アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 昨日から、7年前の起業を振り返るシリーズを書き出しましたが、
いきなり中断ですみません。

 2日前は会社の送別会と言う意味での退職記念日。

 今日、9月30日が正式な退職日。

 オフィスの机の整理や、荷物の搬出、パソコンデータの整理の最終期限日でした。

 という事で、夜中3時までかかって、きれいにしました。

 日付は10月1日になってしまいましたが・・・(^_^;)

オフィス全体 正面奥が私のデスクです。

机ズーム 近づいたらこんな感じです。

7年間座った椅子 7年前から使っている椅子。

キレイに片付いた机 キレイに片付いたデスクの上。


 様々な思い出が頭をよぎり、万感の想いです。

 7年間過ごしたオフィスに深々と頭を下げ、
「ありがとう」と声を出して、お別れを告げました。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続127日)】
テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 私が、リブネットを設立したのは、平成12年7月。
この事業アイディアを考え出したのは、その1年以上前でした。

 当時、私は中部電力本社の営業部で、
オール電化住宅普及を担当する部署にいました。

 そこでは、「住宅」という言葉こそ使いますが、
電力会社が住宅そのものを扱っているわけではなく、
IHクッキングヒーターや電気温水器を普及させるために、
「オール電化住宅」と言う言葉を使っていたのです。

 平成9年から、その部署に異動になり、
不動産や住宅のことを勉強し、名古屋や岐阜の住宅展示場は、
ほとんど訪れ、大手ハウスメーカーの営業マンと懇親会をして、
住宅営業の何たるかも学びました。

 そこで、感じたのが業界側と消費者側の大きなギャップ。

 消費者側は住宅に関する購買経験が乏しく、
不安が先に立ちます。

 巷には住宅に関する書籍があふれ、住宅展示場も
あちこちにあるのに、中部電力の社員からは、
「どこか良い住宅会社を紹介して欲しい」というリクエストが、
私の元にたくさん寄せられていました。

 つまりは、住宅業者の情報は溢れているのに、
そこから最適な建築依頼先を選ぶサービスが整っていないのです。

 結婚式には結婚式情報センターがあり、
入試には予備校があるかのごとくには、インフラが整っていないため、
消費者は不安な気持ちが一杯なまま、
「家づくり」という戦場に駆り出されていることになります。

 かくして、そこからたどりついたのが、現在のリブネットの仕事です。

 消費者のエージェントになって、最適な建築依頼先を探し、
マッチングさせ、家づくりを成功させるビジネスが、
世の中に必要なのではないか?という想いでした。

 そんな折り、中部電力内で社内ベンチャー制度ができて、
起業家を公募すると言うのです。

 当時は、本社の管理職に昇進したての頃で、
会社の課長とか部長とか、マネジメントができる
エライ人になる路線を歩み始めた頃。

 しかし、元々入社の動機である「社会貢献」へのこだわりから、
自分の人生を賭けて、このテーマでベンチャーに挑戦したい!
と言う気持ちが沸々と湧き上がってきたのです。 (続く)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続126日)】
テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 今日が私の退職日です。22年間所属した中部電力を退職し、
同時に7年前に社内ベンチャーとして設立したリブネットも退職しました。

 その想い、今後の計画は、次の通りです。
1、リブネット7年間の経験を活かし、
住宅プロデュースサービスを広く社会に認知させる普及活動と
住宅関連分野での企業向けコンサルティング、講演、執筆等を行います。

2、社内ベンチャーの起業・事業経験を活かし、企業内新規事業および
起業家向けのコンサルティング、講演、執筆等を行います。

3、現在、私がコンサルティングしている関西電力様向けの
オール電化推進プロジェクトを、引き続きリブネットと協力して行います。


中電玄関 今日は1日、中部電力で挨拶回り。
 最後の記念に正面玄関で撮影。
 100人以上の知人を訪ねました。
 「馬渕らしい」「頑張れ」の励ましを沢山もらいました。

集合写真 夜は、リブネットの送別会。

花束贈呈 設立前から一緒に頑張ってきた水越さんから
 花束を頂きました。
 ありがとう!

徳ちゃん新ちゃん 社内ベンチャーの共同提案をした徳田君と
設立以来のスタッフの新保君です。
 私は完全な酔っ払いモードです。


 住まいづくりで生活者も事業者も幸せになり、心豊かな家族と社会を作りたい!
それが、7年前の起業の精神です。

 そして、それをもっと力強く進めるための2度目の起業を計画しています。

 これから益々パワーアップする「しあわせデザイン研究所」の応援をお願いします。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続125日)】
テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 この秋、関西電力さん主催の「オール電化キャンペーン」で、
「オール電化試着コーナー」が各地のイベントで登場します。

 今日は、その準備のための研修会を視察するために、
同社の神戸支店にお邪魔してきました。
関電セミナー ←研修会の様子です。
 大阪オフィスのスタッフが講師です。


 これは、以前から関西電力さんと一緒に取り組んでいる、
住まいづくりのサポートサービスによるもので、
難解な建築用語や平面図(間取り図)だけでは、
なかなかイメージできない新築やリフォームの完成イメージを
「未来写真」という新しいシステムでお客様にお見せするというサービスです。

LSP-未来写真パース←これが未来写真です。


この3Dパースは、次のようなやりとりで完成しています。

1、リフォームで、こんなLDK(リビング+ダイニング+キッチン)にしたいなぁ、
 というお客様の要望をお聞きしながら、その場で間取りを作ります。
 左側の間取り図がそうです。

2、キッチンや家具の大きさを考えて、間取り図上に配置します。

3、ボタン一発で、右側の3次元パースが立ち上がります。

4、このパースを見て、配置場所やカラーの組み合わせなどを
 自分好みに換えます。

5、この3次元パースの中を自由に歩き回ることができますから、
 まるで、完成した未来のわが家を訪問しているような感じになります。

 これが、お客様との会話の中で、ほとんどリアルタイムでできてしまうのです。
ですから、正に「オール電化の試着」なのです。

 関西エリアにお住まいの皆様、
この秋の関西電力さんのイベントに注目してくださいね!

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続124日)】
テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 設計・建築業界向けの専門誌「日経アーキチクチュア」9月24日号に、
「インターネットで住宅を探したことがあるかどうか」を、
新築の戸建て住宅購入予定の200人に聞いたアンケート結果が載っています。

 ずばり、インターネット利用者は49.0%。

 つまり、二人に一人は、インターネットで住宅を探したという結果です。

 また、
■土地を探したことのある人は、37.5%
■ハウスメーカーや工務店を探したことのある人は、38.5%
■設計者を捜したことのある人は、11%

 逆に、
■住宅や事業者、土地などをインターネットで探したことが“ない”人は、32%

 調査対象が「25歳以上」なので、インターネットそのものを利用しない、
シニア層も含まれていることを考えれば、もはや、「住まい」の情報を、
インターネットで調べないことの方が珍しい、という時代なのだろうと思います。

 また「インターネットで住宅などを探すことのイメージ」に対する回答では、
次の3タイプに分類できそうです。
■「条件検索ができるので楽」という“便利に使ってます”派。
■「評判のいい設計者を探せるサイトが欲しい」といった期待派。
■「詐欺に遭いそう」という不安・不信派。

 この回答から見えてくるのは、

確かにインターネットは、「住まいを探す、買う、建てる」際の情報入手に
欠かせないものではあるけれど、その情報の確からしさに対する不安ですね。

 そこを解決していくサービスが求められているのだろうと思います。

font color="#FF0000">≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続123日)】

 
テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 昨日ご紹介したセミナー”人気実力建築家が語る「いい家って何だ?」”
で登場する二人の建築家は、建築家コンペで何度も選ばれています。

 「建築家コンペ」とは、施主に「住まいづくりのわがまま」を目一杯述べてもらい、
それに対して、「我こそは、その夢かなえます」と、全国2000名以上の建築家が、
プラン提案して、そのコンペ(競争)を経て、一人の建築家が選ばれる仕組みです。

 建築家と施主のコラボレーションでできた住まいは、非常に個性的で、
多くのマスコミに取り上げられています。

 最近の事例としては、下記の通りですか、ホント沢山あります。
(以下、ウイークエンドホームス社のメルマガより転載)

■─────────────────────────■
 9/28(金) 朝の人気番組 「はなまるマーケット」に出演!
■─────────────────────────■

全国のTBS系局で放送されている朝の人気番組「はなまるマーケット」。
人気コーナー、「住宅探偵!藤吉ホームズ」で以下のお宅が出演します!

コンペNO.00226 東京都世田谷区S邸
<施行実例はこちら>

このお家を設計した建築家は、アトリエスピノザの井東 力さん。
 ┌───────────────────┐ 
 | 9/28(金) 9:30am頃からスタート予定    >
 └───────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  アイディアと工夫満載のお家です   |
            └────────────────┘



■─────────────────────────■
 話題沸騰の育児雑誌、「プレジデントFamily」最新号に掲載
■─────────────────────────■

創刊以来、発行部数を伸ばしている人気の子育て雑誌、
「プレジデントFamly」最新号に以下のお宅が出ています。

コンペNO.00185 新潟県新潟市T・A邸
<施行実例はコチラ>

このお宅を設計した建築家は、G-TECの郷田 修身さん。
 ┌──────────────────────┐
 | 黄緑表紙が目印「得する学歴、ムダな学歴」号    >
 └──────────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  100~101ページをご覧下さい     |
            └────────────────┘



■─────────────────────────■
 人気女性誌「saita」最新号にも掲載
■─────────────────────────■

「おしゃれも生活も妥協しない!女性を応援する」というキャッチコピーの
女性誌。松坂投手の奥様で元日テレアナの柴田倫世さんが
イメージガールをつとめ、表紙になっている人気雑誌です。
この最新号に以下のお宅が出ています。

コンペNO.00228 東京都府中市H邸
<施行実例はこちら>

 ┌─────────────────────┐ 
 | 女性に嬉しい家事動線工夫いっぱいのお家    >
 └─────────────────────┘
            ┌─────────────────┐
            <  184~187ページ目をご覧ください    |
            └─────────────────┘



■─────────────────────────■
 創刊から45年、セレブ女性誌「ミセス」最新号にも掲載
■─────────────────────────■

文化出版局から出版されている、45年の歴史を持つ女性誌です。
最新号の表紙は桐島かれんさん。ここに以下のお家が出ています。

コンペNO.00193 静岡県富士宮市Y邸
<施行実例はこちら>

 ┌──────────────────────┐
 | モダンインテリアが映える白い中庭のリビング     >
 └──────────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  306~307ページ目をご覧ください   |
            └────────────────┘



■─────────────────────────■
 人気ハウジングインテリア誌、「はじめての家づくり」掲載
■─────────────────────────■

主婦の友社から発行されている、人気のハウジングインテリア誌。
女性なら思わず真似したくなる、オシャレで素敵なお家がたくさん
紹介されているムック本。ウィークエンドプロデュースのお家が
何と3つも出ています!

コンペNO.00282 千葉県柏市S邸
<施行実例はこちら>

建築家は、カームデザインスタジオの下田 仁さん。
 ┌──────────────────────┐
 | 杉の香りがする、現代風縁側のモダン和風の家    >
 └──────────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  40~43ページ目をご覧ください    |
            └────────────────┘

コンペNO.20120 茨城県北相馬郡M邸
<施行実例はこちら>

建築家はプラスティカンパニーの猿倉 英之さんとサイコの中山 勝透さん。
 ┌──────────────────────┐
 | 和風旅館をイメージしたオシャレな土間の家      >
 └──────────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  53~57ページ目をご覧ください    |
            └────────────────┘

コンペNO.20008 東京都品川区村井邸
<施行実例はコチラ>

建築家は井上洋介さん。
 ┌────────────────────┐
 | 外国風のバスルームがとってもオシャレ     >
 └────────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  119~120ページ目をご覧ください   |
            └────────────────┘



■─────────────────────────■
 薪ストーブに憧れる方必見!「薪ストーブ完全カタログ」掲載
■─────────────────────────■

このたび地球丸から出版されたムック本。
“カタログ”というタイトルですが、いえいえ立派なカラームックです。
ここに以下のお宅が出ています。

コンペNO.20181 神奈川県南足柄市Y邸
<施行実例はコチラ>

建築家はアーキネットデザインの市川 均さん。
 ┌─────────────────┐
 | 大自然の中に佇む英国風のお家     >
 └─────────────────┘
            ┌────────────────┐
            <  12~13ページ目をご覧ください    |
            └────────────────┘

 これだけ沢山のマスメディアに取り上げられているのは、
それだけ、ステキなおうちになっているからです。

 これから住まいづくりを考える人にとって、とても参考になると思います。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続122日)】
テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 今年の夏、史上最高気温を記録した岐阜県多治見市。
 この地で、建築家の熱い熱い住まいづくりセミナーが開かれます。

 テーマは、”人気実力建築家が語る「良い家って何だ?」”
 
 登場するのは、「ウイークエンドホームズ社」の建築家コンペで何度も選ばれ、
施主から高い評価を受けている、正に「人気+実力」の建築家二人です。

 開催要項は、次の通り。

 【日時】 9月30日(日)午後1時~3時 
 【場所】 中部電力多治見営業所
 【参加費】 無料 

=== セミナー内容(予定) ===

●建築家の建てた家 実例紹介


●スペシャル討論 人気実力建築家が語る『いい家って何だ?』
 パネラー
  河野太郎[一級建築士;一級建築士事務所 空間工房 用舎行蔵]
  奥田喜弘[一級建築士;一級建築士事務所 奥田建築設計事務所]
  舩戸正直[クリエイティヴディレクター;ウィークエンドホームズ]

●ベストパートナーの建築家を探す方法

●自由にトークタイム(質疑応答)

●お申込は、こちらから

 パネラーの舩戸さんは、私も良く存じ上げていますが、この人の話も
面白いんです。だから、二人の建築家とのパネルディスカッションは、
きっと、面白くなると思いますよ。(笑)

 多治見まで少し遠い方でも、行ってみる価値ありだと思います。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続121日)】

テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 金沢21世紀美術館の訪問記を9月11日から4回シリーズで書きました。

初回の記事
  2回目の記事  3回目の記事  4回目の記事

 そしたら、「この記事を読んで、自分も行きたくなった」という声をいくつも頂きました。

 そんな方に、美術館以外の興味深い話を一つ。

 金沢の「夜の街」と言えば、「片町」です。川が流れ、歴史のある街並みがあり、
日本海の幸を賞味できるお店が沢山あります。歩くだけでもリラックスできます。

 ホテルで教えてもらった居酒屋で食事をして、しばらく街をブラブラすると・・・

ぞうり専門店看板 「横山ぞうり専門店」の看板。
 何だか、金沢らしいお店です。

ぞうり専門店入り口 入り口から眺めます。
 我慢できずに、店内へ(笑)。

ぞうり専門店陳列 見事な「ぞうり」の陳列棚。
 店主に聞くと、昔は沢山あったけど、「今は昔」とか。
 こういうお店、金沢にはいつまでもあって欲しいです。


 金沢に行かれたら、女性の方、是非、浴衣に似合う「ぞうり」をこのお店で!

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続120日)
テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 「建て主300人のホンネ」アンケート結果(「日経ホームビルダー」8月号)
の続きです。

 ここでは、竣工引渡し時の設備機器の説明について、
不足していた点はどこか?を尋ねた結果が載っています。

 昔に比べると、住宅の設備は、高度化、複雑化しているので、
住宅会社側の現場の営業マンや設計士も、ついていくのは大変だろうと思います。

 結果をまとめると、声が集中したのは次の二つです。
 ■メンテナンス関係
 ■オール電化住宅の設備

 そして、回答者の70%は、
「設備トラブルの責任は、住宅会社や設計者にある」と答えています。

 具体的な建て主の声を拾うと、

「メンテナンスのタイミングについては、まったく説明されてません」
「24時間換気システムの掃除の仕方までは教えてもらってません」
「IHやエコキュートに使い方について説明がなかった」
「床暖房やエコキュートの使い方を説明されたが、よくわからなくて、
 後で説明書を読んだら、全然違っていた」

 

 電力会社や大手住宅会社が、「オール電化」を宣伝するので、
地元の工務店もオール電化を採用するようになり、
地域によっては、新築住宅の80%以上がオール電化になっています。

 しかし、事業者によっては、オール電化をセールスポイントとして使うだけで、
「住んで使う」と言う最も大切な場面をケアするという意識が欠落しているように
思えます。

 住まいは、作って終わりではなく、建ててからホントの価値が出てきます。

 売りっぱなし、作りっ放しの事業者は、こういう説明も時間をかけないでしょうし、
アフターケアの方針もしっかりしていない可能性があります。

 従って、建築依頼先を選ぶポイントとして、契約する前に、アフターケアについて、
その会社の方針を聞いておくことが大切だと思います。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続119日)】

テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 事業者向けの住宅専門誌の一つ「日経ホームビルダー」の8月号に、
「建て主300人のホンネ」という記事が掲載されています。

 事業者側がもっとも警戒しなければならないことの一つが、
「お客さまの内に秘めた不満」なのだろうと思います。

 これが積み重なり、ある事件をきっかに爆発したり、
知らないうちに、会社の悪評が立っていた!なんてことになると、
「後の祭り」になってしまいます。

 建て主300人から出された、不満を言えなかった理由と、
その不満の中身を聞いた結果は、次の通りとなっています。

第1位 お金がらみのことだから
第2位 細かなことで言えなかった
 EX:後から追加費用が発生したこと、安っぽい素材が使われたこと
第3位 後々の手抜きなどが恐いから
 EX:今後の対応が悪くなると思った、手抜きをされるかもしれないから
第4位 知り合いで言いづらかった
 EX:知り合いに建ててもらったので、完成後の不満が言えなかった



 建築事業者側の人たちには、こういう施主のホンネが潜在的にあるんだ、
ということを心して、顧客対応をして欲しいなと思います(続く)


≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続118日)】

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

住まいづくりは、施主と建築(設計・施工)事業者とのコラボレーションです。

 頼む側の施主は、「高いお金を出すのだから、自分の言うとおりに!」
と高飛車になるのではなく、良い住まいづくりのためのプロジェクトチーム
だと考えて、建築依頼先と協力するという気持ちが大切だと思います。

 そういう施主に出会うと、事業者側にも良い影響を与えます。

 昨日、紹介した「あぶりしゃけさん」のブログの翌日の日記には、
こんなことが書かれています。

我が家のお家づくりに関わってくださる職人さんたち
皆さんが同じようにおっしゃる言葉があります。

僕たちもやっぱり人間ですからね。
最大限のことをしてあげたいって思わせるお客様って、いるんですよ。
でも逆に、できれば関わりたくないっていうお客様もいらっしゃるんです。
みんなが嫌がって、行きたがらない・・・。
自然に人が離れて行ってしまうんですよ。
実は、いい職人が集るかどうかも、お施主さん次第なんです。



 職人さんたちから、こんな言葉を引き出すことが出きるのも、
あぶりしゃけさんだからこそだと思います。

 こう言った施主の魅力を、あぶりしゃけさんは、
「お客様力」
と読んでいます。(全文はこちら

 いい言葉ですねぇ。

 私もこれから、この言葉を使おうと思います。(続く)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続117日)】

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 一戸一戸がオーダーメードの家づくりで、100%の満足を実現するのは、
結構大変です。

 依頼主(施主)は、そのほとんどが生まれて初めての経験なので、自分の要望や
イメージがちゃんと事業者側に伝わっているのか、いつも不安です。

 しかし、その要望に添えないとしても、悪いのは事業者側だけではありません。

 施主側も勉強して、お互いをパートナーとして、良い家づくりのために協力、協調
しあうことが大切だと思います。

 施主には施主の大切な「やらなければならない仕事」があるのです。

 施主の家づくりブログを読むと、時に、キラッと光る施主の言葉に出合います。

 今回私が、このシリーズを書くきっかけになったブログが、あぶりしゃけさんが
書かれた「まぁ良いか、と言えるかどうか・・・」と言う記事です。
全文はこちら


この記事には次のように書かれています。

ちゃんと響きあうことの出来る相手なら、お互いのイメージを共有できる
んじゃないかと思います。
イメージを共有できれば、ちゃんと伝え合うこともできるし、こだわりも
理解してもらえることが出来る。

そうすれば「イメージが違う」なんてことも、言わなくて済むようになるん
じゃないかなぁ。
(中略)
パートナー選び一つで、住んでからのことでも大きな影響を与えるの
かもしれません。

お家を建てる時にはそれだけパートナー選びが重要になってきますね・・・。



 私のコメントいりませんよね。(笑)

 こんな考えの持ち主が施主だったら、事業者側の姿勢が良い意味で、
変わると思います。その実例も、あぶりしゃけさんのブログに書いてあります。(続く)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 3 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続116日)】

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 初めての住まいづくりと一人目の子育ては似ている、と言う人がいます。
確かに、そうだなと思います。一人目だと、熱が出たとか、転んだとか、
その程度がわからず、子供が大声で泣くと、オロオロして、医者につれて
行きます。

 しかし、子供は「生き物」としてのセルフディフェンス機能を持っていて、
結果は大したことはなかった、となります。

 これが二人目になると、転んで泣いて、擦り傷から血が出ていても、
つばをつけて、おまじないを唱えれば大丈夫(ちょっと極端ですが)となります。

 住まいづくりにおいても、多分、初めての場合と2回目以降の場合は、
そんな違いがあるように思います。

 初めての時は、自分の想いがどれだけ設計・施行側に伝わっているのか
不安ですし、疑問に思うことが出てきた時に、そのまま口にして良いの?
と躊躇したりもします。

 事業者側は、施主(素人)の思い込みや思い違いに翻弄されて、
建築の世界では当たり前のことが前に進まないぞ、とイライラしたりもします。

 些細なことでも、こういうことが積み重なると、ある日、爆発して、不信感が
増幅するから厄介です。

 実は、住まいづくりは、依頼先の選定~契約~完成までの期間が長いので、
その間に、色々なことが起こるのです。でも、施主側は初めてなので、どう
コントロールして良いのかわからない、という状況が生じるのですね。

 これが、住まいづくりと他の商品・サービス購入行動の大きな違いだと思います。

 じゃあ、どうすれば良いの?

 一つは、「㈱リブネット」「ウイークエンドホームズ社」
のような施主の目線でプロデュースを行う会社に頼むことです。

 これとは別に参考となるのが、他の施主が書いた住まいづくりブログです。
私が参加しているブログランキグでも、沢山の施主ブログがあり、私自身も
よく読むブログがあります。

 そこに施主の本音が書かれていて、共感する時があります。

 これから住まいづくりを考える人、住まいづくりが始まった人に対して、
「これは参考になるよっ」と言うブログの中の「キラリと輝く言葉」を次回から、
紹介したいと思います。(続く)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続115日)】

テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 「家を建てたい人」と「家を建てる人(会社)」を結びつける
愛のキューピットが「㈱リブネット」であり、「ウイークエンドホームズ社」です。

 その際には、リストを並べて、「お好きな会社をどうぞ!」
とやるのではなく、

お客様(施主)がどんな暮らしをしたいか?
どんな住まいが欲しいか?

を丁寧にお聞きし、潜在的なニーズも引き出して、
最適な工務店、建築家、ハウスメーカーとのお見合い
をアレンジします。

相性ピッタリの二人を引き合わせることができれば、
住まいづくり成功の基礎ができますが、それからの
お互いの努力も大切です。

もちろん、二人の仲がうまく行くようにサポートするのも、
私の会社のコーディネーターの重要な役割です。

こういう仕事を7年間提供して来ると、施主側と事業者側との
コミニュケーションを客観的に見ることができます。

という事で、

「施主の本音」と「事業者の本音」について、しばらくシリーズで
書いてみたいと思います。(続く)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続114日)】

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 仕事との関連性にこだわらないで書く、日曜コラムです。

 先週の日曜、北海道に出張する前日、スタッフの鶴岡さんから、
じゃがポックル」の話を聞いて、お土産で買ってくると約束。

これ、カルビーが北海道でのみ生産・販売してるお菓子なんです。

知ってましたか?

ウィキペディア(Wikipedia)で検索すると、次の通りです。

『じゃがポックルは、カルビーが「ポテトファーム」のブランド名で
製造している、じゃがいもを主材料とするスナック菓子である。
生のじゃがいもをスティック状にしてそのままフライしている。
正式な商品名は「じゃがポックル オホーツクの焼き塩味」。

2002年に「ぴゅあじゃが」という名称で販売され、その後
「じゃがポックル」に商品名を変更。大きな宣伝はしていなかったが、
「とてもおいしい」と評判が立ち、たちまち人気商品となった。

カルビー千歳工場のみで生産されている北海道限定販売品で、
北海道以外の在住者が手に入れるためには北海道へ赴くか、
楽天などでのネット販売を利用することとなる。

 出荷数が限られているため、現在品薄状態が続いており、
購入数を限っている土産物店もある。ちなみに、カルビーでは
じゃがポックルの通信販売を行っていない。

2006年4月から同社で全国発売されている「ジャガビー」と
製法や食感が似ているが、若干風味が異なる。 ジャガビーが
カリカリとした食感であると一般的に言われるのに対し、
本製品はサクサクとした食感で、かつ塩味がやや薄い。

主な販売場所として、札幌市内・新千歳空港があるが、
札幌テレビ塔は1人1個のみ,新千歳空港は1人3個まで
となっている。



 そこで、私は千歳空港に着くと、その足で売店へ。
帰りの空港で売り切れの場合だと、なんともならないので、
ここを皮切りに、移動する先々で見つけ次第、買う作戦!

私:「じゃがポックルありませんか?」

店員:「昨日入荷して、すぐに売り切れちゃったんです。」

私:「明日は、入荷しますか?予約はできるの?」

店員:「いつ入荷するかもわからないんです。」
   「昨日(土曜日)の前の入荷は火曜だったし・・・。」

私:「えぇ~?じゃあ、どうすれば買えるの?」

店員:「運が良いと買えます。(笑)」

 これ、ホントの会話ですから・・・(笑)

 普段の仕事で、あちこち出張が多いため、その出張先の仕事
に必要なものを送ってもらったり、私がうっかり忘れてしまった
ことを絶妙にフォローしてくれる鶴岡さんには、いつも感謝して

るのですが、今回も、買うことを忘れないよう、鶴岡さんに、
お願いし、私の携帯電話に「じゃがポックル」のことをメール
してもらいました。しかし、この状況では・・・(汗)。

 北海道に行かれる方、是非「「じゃがポックル」買いに挑戦してみて下さい。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 3 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続112日)】

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 安部首相の血液型はB型だそうです。そう聞くと、
今回の唐突な辞任劇を見て、「B型はマイペースだから!」
と言う人も多いのではないでしょうか?

 ちなみに私は「おおらかなO型」。几帳面なのがA型。
AB型は「何を考えているのかわからない二重人格」などと
珍らしがられたりもしますよね。

 ちなみに、日本赤十字社がサンプリング調査をした結果、日本人の
血液型の分布は、このよう↓↓↓になっているそうです。
血液型分布


 しかし、学術的には「血液型による性格診断」は、
証明されていないそうです。

 それなのに、血液型を根拠にした差別(的発言)は絶えず、
これを「ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)」
よ呼ぶそうです。

 だから、

血液型を根拠に、住まいづくりの何かを決めないほうが良いですよ!
というのが、今日お話でしたぁ。(^^ゞ

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 3 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続111日)】

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「どうして美術館にこんなに子供がいるんだ?」
 世界一の美術館というべき「ルーヴル美術館」館長、
アンリ・ロワレット氏の傍らを笑顔の子供たちが何人も走りぬけた。

と言うくだりで始まる「超・美術館革命」。

 キーワードは「子供」です。オープン時には、市内の小中学生全員に
招待券を配り、学校から団体で見学に来てもらったそうですが、
その招待券には、「もう1回招待券」が付いてます。

それをもった子供は、親に「行こう」とせがみます。

 学芸員から説明を受けて、面白いと思った展示品を、今度は自分が
親を連れてきて、自慢げに説明したいからです。

こんな風に、人が集まる仕組みがこの本に書かれています。

約200ページの単行本ですが、面白くて、一気に読みました。

 そもそも、日本の地方都市の市立美術館に「ルーヴル美術館」の視察団が
訪れること自体、驚く話なのですが、その視察団を驚かせたと言うのが、
またすごいことです。

そして、帰国の後、ロワレット氏から、次のような手紙が届きます。

「金沢21世紀美術館は、街の生活と完璧な一体感を作り出している。
見事な成功例として感激しました。近い将来、
何かコラボレーションについて話し合えないだろうか?」



美術館を市民の応接間として位置づけたいと言うのが、コンセプト。

 だから、中が見えるガラス張り、四方から自由に出入りでき、無料ゾーン
のいっぱいある建物を造った。庭には、それ自体が作品である様々な形の
椅子が置かれている。
 さらに、普通の美術館は午後5時で閉館するが、この無料ゾーンは、
午後10時まで開いている。



公務員の働く市営美術館で夜10時まで開館と言うのも、普通では
ありません。

美術館の運営に経営哲学を持ち込み、見事に成功させます。

「経済が文化を支えるのではなくて、文化が経済を作るのだ」
というセリフがカッコイイのです。

 この誕生の物語と人が集まる仕掛けと仕組みについて書かれた本が
「超・美術館革命」です。読んだら、きっと、行きたくなると思います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 


今日は東京に出張だったのですが、帰りの新幹線で、また読んで
しまいました。(シリーズ終り)
 
≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続110日)】

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 ピカソもルノアールもない地方の市立美術館でありながら、
年間130万人もの人が来る「奇跡の美術館 金沢21世紀美術館」

 「順路」という案内は最低限で、ちょっとした迷路のように、
私たちを驚きの空間へと誘うのが、またエキサイティングです。

 楽しませるのは、展示ルームだけではありません。
例えば、下↓のこの写真、何だと思います?

エレベーター1 実はエレベーターです。
 床以外は、すべてガラスズ張り!

エレベーター2 下にからみ上げると、こんな感じ。
 ロープではなく、柱状の支えによって、上下します。
 ここに入ると、自分が展示物のように皆から見られますよ(笑)

土産ショップ 私が美術館巡りで一番楽しみにしているのが、実は土産ショップ。
 今回は、こんなものを見つけました。

土産ショップ拡大 毎月のカレンダーが動物のペーパークラフトになってます。

市役所 この写真は、美術館の裏に隣接する市役所。
 美術館から外を見る時の景観に配慮して、外壁の外側にデコレーションがあります。
 にくい演出ですねぇ。


 こんな風に、随所に「へぇ~」が用意されている美術館です。

 この誕生の物語と人が集まる仕掛けと仕組みについて書かれた本が
「超・美術館革命」です。読んだら、きっと、行きたくなると思います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 


「住宅展示場に行って、モデルハウスを見て、『住宅、住宅』と
思いつめると視野を狭くするので、美術館とかホテルとかを見ると、
住まいづくりのヒントになる時もありますよ」と言うアドバイスを
住まいづくりを考えている人に、良くします。

 この金沢21世紀美術館は超お勧めです。

 個人的にもファンになりました。 

 明日は、「超・美術館革命」の内容を紹介します。(続く) 
 
≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続109日)】

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

金沢21世紀美術館は、モダンアートと言う難解なテーマをモチーフ
にしているにもかかわらず、何だかフレンドリーで、心惹かれます。
動物園で言えば、あの北海道の旭山動物園みたいです。

 そんな風に感じたので、この美術館に関する本を買って、今日、
名古屋に戻る電車の中で読んだら、びっくり!

 正に旭山動物園の美術館版!!

 その本の帯紹介では、

「奇跡の美術館 ピカソもルノアールもない地方の市立美術館に、
年間130万もの人が来る!」


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 


 そうです。パンダもコアラもいない旭山動物園に年間200万人もが
訪れる仕組みにも似た、この美術館の魅力が沢山書いてあります。

 何しろ、普通は、地方の美術館の入場者数は多くて6,7万人ですから、
この130万人という数字の凄さが分かります。

 この本は、美術鑑賞を目的とする人には、この美術館の背景を、
ビジネスの面では、美術館の「経営」から学ぶことができる素晴らしい
内容が書いてあります。

しかも、印税はすべて、地元の子供育成プログラムに寄付されます。

 さて、話は戻って、美術館では滅多にない、「円形状の建物」が
特徴の金沢21世紀美術館。
ロゴ それをモチーフにした、美術館のロゴがコレ。
 円の中の四角や丸は、展示室です。展示室を巡るのは、迷路のようですが、それがまた楽しいのです。

玄関 正面玄関を入ったところ。
 いきなり、すぐ向こうに、ガラス張りで透けて見える中庭。
 普通の美術館のような「いかめしさ」がありません。

中庭 近づくとわかるのは、これは中庭ではなく、
 360度の方向から見ることのできる展示室なのです。
 真ん中にはプールが見えます。これが有名!


プールプールの中に入り口が見えますよね。
 実は、プールの下に入ることができます。
 屋外で上から見るのは、無料ゾーン。
 プールの下に入りたければ、入場料を払う仕組みです!


側面中庭 入場料を払って、展示室を巡ると、
 またこんなゾーニングで、ガラス越しの中庭展示が・・・。

中庭通路 いやいや今度は、単に中庭ではなく、
その間を抜けるガラスの通路があったり・・・

 美術館のイメージは、ちょっと暗いところで、黙って鑑賞して・・・
と言うものでしたが、全然違います。

 さすがに大きな声は出せませんが、ひそひそ話でウンチクを語る?
のではく、心から楽しんで、愉快なおしゃべりをしながら、見ることが
できます。

 まだまだ凄いんです(笑)・・・続く。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続108日)】
テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 『まちに開かれた公園のような美術館』をコンセプトに作られた
金沢21世紀美術館。

 今日は、北陸電力さん訪問のため、リブネットの徳田常務と一緒に
金沢に来たのですが、丁度その社屋から歩いて数分のところに、
この金沢21世紀美術館があったので、打合せが終了してから、
ホテルにチェックインする前に、1時間ほど見てきました。

 最初に結論を言ってしまうと、
「難解なモダンアートの美術館」と言うより、「21世紀の癒し空間」です。

 平成16年10月に完成しているので、まだ新しいのですが、
妹島和世(せじま・かずよ)と西沢立衛(にしざわ・りゅうえ)と言う、
これまで、ヨーロッパやアメリカで美術館など数多くの建築を手がけて
きた世界的に有名な建築家による設計です。

 ですから、展示作品以上に、美術館そのものがどんなデザインなのか、
とても楽しみに向かいました。
 
金沢21世紀美術館
 まずは、少し遠くからの外観。

正面
 正面から見ると、壁はガラス張りでありながら、
そのモダンでクリアな無機質を和らげるように、
朝顔のウォールグルーンが優しく出迎えてくれます。
ウオールグリーン外2
 近づいてみると、こんな大きさです。かなりの緑の量ですよね。

ウオールグリーン中
 逆に、中から見るとこんな感じで、ガラスの向こう側の
景色が、グリーンの合間から見えるようになっています。

ウオールグリーン裏の中から
 三方が道路に囲まれている美術館なので、
敷地内にどこからでも人々が訪れることができるよう、
正面や裏側といった区別のない円形が採用されており、
反対側も同じコンセプトです。建物と街が-体になってます。

裏の外から
従って、裏庭にまで回って、建物を振り返ると、
正面と同じ構図になっています。


 こうなっているのは、

「内部と外部など互いに異なる空間にいる者同士が互いの様子や
気配を感じ取ることができる、出会いの感覚も演出されています。」
(美術館HPより抜粋)

からなのです。

 ワクワクして来ます!(明日に続く)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続108日)】

テーマ:もっとイイ暮らし
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 今週の日曜に岐阜から中部国際空港でANAに乗り、札幌へ。
夜、以前このブログで紹介した三五工務店の田中社長とお会いし、
翌朝6時に起きて、初めての神戸空港へ。

 新しい空港で、しかも「神戸」という地域なので、お洒落な空港を
イメージしていたが、残念ながら、「しあわせデザイン」は見つけられず。

そこから、新幹線で広島に着いて、今日は、中国電力さんを訪問。
電力会社時代から交流のある、ハウスプラス中国住宅保証の吉屋社長とも、
久しぶりにお会いし、広島の夜に熱くビジネス談義!

この吉屋社長は、今から7年前に中国電力の新規事業として、
住宅評価会社をたった4人で立ち上げて以来、現在では、社員120名を
超えるまでに成長させ、今や、このエリアのかなりのシェアを握る
までの会社にされた、凄い人です。

明日は、一路、金沢へ4時間半の移動。京都経由で、新幹線+在来特急。
北陸電力さんを訪問の予定です。

そして、水曜日は「しらさぎ」に乗って、名古屋へ。

さらに、木曜日は、東京への往復。
私が企画委員を務める「住まいと電化」の出版元の日本工業出版を訪問します。

移動距離を図ったら、5日間で約4000キロの出張になります。

今夜は、その折り返し地点、広島に泊まっていますが、連日の仕事、
移動、短時間睡眠の繰り返しで、腰に来てます。(汗)

 こんな風に日本各地に行けるのは、ベンチャーで起業して、
色々な人との出会いがあったからこそ。

 また、この「しあわせデザイン研究所」で、記事を書き続けることが
できるのも、こう言った刺激的な日常を送ることができるからです。
電力会社の社員でいたら、このような世界の拡がりは、なかったと思います。

 今夜は、しみじみと「感謝」の気持ちに浸っています。 

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続107日)】
テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 今回、都市デザインシステム社の梶原文生社長と久しぶりに懇談して、
その時代を切り拓く事業力や組織と社員を強くする仕掛けの凄さを感じました。

 例えば、ホテル事業への進出。

 ホテルを建設するのは、マンションや商業施設をデザインした経験が活かせる
ように思えますが、同社は運営まで手がけます。住まいづくりとは異なる分野です。

 しかし、コーポラティブは、非常にこだわりの強いお客様の要望を、しかも
複数同時に並び立つように叶えて行きます。

 その業務は、自ら設計や施工するのではなく、「コーディネート」です。
そう言ったコーディネート(コンシェルジェ)サービスの対価として、お金を
お客様からいただくビジネスとしては、コーポラティブハウスが最も優れた
サービスだろうと思います。

 そのようなサービスマインドが満ちている会社であれば、
ホスピタリティ産業としてのホテル運営は、事業の延長線上でできるはず!
いや、既存のホテル事業以上のサービスが提供できるはず!との読みが
梶原社長にあったそうです。

 そして、見事に成功します。ホテル業界には、ホテルの利益率と「格」を示す
指標があるそうですが、同社が企画したホテル「クラスカ」は、東京の有名な
シティホテルを凌いでいるそうです。(そのときに、実名を聞きましたが、
ここでは伏せておきます)

 次に、組織と人材のマネジメントも非常にユニークです。
都市デザインシステム社のHPを見ると、人事評価の詳細が載っていますが、
ここまでオープンにしている会社も珍しいと思います。

 たとえば、毎年、社員は会社の費用で自分の仕事の新しいシーズを見つける
ために、社費で旅行に行けるそうですが、一定の枠を超える場合でも、企画書
を作って、審査委員会にプレゼンして通れば、かなりの高額でもOKが出ます。

 昨年は、あるチームが審査会を通り、北欧に「コレクティブハウス」の
視察に行ったそうです。その額、一人当たり数十万円!

 コレクティブハウスとは、

コーポラティブハウスのノウハウを活かし、賃貸住宅にもコミュニティのある住まい方を提案しています。もともとは北欧で始まった居住スタイルで、其々の住宅は水周りなど完結したプライバシーを確保しながらも、共用のスペースをシェアすることで、豊かなライフスタイルを実現します。
例えば、子育てファミリー向けのコレクティブハウスであれば、育児が楽しくなる間取りの提案から雨でも遊べる屋内遊技場、育児関連書籍を集めたライブラリーを用意します。またペットをテーマにしたコレクティブハウスでは、ペットの目線で考えられた間取りとともに、ドッグランの設置など、ライフスタイルのテーマにあった共用部を設置することで、ゆるやかなコミュニティを創出していきます。


 と、同社のHPで紹介されていますが、実は、その成果はすぐに現れ、
既に事業化されて、第1号プロジェクトが完成しています。

 これ以外にも、社員が「こんなことをやりたい!」とプレゼンできる仕組み
があり、それが通ればある程度は自由にやれるという風土があるのです。

 これが、都市デザインシステム社がいつも前進している大きな秘訣なのだろうと思います。

 これに類する話をいくつも梶原社長から聞いていると、こんな活き活きと
仕事をしている会社に住まいづくりを頼む施主も幸せに違いない、と思えます。

 梶原社長との2時間の懇談は、とても刺激的で、私も新たな勇気が湧いて来ました。(シリーズ終)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続106日)】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 私が都市デザインシステム社の存在を知ったのは、
まだ、私が電力会社の社員だった今から9年前。
 そして梶原文生社長と出会ったのは、リブネットの創業直前の7年前です。

 電力会社でオール電化住宅の企画を担当していた頃、「住まいと電化」
と言う専門誌の編集委員をしており、その雑誌の記事で、初めて
「コーポラティブハウス」と都市デザインシステム社のことを知り、
非常に強い関心を持ったのが、最初です。

 その後、中部電力の社内ベンチャーとして、新しい生活者視点の
住宅プロデュースビジネスを企画した時は、是非とも、自らコーポラティブハウス
をコーディネートしたいと考え、事業に織り込みました。

 その頃の都市デザインシステム社は、コーポラティブハウスが専業で、
国内で、1年当りで最も多数のプロジェクトを抱え始めた頃でした。

 それから7年。

 その間、同社は、ファッション雑誌や建築専門誌でも
何度も取り上げられるホテル「クラスカ」をプロデュースし、
ホテル再生事業に乗り出します。

 この時も、梶原社長とそのホテル「クラスカ」でお会いしたのですが、
「なぜ、うちの会社がホテル?」と?マークの社員もいる中、見事成功。
一つの部門として、事業の柱の一つに育てました。

 そして、そのビジネスは、今や沖縄プロジェクトとして、
数百億円のリゾートホテル開発事業にまで発展しています。

 また、新築でもない、リフォームでもない「リノベーション」というコンセプトで、
住宅を生まれ変わらせる手法を確立させ、今や「リベタ」という子会社が、
その分野でも国内屈指の企業となり、やはり数百億円規模の会社に育っています。

 ここまでの成長を支えた梶原社長の思いは、同社のHPに、
社長メッセージとして、次のように紹介されています。

 「自分の住みたい家がない」、この想いが私たちのスタートでした。

 そして、理想の住まいを考え抜いて追及し、たどりついたのがコーポラティブハウスでした。それ以来、私たちは常にエンドユーザーの視点に立って、「いいモノを創る」ことに情熱とこだわりを持ち続け、それぞれの時代や環境に応じたモノ・価値を提供してまいりました。

 エンドユーザーと対話をしながら2年間かけて創りあげるのがコーポラティブハウスです。一人ひとりのニーズとウォンツをカタチにしながら、同時に事業全体を一つの方向へ導き、まとめあげていくことは簡単ではありません。その難しさを乗り越えて培ったトータルコーディネイト力が私たちの財産であり「つよみ」です。



 この想いは、私が「リブネット」を創業した想いと一緒ですし、当社と提携している
建築家コンペ方式で住宅をプロデュースする「ウイークエンドホームズ社」の創業理念も似ています。

 想いの強さが、事業も強くします。
今日1日では、梶原社長との懇談の話を書ききれません。(続)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続105日)】

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 コーポラティブハウスに関する話題の続きです。

 この住まいづくりの方法で全国一の実績を持つのが、
東京の「(株)都市デザインシステム」という会社で、
当社は、この会社と提携し、そのノウハウを採用しています。

↓下の写真は、同社が手がけた「野川エコヴィレッジ」というプロジェクトです。

 私も現地を見に行ったのですが、ここでは、16戸の住宅が中庭を共有して、
エコロジーをコンセプトにした街づくりを行い、豊かな住環境を作り出しています。

 このように一つの街を形成する仕組みを
「コーポラティブヴィレッジ」と呼んでいます。
コーポラティブ

 一方、1棟=マンションをコーポラティブ方式で建てる場合を
「コーポラティブハウス」と呼んでいます。

 いずれにしても、出来上がった街やマンションは、
統一感がありながら、個性の集まりになっています。

 「都市デザインシステム社のプロジェクトは、東京都内の都市部だけでなく、
千葉県印旛郡富里市という郊外で、大規模な街づくりも行っています。

 ここでは、個人の住宅設計と合わせ、街並みや植栽、公園づくりなど、
街づくりに関するワークショップを行ない、コミュニティのある豊かな
街になっています。

 その結果、地域の方や行政からも高い評価を得て、現在では
同市内で8ヶ所151区画もの継続したプロジェクトとなっています。

 先日、「都市デザインシステム社の梶原文生社長に久しぶりにお会いし、
昼食をご一緒しながら2時間ほどお話をしてきました。

 同社の成長と梶原社長のすごい話を明日書きます。 

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続104日)】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 住まいづくりでは、普通、自宅の1棟分のインテリア・外観、エクステリアを考えていくのですが、自宅と一緒にその住環境(街並み)を一緒につくる仕組みを「コーポラティブハウス」と呼んでおり、リブネットでも、これまで2つのプロジェクトを手がけました。

 「コーポラティブ」とは「共同して」という意味であり、ある土地に「住まいが欲しい」という複数の人を集めて、一緒に街と個々の住まいを作る方法です。

 一般に複数の住宅を一括で提供する方法としては、マンションおよび一定エリアに住宅を建てて販売する建売住宅があります。この場合、不動産ディベロッパーと呼ばれるような会社が、全体のデザインから個々の住宅(住居)まで、一定のコンセプトで、あらかじめ作ってから販売します。従って、住む人の個別のこだわりを実現することは、ほとんど不可能となります。

 あるいは「分譲地」と呼ばれる住宅土地の販売では、土地を購入した人がその後どのような住宅を建てるのかは、それぞれ自由となりますから、逆に、街並みとしては、ほとんどの場合バラバラになります。

 これに対して「コーポラティブハウス」では、マンションを作る場合でも、広域のエリアに複数の戸建住宅を建てる場合でも、全体(共用)と個人の住居との統一感、バランスなどを皆で一緒に考えながら作っていきます。 つまり、全体としては街並みが財産になるような美しさがありながら、個別の住宅(住居)では、その人のワガママが実現できるという優れた手法なのです。

 当社が最初に手がけたのは、名古屋市内で3戸(戸建)のお客様と一緒に作るプロジェクト。いわゆる高級住宅街にある500㎡ほどの土地たったのですが、もし普通の住宅会社が手がけたら、いわゆる「うなぎの寝床」のように短冊形に土地を切って、境界に壁を作って・・・というカタチになったと思われるロケーションでした。

 そこで私たちが提案したのは、敷地は個々に独立していながら、3戸の真ん中に中庭を作り、共有使用する配置。その中庭にはシンボルツリーがあったり、各戸は外観の統一感を約束事にしたり、玄関と窓の配置を考えてプライバシーと防犯を両立させたり、という工夫を重ね、ひとつの小さな街を出現させるアイディアでした。

 それにより、近隣の既存の住宅とは大きく異なるゆとり、採光、風通しのあるエリアが出来ました。何より嬉しいのは、今でも3家族が集まって、中庭でバーベキューをするようなコミュニティが出来たこと。ここでは、豊かな街並みが自分達の財産であり、それを守って大切にしていこうという意識が自然に生まれています。

 この「コーポラティブハウス」方式は、日本で最も実績のある東京の「都市デザインシステム」社と提携して進めていますが、今後も、こういう街づくりを手がけていきたいと考えています。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 3 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続103日)】

テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 新築やりフォームで、新しくなった住まいでも、小さな子供がいる家庭では、その初日から障子を破られたり、壁紙にいたずら書きされたり、フローリングの床を傷つけられたりして、親の「あ~!」という悲鳴が聞こえるケースが良くあります。

 ですから、小さな子供のいる家庭への住まいづくりのアドバイスでは、例えは、「壁紙は使わずに、塗り壁にして、自由に落書きさせる場所も決めておいて、大きくなってから、塗り換える方法もありますよ」なんていうこともお話します。塗装方式と壁紙では、壁の下地処理の仕方が違うので、壁紙にこだわりたい人は、壁紙の上に、大きな模造紙を貼って、そこを落書きスペースにするという方法もあると思います。

 いずれにせよ、子供にとっては、住まいはいたずらのできる宝庫。障子を破ったり、いたずら書きをするのは、楽しくて仕方ありません。それならば、逆に、それをきっかけに「モノを大切にする心」を育てると考えてはいかがでしょう?

 私がいつも読んでいる住まいづくりブログのひとつ「中古住宅 DIYリフォーム」の昨日の記事が、そんな内容で、とても共感しました。

 「住まいと子育て」と言うと、間取りで家族のコミュニケーションを良くするとか、子供の頭の良くなる間取りとかが頭に浮かぶ人も多いかもしれませんが、子供って、そんな理論どおりには行きませんよね。
 でも、住まいのメンテナンスは、暮らしを豊かにし、家族の成長と共にある、と考えれば、「障子を破られるのも、また楽し」では?(笑)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 3 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続102日)】

テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 「平成19年度エコキュート導入補助金制度」の第3期申請の受付が9月3日から募集開始になりました。

 これは、エコキュートを新たに購入し、住宅などに設置して使用する方に、その費用の一部として、補助金を交付する制度です。忘れてはならないの、この助成金の交付を受けるためには、必ず据え付け(着工)前に申請を行う必要があると言うことです。

 住宅の新設時に限定していないので、水周りのリフォームや給湯器の取替えのみでも、エコキュートを新たに購入すれば、対象になります。

 現在、オール電化の人気が高く、工務店やリフォーム店でも、オール電化を取り扱う会社が増えてきていますから、この制度をメリットとして販売している会社も多く見ます。ただし、補助金の交付数には上限があるので、それに達すれば、補助金は受けられなくなりますので、確認が必要ですね。

 実は、私が電力会社時代にオール電化普及の担当部門にいた時に開発されたのが、このエコキュートで、この部門の全電力会社の協議会の幹事をやっていたこともあり、開発から販売までに携わっていました。ですから、この商品に関する思い入れは、結構あります。

 空気から熱を作り、高効率でお湯を沸かす・・・これにより、省エネ効果やCO2排出の抑制を実現できる次世代型給湯器ということで、いつかは、「エコキュート開発物語」が、当時放映されていたNHKの「プロジェクトX」という番組に取り上げられるぞ、なんて、期待していましたね。(笑)

 電力会社も盛んに宣伝しているエコキュートですが、時には、その信頼感を利用し、通常よりかなり高い見積もりなのに、補助金が出るから安くなってますよ、と言うトークで、販売・工事を行っているリフォーム会社もあるようです。ですから、補助金が出るからと、すぐに飛びつかず、2、3社に見積もりを取って最終依頼先を決めることをお勧めします

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続102日)】
テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 8月21日のブログで、「建築確認申請がおりない!?」というタイトルで、国土交通省からの通達の内容について、書きました。

 それは、耐震偽装事件の再発防止のために、いくつかの法改正があり、そのうち、建築確認申請を厳格に行う建築基準法の改正により、今ままに比べて、申請の受理期間が延びているという内容でした。

 実際には、どれくらいの影響があるのだろ?と注意していたら、「7月の住宅着工急減~前年同月より23%減~」という発表がありました。住宅着工は景気のバロメーターの一つですから、日本経済が元気なこの時期に、そこまで減少するとは考えられません。

 その原因が、正に、建築確認申請を巡る混乱であり、建築確認申請がおりないがゆえに、着工できないという具体的な数値に表れているようです。

 私のブログのアクセス解析(毎日、いつ、何人くらいの人が、どのサイトから私のブログに来たか、あるいは、どんな検索キーワードで私のブログにたどり着いたか等を記録し、分析するシステム)を行うと、「建築確認 おりない」というような言葉で検索した結果、私のブログに来る人が、8月21日の記事以来、毎日何人もいるのです。

 つまり、それだけ建築確認申請に関して困っている人が多く、何か解決策はないか?と、グーグル等の検索エンジンを使って、HPを探しているのだろうと思います。

 国交省は、「9月になれば慣れて、この状況は収まる」(日経新聞取材記事)と答えているようですが、それを信じ良いのか、疑問です。

 これから新築や大規模リフォームをされる方は、この状況を厳し目に捉えて、建築依頼先と入念な打合せをされた方が良いと思います。特に、建替えの場合は、一時的な賃貸住宅暮らしが必要ですが、その時期が予定より延びるということになれば、金銭的にも精神的にも大変ですからね。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続101日)】

テーマ:住まい
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 私が代表を務める「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー名古屋校」は、単に資格取得のための勉強ではなく、卒業と同時に仕事ができる実践型の人材を育てることを目標にしており、業界でも、最も厳しく鍛えると評判のスクールです。

 従って、入学してくる生徒も、「ホンモノ志向」「プロ志向」ですから、在学中の厳しい課題を仲間と一緒に取り組む中で、友情が芽生え、卒業してからも連絡を取り合う「一生付き合える仲間」になるところが、このスクールのステキなところだと思っています。

 私が、町田アカデミー創設者の町田ひろ子先生の考えに共感して、名古屋校をFCの旧オーナーから引き継いだのが平成13年で、現在の栄に移転したのですが、それから4年目に、ようやく念願かなって、自ら10月生の生徒として、半年間学びました。

 ですから、私にも同窓生がいるわけです。(笑)

 昨日、その同窓生の何人かが集まる飲み会に誘われて、参加してきました。聞けば、スクールのすぐ南側の通りにあるイタリアレストラン「BOCCA LUPO(ボッカルポ)」が、皆が常連のお店だそうで、今回の幹事をやってくれた天野君の友人のお店だとか。

 正直言って、ウマイ!

 今回は、私が10月から新しいビジネスを立ち上げるため、東京や大阪に本格的に拠点を移すことを知らせていたこともあり、その壮行会も兼ねていたので、シェフの特別料理も。

 今日も仕事だというメンバーがほとんどですが、何とも充実して、キラキラ輝いている表情なのが、たまらなくウレシイです。

 話題は、生徒時代の事から、今の仕事、更には将来の目標など、インテリアコーディネーターならではの盛り上がり。皆に共通しているのは、町田アカデミー時代が大好きだと言うこと。

 会の最後には、私の新しいビジネスが成功するようにと、ネクタイをプレゼントしてくれました。ありがとう!

 実は、感動して、涙がこぼれるのを我慢するのに精一杯・・・(笑)
 
 町田アカデミーを卒業すると、こんなステキな仲間ができるんです。↓
スクール同窓会


 FC2ブログランキング「建築部門」の全国№1を100日連続獲得した記念ブログにふさわしい、「しあわせデザイン」な出来事でした。

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続100日)】

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 料理研究家の磯貝由恵さんと建築家の八木このみさんによるトークに加え、参加者同士の交流もあって、楽しい時間が過ぎて行くので、すっかり「キッチン」そのものリフォームの話が飛んでしまいました。(笑) 

 今回のリフォームの特徴は、次の通りです。

1、クローズ型のキッチンの間仕切壁を取り払い、アイランドキッチンのオープン型にしたこと
2、壁のクロスをはがし、白いペンキ塗装にしたこと
3、アイランドキッチンは、1枚石の天板を使ったオーダーメードにしたこと
4、照明をダウンスポットで統一し、特に、メインキッチンであるアイランドキッチンの調理スペースを舞台のように照らしていること


 パリのアパートでは、住人が自分の趣味とメンテナンスのために、良く壁を自分で塗るそうです。そんなところから、フランス人以上にフランス人のイメージがある磯貝さんの新しいキッチンにふさわしいデザインした、と言うのが八木さんの弁。

 また、アイランドキッチンは、開放的なのですが、逆に、散らかすと目立つという欠点があります。磯貝さんも、授業中の慌しい時間は、乱雑になるため、今までのクローズ型のキッチンで、それが隠せて助かっていたので、最初は抵抗があったそうです。

 しかし、教室運営のための動線を考えた時、オープン型にすると良いよと言う八木さんの提案を受け入れて、決断。結果、開放型にする方が、「皆に見られている」という緊張感があって、自分の気持ちも教室開催のたびに、高揚する良い効果をもたらしているとか。

 合わせて、壁を取り払い、太陽光がダイニングキッチンの隅々まで行き渡ることで、教室全体が明るくなったそうです。

 このあたりは、いずれ、写真や図面を頂く機会があれば、再度ご紹介したいと思いますが、「自分は調理中散らかすし・・・だから、人から見られないクローズ型のキッチンが良いわ」と思っておられる方、逆にアイランドや対面型にして、オープンにすることで、これまでとは違う調理、料理の時間が生み出されるかもしれませんよ。

 そのような潜在意識を上手に引き出される八木さんは、さすが有名な料理研究家の血を引いていますね。八木このみさんにお尋ねしたところ、磯貝さんのキッチンリフォームプロジェクトに続く「料理が大好きな人のためのキッチン」第2弾も、是非手がけてみたいとか。

 また、八木さんから、ご自身が結婚される時に、料理研究家のお母さん「有元葉子」さんから贈られたレシピ集を本にしたと言うエピソードもご紹介いただきました。その著作名は、「娘に贈る私のレシピ」↓です。


「ラフィネなキッチン ~パリのアパルトマン風キッチンより~」オープン記念セミナーは、また一つ私に「しあわせデザイン」のカタチを見せてくれました。

 そして、最後に、向かって左から、磯貝由恵さん、私、八木このみさんの記念写真。磯貝・八木・馬渕


 これにて、シリーズを終わります。ただし、その後も、お二人とはメールで、交流していますので、「リターンズ」があるかも(笑)

≪このブログを読んでいただいた方へのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
(別窓で開きます。PCには何も登録されませんからご安心ください)

にほんブログ村 住まいブログへ←現在の順位がわかります!【昨日:「一戸建ブログ」部門=全国 2 位】
←現在の順位がわかります!【昨日:「建築ブログ」部門 =全国 1 位(連続99日)】
テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ