FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 昨日は、私が考える住宅メーカーの比較方法や選択方法について、書きました。今日は、週刊ダイヤモンドの記事の中のリフォーム編について、書きます。

 前回までに紹介した「マンション編」「マンション管理編」「一戸建て編」と、この「リフォーム編」は、分析の仕方が大きく違います。前者は技術、サービス等の数値比較ができる項目を抽出していますが、リフォームは、利用者のアンケート調査で「満足度」によりランキングしているのです。

 なぜなら、リフォームはその規模や場所により工事の内容が大きく変わるので、客観的な比較項目を設定するのが難しいからです。裏を返せば、それだけ業者選びも難しいと言うことでしょう。

 さて、今回のアンケートは、ほぼ全国区で店舗やネットワークを抱えている大手リフォーム会社(組織)15社でリフォームをしたことがある人に回答してもらっています。

 そして、アンケート項目は、次の8つです。

1、営業担当者の対応に満足したか?
2、見積もり書、仕様書の出来栄えに満足したか?
3、契約金額の上限が守られたか?
4、仕様書どおりの工事だったか?
5、施工品質に満足したか?
6、工事中にトラブルが発生したか?
7、完成後、トラブルが発生したか?
8、次回も頼みたいか?


 この各項目ごとに100点満点とし、その平均値を取ってランキングしています。

 結果はトップが「東京ガスリモデリング」で79.0点、最下位が「住友不動産リフォーム」で62.2点。15社の平均値は69.1点です。

 それでは、この満足度調査の結果を判断基準として、リフォーム会社を選べば良いのでしょうか?

 私の答えは、またしても「NO」です。

 まず、今回対象となっているのは、15社(組織)ですが、積水ハウスリフォームのように、一つの会社の営業所網が全国にある組織と、TOTOのリモデルクラブのように、独立した工務店が、ブランドとして加盟している組織があるので、それを比較することには、いささか無理があります。

 直営組織であれば、サービスや施工について、ある程度、統一されていますが、加盟方式では、その多くが住宅設備メーカー系であり、そのメーカーの商品を使うことに関する技術指導や商品知識の研修はあっても、それ以外は、その工務店に任せているケースが多いようです。

 この記事の中でも、後者のネットワーク加盟型の本部担当者が「加盟店のレベルは玉石混合」と答えているくらいです。

 また、アンケートの項目も、いささか浅いように思います。例えば、工事中夜や完成後のトラブルについて、質問していますが、そのトラブルの質が重要です。リフォームの場合、例えば床の張替えで、床をはがしてみて初めてその劣化の状況がわかり、当初の仕様や見積もりでは進められないケースが出てきます。

 実は、それがリフォーム工事の宿命なのであり、トラブルが生じたことがマイナスなのではなかく、それをどう解決するのかが、その会社の実力なのだろうと思います。

 それでは、どのようにリフォーム会社を選べば良いのでしょうか?
その続きは明日書きます。(続く)

≪馬渕からのお願い≫
下記バナー2つを各1回ポチッでブログの応援お願いします。
 昨日のランク→「建築ブログ」部門=1位

にほんブログ村 住まいブログへ 昨日のランク→「住まいブログ」部門=18位・「1戸建ブログ」部門=11位
テーマ:マイホーム
ジャンル:ライフ