FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを652日連続更新中】

 政府の広報オンラインには、次のように解説されています。

【タイトル】
「長期使用製品安全点検・表示制度」が始まります
平成21年4月1日以降に製造・輸入された製品が対象です~

(前略)屋内式ガス瞬間湯沸器など、ガス、石油、電気を使用する設置式の9品目が対象となります。これらの製品は長い間使用を続けていると、経年劣化により、火災や死亡事故などを起こすおそれがあります。(中略)また、扇風機や洗濯機などの家電製品5品目については、点検制度ではなく、標準使用期間と経年劣化の注意を促す長期使用製品安全表示制度(表示制度)が始まります。


■重大な事故のおそれがある9品目を点検

 (略)

 点検制度の対象製品は、以下の9品目(特定保守製品)です。

 ・屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用)
 ・屋内式ガス瞬間湯沸器(プロパンガス用)
 ・屋内式ガスバーナー付ふろがま(都市ガス用)
 ・屋内式ガスバーナー付ふろがま(プロパンガス用)
 ・石油給湯機
 ・石油ふろがま
 ・FF式石油温風暖房機
 ・ビルトイン式電気食器洗機
 ・浴室用電気乾燥機

所有者にはユーザー登録と点検・保守の責務

 (略)

 そのため、消費者には、製品を購入する際に、メーカーや輸入業者にユーザー登録を行う責務があります。また、点検時期がきて、製品の使用を継続する場合、必ず点検を受ける責務があります。

 アパートやマンションなどのオーナーの方は、賃貸業者として、賃借人の安全に配慮すべき立場にあるため、特に保守が求められます。

 ユーザー登録と点検の責務を果たさずに重大事故を招いた場合は、所有者はその責任を問われる場合もあります。


1.ユーザー登録の責務

 (前略)
 また、引越しをした際や、中古物件を購入した際など、所有者の登録情報に変更が生じる場合には、新たな所有者がメーカーなどに連絡してください。

2.点検・保守の責務

 平成21年4月1日以降に製造、輸入された特定保守製品には、「法定点検期間」が明記されています。その時期になると、メーカーや輸入業者から、ユーザー登録されている所有者に通知があります。特定保守製品の所有者は、この通知を受けてからメーカーなどに点検の要請を行い、この期間に法定点検を受けてください。

(中略)

 なお、この制度における法定点検は、メーカーの保証期間とは異なり、所有者として製品を保守管理する観点から行うものですから、点検費用は所有者の負担となります。点検料金は、技術料金と出張料金をベースに決定します。また、各メーカーなどでは、ホームページなどで点検料金を公表するので、参考にしてください。また、点検依頼時には料金を告知します。

 (後略)



 この文書を丁寧に読むとわかりますが、自動車の車検と同じです。

 まず、製品の所有者であることを登録すること。そして、生命や財産に危害を及ぼすような事故につながる恐れがあるので、所有者は、お金を払って、ちゃんと定期点検を受けてくださいと言うことです。

 賃貸住宅で転居して、中古製品を使うようになっても、同じです。

 これも、自動車と同じですから、ある意味では、所有者として当たり前のことをしなさいと言うことです。

 メーカーが製造物責任(PL法)を持つのと同じように、社会の一員として、消費者も所有者・使用者責任を持つと言うことですね。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ