタバタしていることが伺えます。

 一度決めたら、何十年もの間、付き合うことになる住宅のパーツですから、簡単には決められないと言うのが心情ですが、こう言う非常事態時には、顧客と工務店さんとがパートナーシップを発揮して、いかに協力して、より良い家づくりを実現するのか?を考えていただくと良いと思います。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ1283 日連続更新中】

 今日は、4月1日。

 ここ数日、新年度の事業方針を考えています。

 私のポリシーは、

「どうしたら、事業がうまくいくのだろう」

ではなく、

「自分は、何をやりたいのだろう。どうしたら、自分が理想とする世の中を実現できるだろう」

 ということです。

 そのためには、収益は上げないといけませんが、収益をあげるために事業を行うのではないと言うことです。

 もちろん、収益は価値の表れですから、良い事業をやれば、売上げも上がるはず。


 「きれいごと」ではなく、「本気かどうか」です。


■あなたに最適&優良な建築会社・建築家のご紹介、住宅ローンの相談、
ホームインスペクションの申し込みなら■
→ 住宅相談センター

■住宅事業者向けコンサルティング・講演依頼なら■→ (株)SDI

■マンション大規模修繕のご相談なら■
→ 大規模修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイト

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度=年間TOP5入り

←【20年度=年間全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ