アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを620日連続更新中】

 昨年から始まった「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」。

 エレクトリックなハウスとは、言いかえれば、「オール電化住宅」のこと。

 その趣旨は、この表彰を行っている(財)地域開発センターのHPに、次のように記されています。

 省エネルギー性能の高いオール電化住宅(主として戸建住宅)を表彰し、世に公表することで省エネルギー住宅の普及を促進させようという目的で、2007年度から開始した本財団による表彰です。

 高断熱の外皮と高効率電動ヒートポンプによる暖冷房・給湯は、住宅において現在最も容易に入手できる経済性の高い省エネルギー手法であります。この手法を採用すれば、一軒で使うエネルギーは、10数年前の仕様の住宅に比べて、40%近く削減されると予測されています。

 本表彰は、このような省エネルギー性の高い優良な住宅を多数供給している事業者の方々を表彰し、省エネルギー住宅の普及を消費者にも訴え続けていくものです。地球温暖化防止も、このような活動を継続することによって、はじめて現実味が増してくるものと考えます。

視点1:外皮・設備の省エネルギー性能値
視点2:トータルな省エネルギー性能向上のための工夫と先進性(数値で表現できない取組等)
視点3:他の性能と省エネルギー性とのバランス・連携 等
視点4:応募した省エネ住宅の普及に関わる取り組み



 今年の大賞は、次の2件。

■株式会社 サンワホーム 無暖房住宅ハイパーエコシリーズ

■パナホーム株式会社 エルソラーナ IV

 まだ、マイナーな賞なので、一般消費者には、ほとんど知られていないと思います。

 しかし、ここで表象されている住宅の中身を見ると、これからの住宅の省エネトップランナーの一つであることは間違いなさそうですから、、じっくりご覧頂くと参考になると思います。

 詳しい説明は、こちら

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを619日連続更新中】

 昨日のブログで紹介したアンビリーバボーで放映された馬車馬のだいちゃんと八丸さんの奇跡の物語。ご覧になられましたか?

 ストーリのほぼ全部を知っている私であっても、ホロっとくるシーンが何度もありました。


 残念ながら見逃してしまったという人には、YouTubeでアップされるまで待たなくても、この本に載っています↓



 だいちゃんと八丸さんの話以外にも、こんな感動実話が4つ収められています。

 あれこれとこのブログで解説するより、何しろこの本を買って読まれることをお勧めします。

 あなたの仕事が夢と感動であふれますよ!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを618日連続更新中】

 今夜19時57分より放送予定のテレビ番組「アンビリーバボー」(フジテレビ系列)に、私の知り合いが出ます。

 私の起業応援活動の一つである、「ドリームプランプレゼンテーション」の第1回感動大賞の受賞者、盛岡の八丸さんの起業物語です。

八丸さん ダイちゃんと八丸さん(盛岡経済新聞より)


 この話を聞いたら、たぶん、泣けます。少なくとも、ホロっと来ます。

 お子様がいる家庭であれば、ぜひ、子供にこの番組を見せてあげてください。

 以下、YAHOOニュースからの転載です。

「馬車のパレード」-盛岡の起業体験記、「アンビリーバボー」で放送へ

 フジテレビ系のバラエティー番組「奇跡体験 アンビリーバボー」で今月、盛岡市の「出張馬車事業」を手がける80エンタープライズ(盛岡市玉山区)の八丸由紀子さんの体験記が放送される。

 番組では約10年前に、八丸さんがスタッフとして働いていた乗馬クラブが閉鎖される際に、殺処分が決まっていた馬の「ダイちゃん」(ブルトン系混血種)を自己資金で買い取り、馬車による出張パレード事業を立ち上げるまでの「起業ストーリー」を追いかけたもの。1頭100万円以上する馬を買い取って育てると言い張る八丸さんと「無理だ」となだめる周囲の「攻防」、事業化への高いハードル、そして徐々に理解を示す協力者たち。物語は八丸さんが、描いた夢をあきらめずにビジネスチャンスをうかがい、実現するまで道のりをインタビューと再現ドラマで仕立てた。

 放送を前に八丸さんは「若気の至りと言われればそうかもしれないが、当時も今も本気なことは変わりない。馬を買い取るのに、サラ金に手をつけるまで追いつめられたこともあったが、熱意があれば自ずと道は開けてくることを知った」と振り返る。



YAHOOニュースはこちら

 今夜8時です。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを617日連続更新中】

 ここ数日間、グッと冷える日を過ごすと、昔住んでいた実家は、ほんとに寒かったなぁと思いだします。今は、両親は、離れのコンパクトな3DKに住んでおり、実家は、物置きになっていますが…。

 この家は、築50年以上経ってますから、今の住宅性能を表す言葉を使うと、中気密中断熱?いや、木製のサッシ窓も残っていたので、冬場は、どこからともなく隙間風が入ってきてましたから、ひょっとすると、低気密低断熱かもしれません。(笑)

 これから新築住宅を建てようとか、購入しようという人にとっては、デザインとか設備の機能とか、とかく表面に見えるとろこに目を奪われがちですが、大切なのは、目に見えないところであり、住宅の断熱性能は、かなり重要だと思います。

 そうなんだぁと気づいて、じゃあどんな断熱にしようか?と調べ始めると、今度は、その種類や性質、価格の違いに驚きます。 

 私が、時々お邪魔するオーパス社は、この「断熱」にかなりこだわっておられ、同社が地域向けに発刊しているコミョニティ誌「笑ッセンス」の今年1月号でも、詳しく紹介されています。

エッセンス1 これがその「笑ッセンス」


エッセンス2 冬ですから、鍋のレシピ情報があたっり、インテリアショップの情報があったり、クロスワードパズルがあったりと、住まい以外の話題も豊富です。


 この中で、一面を使って特集されているのが「今、話題のエコロジー断熱材 セルロースファイバー」
(↓これがその記事の拡大です)
エッセンス拡大新聞紙などの古紙から作られており、木質繊維が原料なので、自然系断熱材の一つに分類されます。


 この記事、とても勉強になったと、読者の評判も良いそうです。

 オーパス社のショールームに行けば、実物も見て触ることができるそうです。

 いきなり断熱材の達人になることは無理でしょうが、住宅取得を考えている方は、こうやって一つずつ勉強されると良いですね。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを616日連続更新中】

 「住宅の請負契約を締結される個人の注文者の皆様へ(住宅建設業者の倒産に備えて)」と題する提言を国土交通省所管の財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが発表しました。

 私のブログでも、丁度、4日前に「こんな住宅会社が危ない!?」と書きましたが、やはり契約代金の支払い方に関する注意喚起がされています。

 以下、その提言です。

 経済情勢の悪化に伴い企業倒産が増加する中、ハウスメーカーなどの住宅建設業者が倒産するケースが発生しております。

 このような事態が発生した場合に、個人の注文者の方が被る損害(例えば出来高と代金既払額の差額の一定割合が損害となります。)を少なくするためには、ご注文者自らも対応策を講じておくことが大切です。

 対応策としては以下のようなことが考えられますので、請負契約の締結に当たってはご留意ください。

①請負工事代金の支払については、できるだけ工事の出来高に応じた支払とする契約を締結する(契約締結時に代金の全額や高い割合の前払い金を支払うことを避ける。)ことが考えられます。
  工事の段階に応じた支払方法の一例としては、手付金として1割、工事の着手時に3割、上棟時に3割、完成時に3割というケースがあります。

②工事の途中で住宅建設業者が倒産した場合に、他の業者により工事を継続するために必要な追加費用などについて、その費用の一定割合を保証する任意の制度である住宅完成保証制度を利用することも考えられます。


 私のところにも、最近、何件もの「こう言う会社と、契約して大丈夫?」と言う問い合わせがあります。個々の会社の経営状況まではわからなくても、危ない兆候、危うい言動は、わかります。

 そもそも、消費者側の経験や知恵は、住宅会社のそれと比べて、圧倒的に弱いんです。

 その情報格差を埋めて、消費者の住まいづくりをサポートし、ナビゲートするのが、私が広めようとしている「住生活エージェントサービス」です。

 こう言う時代に、益々求められるサービスになったと思います。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを615日連続更新中】

  (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
 日本防犯住宅協会の柴山会長による、マンション防犯診断の続きです。

 マンションの建物・敷地内・そして周辺までを含めた実地の防犯診断を終えて、次は、地域のコミョニティセンターの集会室を使って、防犯診断書による説明会が実施されました。

 出席者は、修繕委員長の山川さんをはじめとした修繕委員4名と、設計を行う(株)希望社の担当者とで、合わせて5名。
 
防犯診断書 地図・写真を使い、非常にわかりやす説明書です。


 現地で説明された内容に加えて、「環境、建物、生活習慣」のかなり詳細な点まで、分析してあります。

 結論としては、次の通り。

(1)防犯カメラがあれば、顔が映らないようにして侵入してくるのが泥棒なので、それよりも現実的に泥棒が入りにくい仕様にすることが大切。

(2)廊下側窓の面格子が非常に弱いので、補強すると良いが、その前に、1階廊下側の解放部分全体に格子をはめて、駐輪場や植栽場から壁を乗り越えて侵入できないようにする方が効果的。

(3)非常階段横の排水パイプは、侵入しやすくなっているのでガードを付けることが急務。

 診断した後には、その対策をどうするのか、プロの目から見たアドバイスをもらうことが重要です。物販会社が自社の防犯商品を売るために実施している診断ではないので、信頼がおけます。

 過去のマンションの総会では、何度か防犯カメラを設置しようという話題も出ていて、今回の大規模修繕で検討しようと言う方向でしたが、オッと危ない!(苦笑)

 この結果、防犯強化については、この考え方を盛り込んでもらうよう、設計会社に依頼しました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを614日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
 マンション修繕に対する住民アンケートの実施と並行して、総会・修繕委員会で決定された「マンション防犯診断」を受けます。

 診断依頼先は、日本防犯住宅協会です。この協会は、防犯を単に建物や設備のみからではなく、「環境、建物、生活習慣」の3つの観点から捉える防犯診断を特徴としており、マスコミにも何度も登場されている柴山明輝会長が直接、事前調査を行い、現地で修繕委員に説明いただけます。

 どのマンションでも、防犯については、大きな関心があると思いますが、どこに、いくらぐらい投資すれば効果的な防犯対策になるのか、素人ではわかりません。

 大規模修繕の設計仕様にどこまで盛り込むのかを決めるためにも、この防犯診断が重要となります。

防犯診断1 朝、10時にマンション前に修繕委員が集合します。設計に反映してもらうために、設計会社である希望社の担当者にも、来てもらいました。


防犯診断2 これは、窓ガラス破壊体験です。マンションの窓ガラスと同等のものですが、「こんなに簡単に割れるんだ」と驚きの声。


防犯診断3 マンションエントランスに移動して…


防犯診断4 ポストの点検。
 これ、鍵のかけていないポストがどれ位あるのかのチェックですが、3分の1以上。

 泥棒は、ポストから名前や電話番号の情報を盗んで、在宅を確認してから、侵入する手口を使うから、ポストの管理は大切なのです。

防犯診断5 続いては、各戸の廊下側にある窓の面格子のチェック。格子があるから安全かと言うと…(汗)


 この後、マンション周辺をぐるっと回って、それぞれの住宅の防犯対策やマンション泥棒の下見場所、侵入経路など、防犯と言う観点から、様々な解説を受けます。

 この現地説明の1時間ほどで、参加者の意識がみるみる変わっていくのがわかります。

 そして、次は、近くの地域コミョニティセンターの集会室で、診断書による説明を受けます。(続く)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを613日連続更新中】

 私のブロガー仲間の「あぶりしゃけ」さんが、昨日から一泊二日で大阪に来られています。

 目的は、整理収納アドバイザーのお勉強。

 昨年実施した、「施主ブロガーの意識調査」では、ほんとにいろいろ助けていただいたので、そのお礼として、私が大阪で一番お気に入りのお店「いさおや」にご招待。

 このお店は、誰を連れて行っても、「絶品」の評価をいただく「鳥刺し」や「焼き鳥」をはじめ、オリジナル料理が目白押し。

しゃけはらす1 今回、私の大切な友人を連れて行くということで、お店が特別に用意してくれたのが、「あぶりトロサーモン丼」。メニューにはなくて、お店が特別に用意してくれたものなんです。


しゃけはらす2 「あぶりしゃけさん」に「あぶりトロサーモン丼」!(笑)


 もちろん、「あぶりしゃけさん」と言う名前は伝えていないのに、この偶然!

 掛け値なしで、この「あぶりトロサーモン丼」がとろけるほどおいしいんです。

 あぶりしゃけさんには、大変喜んでいただけて、私も大満足でしたぁ\(^o^)/

 大阪に来たら、御堂筋線の東三国駅近く、この「いさおや」に、ぜひ、お立ち寄りください。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:もっとイイ暮らし
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを612日連続更新中】

 ハウスメーカーの準大手である静岡県の富士ハウスが先月倒産しました。昨年末には、愛知見の東新住建が倒産しています。

 昨年、マンションディベロッパー会社が相次いで倒産していましたが、今度は、注文住宅系の会社です。(東新住建は、マンションや分譲が中心ですが)

 注文住宅系の会社が倒産して、一番困るのは、契約済み、着工済みのお客様で、すでにお金を支払い済みのお客様でしょう。

 倒産と言っても、民事再生とか色々な形態がありますが、いずれにしても、法律によって、保全されるべき財産とその配分先が決まるため、契約金や建設金を返して欲しいと言っても、他の債権者よりも、優先されるものではないのです。

 しかし、その会社が倒産するのかどうかは、一般消費者にはわからないですよね。

 それを見分ける方法はあるのでしょうか?

 残念ながら、決定打はありません。

 しかし、共通した傾向はあるようです。

 それは、「投げ売り」と「契約を急がせること」です。

 たとえば、東新住建は、昨年の夏ごろから、信じられないくらいの値引き販売をしていました。これは、画期的な建設手法で原価を下げて実現した「価格破壊」ではなく、換金目的の「投げ売り」と言うレベルのもので、業界内には、「東新住建は危ないぞ」と噂が立っていました。

 富士ハウスは、倒産時の情報で、契約済み未着工物件が、年間建設棟数約1700戸の約半数もあったそうですから、契約の現場では、かなり急がせた契約を取っていたということが、わかります。

 つまり、契約をして、一部だけでも入金が欲しいという切迫した状態だったということです。

 営業マンにしてみれば、会社を倒産させないために必至だったのであり、決してだますつもりはなかったのでしょうから、その行為を攻めることは難しいのですが、結果として、倒産してしまうと、大きな影響が出ます。

 この会社を継承するという企業も名乗りを上げているそうですから、被害が最小限に収まることを祈ります。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを611日連続更新中】

その名は「エコスカイハウス」

 三菱重工業グループの菱重エステート株式会社等菱興グループ各社及びOM計画株式会社と共同で、2008年度4月よりスタートした「新技術をコアとする超省エネ住宅技術」を実証試験する施設の名称です。

 省エネ技術開発として、昨年度より各種のシュミレーションを行い、超省エネ技術として有効と判断した「太陽光発電+パッシブソーラーハイブリッド技術」、「高蓄熱技術」、「ソーラーベンチレーション技術」の3つの技術開発とそれら技術のシステム化及び実用化を目指します。

 また将来の期待される技術として、蓄電池システム(三菱重工製)の実証試験も平行して実施し、エネルギー自立住宅への展開を図ります。

<エコスカイハウス計画地>
神奈川県横浜市西区北軽井沢 8-56
<エコスカイハウス実証期間>
平成21年2月~平成22年3月

 以上、エコスカイハウスプロジェクトのHPからの抜粋ですが、いくつもの省エネ+創エネの機器やシステムが盛り込まれていて、ここからどれが本格的に普及するのか、興味があります。

 低炭素社会の実現に向け、メーカーさんの取り組みにも拍車がかかっているということなのでしょうね。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを610日連続更新中】

 「1000年後の地球のために、宿泊するだけで世界に貢献できるホテル」というテーマを掲げる『伝説のホテル』。

 とにかく、このショートムービーを見てください。↓↓↓






 私は、このホテルの実現を応援したいと思い、株主の一人になっているのですが、そこに至った経緯は、以前、ブログで書きました。(その時の記事はコチラ

 このプロジェクトが、未上場会社の株式売買ができるグリーンシートの銘柄に指定され、今、株主を募集しています。

 わずか11万円からの投資で、このホテルの株主になることができるチャンスです。

「泊まることで、世界のためになるホテル」
「泊まるだけで、世界中の幸せと繋がることができるホテル」
「泊まるだけで、家族や仲間、自分自身を大切に思えるホテル」


 世界の問題を解決するための「100個の壺」チャリティや、自分だけでなく困っている誰かにも届く「W購入」など、新しい形の社会貢献スタイルも行われます。

 一度株主になると、『伝説』の一員として、様々なサービスが継続的に受けられます。それに、『伝説のホテル』がこれから成し遂げようとしている夢のステップをご一緒に肌で感じていただけるだけでなく、ご自宅に居ながらにして社会貢献の醍醐味も味わえます。

 つまり、伝説のホテルをずっと応援し続けることで、投資した金額の何倍もの満足感を得られるのです。誰もが潜在的に持っている「世の中の役に立ちたい」という願いと自分へのリターンが両方叶えられる、今までになかった「参画する喜び系」の投資だと思います。

 もちろん、上場して、投資した以上の値が付けば、キャピタルゲインも手に入るのでしょうが、私は、それよりも、このホテルの実現を応援することに、価値があると思っています。

 ぜひ、この伝説のホテルを応援するために、株主になってください。

 「伝説のホテル」が実現する素晴らしいシーンがいくつものショートムービーになっています。

 こちらのサイトから、ご覧ください。

 感動します!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを609日連続更新中】

 面格子を破壊するのに、どのくらいの時間が掛かるのかご存知ですか?

 実は、縦格子は9秒、ヒシクロス格子57秒です。(都市防犯研究センター「JUSRIリポート16号」のデータ)

 平成9年に比較すると、2倍以上になってる住宅侵入被害で、防犯に関心を持つ消費者が増えていますが、住宅建築に携わる人は、まだまだ意識が希薄です。

 私が顧問を務める日本防犯住宅協会では、住宅建築に関わる会員さんに向けて、お客様に泥棒の目線を伝え、泥棒が侵入しにくい安全な家づくりの思想を伝えることで、「お客様に感謝される会社」になって欲しいとPRしています。

 日本防犯住宅協会の会員工務店さんに、建築、リフォームを依頼されると、そのお客様に、協会からの防犯の啓蒙メールが毎週携帯電話へ届くと言うサービスもあり、工事が終わった後も、継続して防犯の啓蒙を受けることができます。


 日本防犯住宅協会では、これまでの設備や建材だけの防犯対策ではなく、泥棒が見て攻撃しにくい防犯対策を研究し、「建物」だけでなく、「住む人」と「地域環境」までを含めた防犯診断と対策提案を普及啓蒙をしています。

 この活動を通じて、安全な家づくり・街づくりを広げ、子供や女性が安心して生活できる日本をつくることが願いです。


 この日本防犯住宅協会の建築・工務店向けセミナーが19日(木)に開催されます。

■内容
 ・ 泥棒目線の住宅・地域環境の見方を知り、体験する
 ・ 防犯に関心があるお客様に2倍集まってもらう方法
 ・ 協会がサポートする会員企業とお客様が継続のお付き合いができる仕組とは

■開催日時
  東京 2月19日 (木)14時~17時(会場 東京 お茶の水)

*講師紹介 日本防犯住宅協会 会長 柴山 明輝(しばやまひろき)

名古屋市生まれ。トーヨーサッシ(現トステム)に入社、営業・商品企画を経て、34歳で父親の会社を継ぎ、社長就任。2000年事務所が防犯対策を講じていたにも関わらず、3度の侵入被害に遭った事。友人の奥様が、侵入被害に遭ったことで心に傷を負い、不眠症になってしまった事から、本格的に防犯対策を研究する。
2005年独自に開発した、日本初人・建物・地域環境をトータルで診断する
「柴山式防犯診断書」を、ビジネス専門情報誌大手日経BP社が採用する。
これまでに大手の警備会社・ハウスメーカー・建材メーカーはじめ、150社以上の企業、
埼玉、愛知、新潟の自治体がこの防犯診断を学ぶ。
2008年5月日本防犯住宅協会を設立し、会長に就任。

まだ、残席があるとのことです。

詳細は、こちらです。

是非、多くの建築・工務店さんが参加されることをお勧めします。


 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを608日連続更新中】

 照明が、ここまで空間を変えることができるのか!と感動させる「デリシャスライティング

 続いての展示は、バスライト。
デリシャスライティング06 これ、ミニチュアの浴槽。


デリシャスライティング07 時間がたつと、光の色が変わります。

 ゆったりとした気分にさせてくれそうです。


デリシャスライティング08 こちらは、かなりシャープな光がテーブルに注いでいます。


デリシャスライティング09 これ、「ハードボイルドな光」


デリシャスライティング10 天井から、スポットライトを当てているという工夫の一品。

かなりおススメですよ。


 こんな工夫が満載の本「デリシャスライティング

 ぜひ、一度読んでみてください。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを607日連続更新中】

 横浜のランドマークタワーにあるTOTOさんのショールームで開催された「デリシャスライティング

 本で見たものが、実際に再現されているのを見ると、やはり、感動が違います。

デリシャスライティング01ここが入口


デリシャスライティング02 最初の展示は、こちら。
ソファの下に、市販の蛍光灯を置くだけで、こんなにいい感じ


デリシャスライティング03 洗面台には、上部からのスポットライトが当たっていますが・・・


デリシャスライティング04 シャワーを出すと、ほらこの通り!


デリシャスライティング05 名づけて、
「光のシャワー」


 こんな感じの展示が続くのですから、たまりません(笑)

 明日に続く…。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを606日連続更新中】

 「住まいと電化」の対談シリーズで、先日お会いしたのが、ライトデザイン社の代表である、照明デザイナーの東海林 弘靖さん。

東海林さん ライトデザイン社のオフィスにて。


 「照明デザイナー」と聞くと、大きな商業施設とか美術館とかイベントとか、沢山の窓から差し込む光や照明を使って、演出を凝らすデザイナーをイメージしますが、もちろん、東海林さんも、そう言う照明デザインを手がけて、数々の賞を取っていらっしゃる方です。

 住宅の照明については、かなりこだわりのあるクライアントから、年に1件、手がけられるかどうか、と言う人です。

 となると、「住まいと電化」と言うタイトルの雑誌とは、いささか遠い人のように思えるのに、なぜ、対談の相手として、お願いしたかと言うと…。

デリシャスライティング←これです。

その名も、
「デリシャスライティング」(HPはこちら


 この本で、紹介されているのは、あまりお金をかけずに、しかも、ショップで手軽に購入できる照明器具を使って、住まいと暮らしを豊かにするライトデザイン。

 食事になぞえて、「おいしい明かり」と名付けたこの本に、とても惹かれたからです。

 東海林さんとの対談の内容は、4月号の「住まいと電化」で掲載されるときに改めて紹介するとして、今回取り上げるのは、この「デリシャスライティング」と言う本の中身の実物展示。

 次回に続きます。
 
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを605日連続更新中】

 「住宅の未来とこれからのオール電化」と言うテーマで、昨年春から続いている住宅専門誌「住まいと電化」の対談シリーズ。

 2月号では、その7回目で、

「エコはクールでかっこいいこと!みんながいいと思えるエコを広げていきたい」

と題し、日本カーボンオフセット協会会長の井手敏和さんと対談しました。

 井手さんは、しあわせデザイン研究所も加盟している「ロハスビジネスアライアス」の代表で、これまでも何度もお会いしていることから、私が対談をお願いしたのです。

 そんな仲ですから、これからは、ロハスな生き方がカッコイイと思われる世の中にしたい!と意気投合。発電によるエネギーが暮らしに欠かせない以上、オール電化もエコに使う意識が大切だろうと熱く語りあいます。

 ほんの少し対談のさわりをお見せすると・・・、

【馬渕】 最近では当たり前のように使われるようになっているロハスという言葉なのですが、きちんと定義を語れる方は多くないと思います。・・・ロハスというのは、そもそもどういう考え方なのでしょうか。

【井手】 ロハスというのは元々アメリカで生まれた言葉で、「ライフスタイルズ・オブ・ヘルス・アンド・サステナビリティ」の略語です。ヘルスは健康、サステナビリティというのは持続可能なというような意味ですが、要は地球や環境に配慮し健康に生活をするということですね。個人個人が自分の健康も地球の健康も配慮しましょうというライフスタイル、価値観です。日本でも4人に1人がロハス層であるといわれています。

【馬渕】 そんなロハス的な価値観から、御社はカーボンオフセットの普及に取り組まれていますね。現在の活動状況をお聞かせ下さい。

【井手】 ジーコンシャスという会社は2007年11月に創業したばかりの若い会社なのですがジーコンシャスのジーは、グリーン、ガイヤ、グローバルウォーミングといったエコに関わる言葉でGがつく言葉が多いので、それを象徴するということでつけました。そしてコンシャスというのは意識をするという単語ですので、会社としては人々にエコの意識を持って貰うために活動することをミッションとしています。その中でまず1年目はカーボンオフセットをソリューションの一環としてやろうと決め、2007年12月にcarbonpass.jpという排出権を活用した個人向けのサイトをオープンしました。4月には携帯サイトもオープンする予定です。

【馬渕】 カーボンオフセットは「住まいと電化」でも取り上げていますが、一般の方にはなかなかわかりづらい仕組みですね。個人なり企業なりが排出したCO2の量を特定し、それを地球の違う場所で削減した分と交換する。要はその人が出した分と削減した分を地球的にバランスをとってゼロにするという考え方ですが、もっと一般消費者に参加してもらえる取り組みが必要ですね。その意味でも井出さんの活動は有意義なものだと思います。

・・・(続く) 



 こんな対談が続きます。

 また、今回の2月号の「住まいと電化」の全体特集は、
「もっと知りたい!オール電化賃貸住宅」で、私は、上記の対談の他にも、次の記事を執筆しています。

■「賃貸住宅フェア」にみる市場動向について

 毎年、全国で開かれる「賃貸住宅フェア」が昨年は全国4会場で開かれたのですが、そのすべての会場をウオッチングしてきた私が、最も最近開かれた10月の大阪会場の様子から、最新の賃貸住宅マーケットの市場動向をレポートしています。


 それ以外にも、下記のような記事が並んでいます。

○なぜ、オール電化賃貸住宅なのか?/東京電力/草刈和俊

○賃貸住宅市場をとりまく環境について/日本賃貸住宅管理協会/長井和夫

○賃貸住宅の紛争防止を目指して/国土交通省 住宅局住宅総合整備課

○オール電化賃貸住宅の可能性/積水化学工業/塩 将一

○メンテナンスが楽で、きれいに長く住めるオール電化で、長い間快適に住んでいただける賃貸住宅を目指して/パナホーム不動産/前田昌則

○URでもオール電化/都市再生機構/笹岡太郎

○オール電化公営住宅・公社住宅普及への取り組み/関西電力/徳本有紀

○提供するのはモノではなく空間/サンワカンパニー/森本佳和

○ユニフローラ(I・II)トラウムハイム/大和ハウス工業

○オール電化賃貸事例紹介/大和ハウス工業/中村喬洋

○「賃貸住宅フェア」にみる市場動向について/しあわせデザイン研究所/馬渕裕嘉志

○オール電化リース制度紹介

 通常は、年間購読本なので、書店に置いていないこともしばしばですが、興味を持たれた方は、「住まいと電化」サイトから、1冊単位でも購入できます。

 オススメです。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位
テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを604日連続更新中】

 昨日は、東京で、第1回HaLAフォーラムに参加してきました。

≪HaLA≫とは、次の理念に共感する企業の集まりで、私の会社も参加しています。

 お客様のハッピーライフの実現に
 みんなでそれぞれ一役買おう
 未来の子供たちのために美しい社会と環境を
 引き継ぐためにみんなでそれぞれ一役買おう
 そして、働く仲間のハッピーライフの実現に
 みんなでそれぞれ一役買おう



 今回のテーマは、
『教育現場が愛と感動のサービス業に代わるとき日本の未来に奇跡が起こる!』

 基調講演は、元正木小学校校長・現岐阜県教育事務所課長の西原朗様です。正木小学校は、岐阜市内の学校で、私の故郷にある学校です。

 西原さんは、2年間の校長時代に、公立の小学校を「愛と感動のステージ」に変えられた先生として、地元のマスコミにも、たびたび取り上げられた方です。

 その内容は、HaLA代表の小松さんのブログに書かれていますが、その素晴らしさを文章で伝えるのは、非常に難しいので、どこかで機会があれば、ぜひ、直接、そのお話を聞かれると良いと思います。

 自分の子供の通う学校に、こんな校長先生がいたら、うれしい!!と心から思える先生です。

 「軸がブレない生き方、仕事の仕方」を目の当たりにして、自分もこうありたいと、本当に感動しました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを603日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
 大規模修繕で、建物の劣化診断に基づき、維持のために行う工事については、「実施ありき」で進めることができますが、改良工事やグレードアップ工事は、その必要性や優先順位について、住民の合意を得るのは、大変なことです。

 合意形成のために、一般的に行われるのが住民アンケートで、その内容は、次のようになっています。

1、建物に関する不具合

2、室内に関する不具合(漏水や玄関ドア、窓など)

3、バルコニーの状態

4、日常で、不都合を感じている点

5、過去の修繕検討項目で未実施のもの

6、自由意見

 このアンケートは、今後の工事方針を左右するものとなるため、非常に大切なので、山川委員長は、次の手順を取ります。

1、管理会社に指示をして、過去の修繕履歴と過去の総会や理事会で検討に上がったが、実施されなかったものをリストアプさせます。

2、それを設計コンサルティング会社に送って、アンケート案を作成してもらういます。

3、大規模修繕委員会を開催し、説明を行い、修正を行います。

 その委員会で、次のような心配の声が上がります。

 「過去の検討項目は、その時の経緯を忘れている人が多いと思うし、改良・グレードアップ検討項目は、具体的なイメージがわかなかったり、必要性について、素人では判断できないよね~」

 そこで、山川さんは、マンション管理士としての見識を活かして、修繕検討項目ごとに、その内容の詳細と優先度に関するコメントを作成し、アンケートに添付するのです。
3、上記2については、項目ごとに、過去の検討経緯や内容を書くと共に、今回の工事における優先順位を「高・中・低」の3段階で評価します。この評価は、「マンション管理士からのコメント」と言う権威付けをします。

 たとえば、次のような記述です。

【オートロックシステムの交換】
■修繕検討項目の内容
 平成○○年の総会で、大規模修繕の話題が上った際に、現在の鍵による開錠方式は、劣化しやすく、定期的な修理が生じているため、指紋錠やICタグキーなど、最新のオートロックシステムへの変更の意見が出されました。

■マンション管理士からのコメント
 *優先順位=高
 方式が古く、定期的な修理代もかかることから、維持管理が容易で、セキュリティ機能がアップしたシステムへの変更が望まれます。

【地上デジタル放送対応工事】
■修繕検討項目の内容
 平成○○年の定期総会で対応工事が議案となりました。定期総会時に出席者に対して地上デジタル放送の視聴状況を聞いたところ、一部のチャンネルで映りが悪いものの、概ね支障が無いとの意見から対応工事は見送りとなっています。

■マンション管理士からのコメント
 *優先順位=低
 今後、本格実施により、電波そのもの改善が行われる可能性が高いので、現時点で対策することは、早計だと思われます。

 これによって、住民が判断しやすくなり、合理的な合意形成につながります。

 そして、アンケートが全戸に配布されました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを602日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
 築17年目を迎えるマンションの大規模修繕の必須項目は、外壁(現況はタイル)の補修、屋上防水、鉄部塗装です。前回、築10年目に行った中規模な修繕工事の際には、屋上防水の部分補修工事と鉄部の塗装でしたから、外壁補修は初めての工事となります。

 タイルの目視点検では、欠け落ちたり、あきらかに剥脱しそうな部分は、見られませんが、一般的に外壁タイルの補修は、12~18年程度で必要と言われていますので、今回、足場を組んで、ハンマーで叩いて、タイルが浮いているところは、接着剤を注入します。

 この工事が、最も大掛かりでお金のかかるものとなります。

 放っておくと、タイルが落ちてけがをしたり、水がタイルの隙間から入って、コンクリートを弱くしたり、鉄筋をさびさせたりと言う現象につながるので、マンションを長持ちさせるためには、とても大切な工事になります。

 このような、いわゆる「維持」のために必要な工事は、一定の周期で行うことになりますが、使い勝手を良くしたり、美観を維持するための工事も、暮らす人にとっては、大切です。それが改良工事だったり、グレードアップ工事と呼ばれるものです。

 たとえば、枯れてしまったアプローチの植栽を植え替えるとか、高齢化に備えてスロープを付けることは、改良工事ですし、集合ロッカーを付けるとか、オートロックを指紋認証のものに変えるとか、時代に合った機能を付加することは、グレードアップ工事と呼ばれます。

 改良やグレードアップがされていると、仮に、中古マンションとして売り出す時でも、価格への反映まで影響があるかどうかはケースバイケースだとしても、売れ易さにつながることは間違いないでしょう。

 そもそも、修繕積立金が少なければ、建物維持のための修繕しかできませんが、今回のマンションは、1戸あたり100万円程度の積立があり、しかも、工事費削減の設計コンサルタントが入っているので、改良やグレードアップ工事も、視野に入れることができます。

 これは非常に喜ばしいことですが、困るのは、プラスαの工事ができるとなったら、どれを優先するのかの合意を取ることです。

 そのため、一般的な大規模修繕では、住民アンケートを取ることが普通ですが、単に、「要望はありませんか?」と書くだけでは、ばらばらな意見が出て、収拾がつきませんし、よく出てきそうな項目を並べて、どれが良いですか?と選択肢が示されても、優先順位を付ける基準を持ち合わせている住民は、ほとんどいません。

 このあたりから、適切な工事を住民の合意で決めて行くと言う難しい場面に入ってきます。

 そこで、大規模修繕委員長の山川さんが取った手段とは・・・(続く)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを601日連続更新中】

 環境省が、家庭での省エネ=CO2削減に向けて、面白いサイトを開設しました。

 自宅で使用中の家電を最新の省エネ家電に替えると、年間消費電力量や二酸化炭素(CO2)排出量をどれくらい削減できるかを紹介するウェブサイト「しんきゅうさん」がそれです。
 
 「しんきゅう」とは「 新 旧 」のことで、エアコン、冷蔵庫、テレビ、照明器具の4品目について、現在の機種を新しいものに買い替えた場合、ウエッブサイトのページに、製品の購入年、メーカー、型番などを選んだ後、購入を検討している製品の型番などを選択すると、年間消費電力量、電気代、CO2の削減量の目安が表示されます。

 さらに、「くわしく比較」と言うページでは、実際に家電を使用している部屋の広さや時間などを入力すれば、より詳細な削減量も知ることができます。

 家電量販店などでは、展示してある製品に専用の二次元バーコードを掲示し、携帯電話で製品の情報を読み込めるようになっていて、自宅の家電製品のデータをメモして持参すれば、その場で消費電力量などを比較できるようになっています。

 わが家も先日冷蔵庫を替えましたが、その時は、自宅から既存の製品の取り扱い説明書を持参し、寸法、収納容量、消費電力を比較。

 新製品は、寸法は、そのままなのに、容量が大きくなって、さらに消費電力が少なくなっているんですね。

 技術の進歩に、感心しました。

 今後、楽しみながら省エネにつながるサービスが、沢山出てくると良いですね。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを600日連続更新中】

 つい先日、連続555日のブログを書いて、「ゴーゴーゴー」のゴロの良さに、ちょっとはしゃいだ記憶が残っているのでですが(笑)、それから早くも45日過ぎて、無事600日連続を達成しました。

 実は、ほんの数日前、2日連続の徹夜に近い状態があって、いつもなら朝からお昼までには更新するブログが、夜の7時になってしまいました。

 その日、お昼過ぎくらいから、今まで、よくコメントをいただいている何人かの方より、「ブログ更新されてませんよー」「何かあったんですかー」と言うような心配メールをもらい、応援してくれている読者の存在が、励みになるなぁと改めて感謝した次第です。


 ブログを書くこと、そして、それを続けることは、自分の本気を示す大きな手段です。

 ブログを通じて知り合えた人も、沢山います。

 ビジネスにおけるブログコミョニケーションについては、コンサルティングまでできるようになったのは、理屈を超えた実践があるからです。

 連続記録のためではなく、発信することがある限り、ブログを続けて行きたいと思います。
 
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを599日連続更新中】

 昨日の記事で、トヨタ自動車+トヨタホーム+東京電力の新しい賃貸住宅のテーマ「車と住まいが融合すると…」に、とっても、イケてるメールをいただきましたので、ここで、紹介。(一部、ご本人の素性がわかりそうなところをカットしてます)

電力会社から電気を買って電気自動車に乗る
もCO2削減効果は大きいですが、

『各家庭で太陽光発電』

『電力を電気自動車へ』

『コストは○○年でペイ』

があるべき姿かな、と思います。

※自動車は地域・生活スタイルに合わせて
電気自動車 ~ 200km
プラグインハイブリッド ~ 500km
※長距離、大型車・トラック/バスは
燃料電池自動車でCO2削減



太陽光発電の電力で電気自動車に充電するなら、電力会社の発電源が石油火力なのか原子力なのか関係ないので、エコ論争に巻き込まれません。

 しかも、電気自動車も、現状の能力に合わせて使い、他の自動車の動力方法も、最適にすれば、経済合理性も、実現できます。

あと地球を点として捉えたトータルCO2削減
を考えるのも大事ですが、今着目してるのは
『熱分散』

都市部のヒートアイランドを避け、
都市部の集中豪雨を防ぐため。
個人的には、住宅密集地でエネファームは
トータルCO2削減だが、熱が集中するため
「いいのかな~?」と考え中。。

CO2は減るが、熱排出量が増える/集中する、
そんな副作用が少ない/無いような
『家と車』
を考えていきたいと思いました。



 そうですね。熱の問題は、CO2との関連性も高いのですが、都市部のヒートアイランド現象まで、考察する必要がありますね。

 このメールをいただいた方は、その道の専門家(ある会社で、研究開発をしている人)なので、指摘が鋭いです。

 メール、ありがとうございましたぁ。
 
 どうせやるなら、冒頭の3社さん、ここまで考えた「車と住まいと暮らし」を考えてくださーい。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位


テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを598日連続更新中】

 トヨタホーム・トヨタ自動車・東京電力とがコラボレーションして、「車と住まいの融合」を基本コンセプトとした賃貸住宅「シーズンステージ ef(エフ)」を作ったというニュースが流れました。

 1月30日に東京都新宿区にできたそうです。

シーズンef これがそのパースです。


 東京電力の遊休土地に建てられたこの建物は、102~137平米の賃貸テラスハウスで、家賃は38万円~50万円に設定されています。

 特徴としては、「耐震等級3」+「省エネルギー対策等級4」+「オール電化」の仕様で、不動産情報的に細かく列挙すると・・・

●オール電化住宅
●リモコンシャッター付ビルトインガレージ(センサーライト、電気自動車専用200ボルトコンセント設置)
●エントランスゲートはリモコンシャッター付き
●トヨタホーム施工(エスパシオシリーズ)
●耐震躯体の鉄骨ラーメンユニット工法
●次世代型省エネ住宅
●食器洗浄乾燥機
●浴室テレビ

 インナーガレージがあって、電気自動車用コンセントがあるのは、さすが電力会社の企画と言う感じです。

 どんな人が住むのか、興味津々。  

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを597日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
  LED等の高価な照明灯を使わずに、既存の蛍光灯の省エネ改良でもなく、既存の蛍光灯を活かすことで、照度が倍になる「エレハーフ」。

 一度、器具を取り付けてしまえは、後は、従来の20W蛍光灯の代わりに、10Wの蛍光灯を付けるだけです。10Wの蛍光灯って・・・ホントに安いです(笑)から、万が一破損しても、安価に変えることができます。つまり、製造コストは、すでに、改良を重ねられている省エネ性の高い良い商品だと言えますが、これも、大きな魅力のひとつ。

 最近のマンションは、廊下や階段等は、埋め込みのシーリングライトに、電球型蛍光灯を付けるようなオシャレなデザインのものが増えていますが、自転車置き場は、多くが20Wの蛍光灯ではないかと思います。

 山川さんのマンションも、平成4年に建設されたのですが、廊下灯のタイプは埋め込み型のシーリングライトですから、取り換え対象は、自転車置き場です。

 また、防災型で、非常灯に切り替わる蛍光灯には、エレハーフは使えません。

 と言うことで、今回、対象になったのは、自転車置き場の6灯のうち、非常用型でない5灯。

 また、屋上に通じる階段灯りも取り換え対象になったのですが、防水型だったので、こちらも該当せず。

 と言うことで、20W蛍光灯をエレハーフに変えた実際の写真がこちら。

エレハーフ ビフォー1 ビフォーの写真1です)

エレハーフ アフター1 同じ角度からのアフター1

エレハーフ ビフォー2 別の角度のからのビフォー2

エレハーフ アフター2 上の同じ角度からのアフター2です。


 どうでしょうか。

 明らかに、10Wエレハーフの方が、明るいんです!(笑)
 
 こうして大規模修繕の前に、今すぐ着手できるマンション共用部分の電気代の省エネ。

 今すぐ相談したい方は、左側の縦ナビのCONTACT欄を使って、ご連絡ください。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを596日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)
マンションの廊下・階段や自転車置き場などの電灯(20W蛍光灯)の電灯料金を確実に半減できる蛍光灯が、エレハーフ。

 その原理は、きわめて簡単なのですが、とってもユニーク。

 20W蛍光灯の代わりに、反射板のついた10Wの蛍光灯を付けるだけなんです。(正確には、器具の裏側の安定器取り換えも必要ですが)

 ただし、10W蛍光灯は、20W蛍光灯より短いので、その長さを補うアダプターを付けます。

エレハーフ1これがその実物。

普通の20Wの蛍光灯と並べるとこの通り。

エレハーフ2断面図はこんな風になってます。


 たかが反射板をつけるだけで、明るさが2倍になるの?と私も最初、疑問に思いました。

 実は、蛍光灯は、スイッチを入れると、360度で周りを照らします。つまり、天井側も照らしている訳です。

 もちろん、従来の器具も、天井側は白くして、反射させている訳ですが、それでも、かなりの光がロスします。

 これに対して、エレハーフは、鏡を付けて、天井側に逃げる光を下側に返します。

 さらに、その鏡も角度を付けて、上方に拡散している光を上手に下側に返すのです。

 これを見たとき、「へぇ~」と思わず声を出してしまいました。説明されれば、きわめて合理的なのですが、誰も考えたことがない。つまり、特許が取れると言うことで、申請が受理されたのです。

 しかも、当然、LEDのような1万数千円もしませんから、取り付け費用は、2年程度で回収できます。CO2の削減にもつながります。

 ちょっと、感動しません?(笑)

 と言うことで、こちらも、電子ブレーカーと同様、大規模修繕費用の取り崩しが不要な日常修繕工事でできるため、早速、マンションに取り付けることにしたのです。

 果たして、その効果は・・・(続く) 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを595日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)

 大規模修繕に先立ち、マンションのエレベーターや揚排水ポンプの動力の電気料金を年間10万円も安くする電子ブレーカーを岐阜県で初めて導入したのですが、もうひとつ、今度は、供用の電灯料金を確実に安くする照明器具がありました。

 それが、「エレハーフ」と言うL社の特許申請商品です。

 最近、省エネ照明と言うと、LEDが取り上げられます。消費電力は、蛍光灯の半分程度ですが、その価格は、20wの蛍光灯でも、1万数千円しますから、一般の住宅では、なかなか使えません。

 しかし、この「エレハーフ」は、価格は、楽に手の届く範囲で、LEDと同じように消費電力が半分程度に下がると言う、商品なんです。

 しかも、思いきりユニーク(笑)

 その商品を見たら、きっと、誰でも、にやっとします。(続く)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを594日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)

 元電力会社社員で、新築の建物や設備の設置・入れ替えに伴う電気契約の担当だった山川さんは、この電子ブレーカーの仕組みが、合法でかつ合理的であることに確信を持ちます。

しかし、山川さんは、慎重に話を進めるため、自分のキャリアを隠し、この電子ブレーカーの販売会社の営業マンを招いて、質問を浴びせます。

「ブレーカーの検査は、どこでやったのか?」
「電力会社は、公式に認めているのか?」
「100%落ちないという試験や保証はあるのか?」
「もし、落ちたとしたら、どこかすぐに飛んできてくれるのか?」

それでも足りなくて、

「全国の導入箇所、特にマンションの導入事例を、すべてリストで見せてください」
「電力会社が認めていると言う証拠(試験実施&認定書等)を見せてください」

と根掘り葉掘り聞いて、その試験結果書を見ても、念のため、実際に、電力会社に電話までして、確かめます。

 挙句の果ては、その販売元の本社まで訪問して、直接、同社の会長に話を聞くと言う念の入れよう。。。

 その結果、この電子ブレーカーは、機能・性能的にも安心なものであると確信を持ちます。

 また、設置コストは、大規模修繕に含めなくても、毎年計上する日常修繕費の範囲内に収まりますので、総会にかける必要がありません。 

 従って、電子ブレーカー導入の発案は修繕委員会でも、理事会の承認を得て、岐阜県内のマンションで初めての導入となります。

 電気料金の削減金額は、毎年10万円ほどで、設置費用は、わずか5年程度で回収でき、それ以降は、毎年、安くなった電気料金を維持できます。

 電気料金は、使う量に応じた電力量料金と契約電力に応じた基本料金とで構成されますが、前者は、原油の価格等により、毎年のように変わりますが、後者は、長い期間変わっておらず、今後も簡単に変わる性格のものではありません。

 従って、電子ブレーカーによる電気料金削減効果は、確実だと言えるでしょう。
 

 しかし、同社の節電商品は、これだけではありません。

 山川さんが同社を訪ねた際に、「今、特許申請中だけど・・・」と言うことで、またまた、「コロンブスの卵」の、今度は、照明商品を紹介されます。(続く)


 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを593日連続更新中】

 (これまでの記事は、右側縦ナビの「SEARCH BOX」で「大規模修繕」と入力して、お読みください)

 元電力会社社員で、マンション管理士、住まいづくりにも精通している山川さんが、「目から鱗(うろこ)」だと脱帽した節電システム「電子ブレーカー」の仕組みは、こんな風になっています。

 まずは、電気料金制度に関する知識が必要です。

 一般家庭では、照明もコンセントから使うドライヤーでもエアコンでも、あるいは家庭内エレベーターでも、それが100vでも200vでも、同じ「電灯契約」と言う料金種別で、契約をしています。これ、たぶん、玄関とか勝手口とかに、分電盤が付いていて、一度に電気を使いすぎると、ブレーカーが飛んで、停電になりますよね。

 ドライヤーを使い始めて、しばらくするとブレーカーが飛んだリするのは、その制限容量の何十%以上の電流が流れた際に、連続して何分以上だと切れる、という機能があるからです。

 それは法律でも決まっています。

 家庭の場合、このブレーカーの制限要領=電気料金の契約容量となっているのが、ほとんどです。


 一方、商店や工場などのエアコンや機械は、「低圧電力契約」と言って、同じ200vでも、より効率の良い三相方式となっています。
 
 この低圧電力の契約は、使う機器の馬力を積み上げて、それを一度に使うことを想定して、決めます。

 これが、どの電力会社でも、1kwあたり、約1000円/月の基本料金となっています。

 マンションであれば、エレベーター・揚用排水ポンプ・機械式エレベーター等がこの低圧電力契約になります。廊下や階段の電灯は、家庭と同じく電灯契約となります。(大型のマンションだと、この低圧電力と電灯の合計容量が50kwを超える場合、高圧契約となって、まったく違う契約になります。)

 低圧電力のブレーカーは、一般的には、この機器(専門用語では、負荷設備と呼びます)が全部動いても、飛ばないよう、余裕を持った容量のものを付けています。

 しかし、マンションにあって、エレベーターや楊排水ポンプがすべて同時に動くことって、どれくらいあるでしょうか?
 
 仮に動いたとしても、その時間は、非常に短いですよね。仮に、子供が悪戯をして、エレベーターで遊んでも、断続的に一旦止まります。

 と言うことは、もし、低圧電力の契約kwを、この使用実態に応じて決めることができれば・・・に着目したのが、電子ブレーカーです。

 電力会社の定める低圧電力契約の基本容量の決め方は、先ほど説明した負荷設備の積み上げによるものとは別に、ブレーカー契約と言うものがあります。

 しかし、従来のブレーカーだと、容量オーバーの電流が流れると、すぐに飛んでしまいます。

 それに対して、電子ブレーカーは、電気用品安全法と言う法律で決められた性能の範囲内で、一時的な制限容量オーバーに耐えられるよう電子制御方式になっています。

 これを使って、

 負荷設備の積み上げ容量>ブレーカー容量
 
とすることで、基本料金が必ず安くなるのです。
  
 しかし、もし、想定より長く機械が動いて、ブレーカーが飛んでしまったら・・・と言う不安が残ります。

 山川さんは、確かに理にかなっていると思いましたが、もし、山川さんの提案で、電子ブレーカーが設置された後で、ブレーカーが飛んだら…と言うことのないよう、様々な角度から検討を始めました。(続く)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り
←【20年度上半期=全国1位