FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを636日連続更新中】

(これまでの記事は、右側縦ナビ下の「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
 今回の大規模修繕の対象となっているマンションは、8階建て総戸数32戸です。社団法人高層住宅管理協会の「平成20年マンション管理受託動向調査結果」によれば、全国のマンション1棟当たりの平均戸数が約50戸ですから、サイズとしては小さい方です。

 首都圏であれば、100戸を超えるマンションもざらにありますから、そう言うところと比べると、住民へのアンケート回収も楽なように思われるかもしれません。

 でも、実際は、大変です。

 大規模修繕のアンケートは、マンションの共用部分をどうするか?と言う内容だけではなく、各戸の居室内の水漏れやベランダの状態等も聞きます。

 ベランダの大きなひびがあったり、室内漏水があれば、その住居に入り、調査をします。それによっては、屋上や外壁の補修の際に、直すべき重点個所が変わるからです。防水工事をした後で、「我が家では、まだ、漏水してます」と言われては、工事のやり直しにまで発展しかねません。

 従って、アンケート回収率が80%とか90%あれば、それでよし!と言うわけには行きません。原則として、100%の回収を目指します。32戸がマンションとしては少ない戸数なので、それだけ簡単かと思われがちですが、実際は、どんな集団でも、最後の数人(数%)の人たちが、なかなか大変なのです。

 実際には、修繕委員長の山川さんが考えた方法で、100%の回収ができたのですが、その方法とは…(続く)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ