アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.81

■私の好きな言葉■ 
とことんやれば、勝手に自分らしくなる

こんにちは。

私の起業家精神は、福島正伸先生に学んで
きたところが非常に大きく、昨年から、
先生を名古屋に招き、リーダーシップマス
ター研修を開催しています。

その前半の講義では、企業理念を確立し、
それを組織に浸透させるには?を学んで
います。

極端な言い方ですが、
「企業理念は、社長の指示より優先する」

それは、社長のために働くのでは、
もちろんなく、利益のためでもなく、
企業理念を実現するために働く!
と言う意味です。

では、それを浸透させるには、どうすれば良いか?

答えは、シンプル。

まずは、トップである私が、全ての言動を
企業理念に沿ったものにする。

そして、あらゆる手段を使って、
「企業理念」を浸透させる。

メンバーが、それを忘れないよう、
普段から、繰り返し、言葉にする、
目にするよう仕掛けを作る。

会社の壁やトイレに貼るのはもちろん、
私のパソコンのスクリーンセイバーに
マンション管理相談センターの企業理念
をスライドショーにしています。

冒頭の宣言は、
「私たちは、住民の無関心や知識の乏し
さから、知らない間に社会的弱者になって
いる分譲マンション管理組合に対して、
5つの行動指針と7つのコンサルティン
グポリシーに基づき、その利益を守り、
マンションの価値を維持・向上させ、
そこに暮らす人を「これでもかっ!」
と言うくらい、幸せにします。

【マンション管理相談センターの5つの行動指針】
1、マンション管理相談センターの7つのコンサルティングポリシーで活動すること

2、日本一「志」の高いコンサルタントであること

3、日本一「高品質」のコンサルティングを提供すること

4、日本一のコンサルタント集団になるために相互支援すること

5、「日本一」になるための言葉を使い、行動すること

【マンション管理相談センターの7つのコンサルティング ポリシー】
1、マンション住民の利益の最大化のために尽力します。

2、マンション住民と管理会社・管理関連事業者・建築会社等との間の望ましい緊張感と信頼関係を構築します。

3、管理関連業者や建築事業者等の業界談合を排し、不明朗なバックマージンは、一切受け取りません。

4、マンション住民の意思決定がスムーズに行われるよう、プロとして的確なアドバイスに努めます。

5、長期的視野に立ち、管理上の課題解決、適正な建物維持管理、住民の困りごとの相談に積極的に取り組みます。

6、問題の解決だけではなく、マンション住民が幸せになるための積極的な課題・目標設定を提案し、実現します。

7、「一生住み続ける住民と同じく、一生を通じて、依頼元のマンションと付き合う」熱い思いで仕事をいたします。

この一連の宣言に加えて、
それを実践するための自立型姿勢を書い
たスライドショーをユーチューブの機能
を使って、作ってみました。

https://goo.gl/xNQV6B

音楽もつけました。

コンサルタントがドンドン増え、
私がいつも、そばにいて、アドバイスする
のではなく、一人一人が、自立して活動す
ることが多くなります。

その時に、
「何をやるのか?」
よりも、
「何のためにやるのか?」
を意識することで、同じ志で、
軸のぶれない活動が出来るのだと思います。

私は、これを毎朝、パソコンを開いた時に、
見て、毎日、決意を新たにしています。

相変わらず、熱くてすいません!(笑)

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志
    
□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ3618日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

このイベント、順調に申し込みを頂いていますが、まだ、残席があります。
2017春夏セミナー1 
MAKSセミナーチラシ2016春夏 
大規模修繕工事見学会

前回の冬開催セミナーの内容から、また、バージョンアップして事例をお話しします。

是非、お越しください。

【ブログ3617日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

タイトルは、ネガティブっぽいですが、意味は反対。

こんな幸せなことはありません。

クライアント先マンションの一つの問題を解決する前に、いくつもの新しい問題が出てきます。

今週末は、
【土曜日】
 午前:岐阜市内約60戸マンションの初めての修繕委員会
 午後:大垣市内約30戸の管理適正化プログラムで、新管理会社への移行を審議する総会
 夜:活躍できるマンション管理士養成塾
【日曜日】
 午前:岐阜市内40戸の管理適正化プログラムで、新管理会社への移行を審議する総会
 午後:管理適正化プログラムを終え、大規模修繕工事の入札も終わり、今年の秋からだ工事が始まる岐阜市内の役20戸のマンションの定期総会
 夜:大規模修繕工事の建物調査まで終え、これから大規模修繕工事に向けて、その途中経過を話す岐阜市内約30戸のマンションの定期総会。

 数えるとこの週末は、偶然にも、岐阜で5件のコンサルティングです。

「地方都市では、マンション管理士の仕事は見つかりにくい」と言う話を聞きますが、前記の状態が、毎週末のように続くのでMAKSの棚橋専任コンサルタントを始め、各担当コンサルタントと連日、打合せしながら準備していますが、「やってもやっても終わりません」

後進のコンサルタントの養成が急務なんですが、至福の時間が続きますねぇ(*^^)v

【ブログ3616日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

契約書を作成するときに、出来る限り面倒にならないためには、1枚のA3サイズまでで抑えることです。

それを超える場合は、複数枚になるのですが、改ざんを防ぐため、原則として「袋とじ」にします。
袋とじにしない場合は、パージごとに割り印を押すことになります。

「袋とじにして」と言うと、よく、製本テープで張り付ける人がいますが、こrは、袋とじと言いません。

これが、その方法。
袋とじの方法」

一般の人は、知らないと思います。
ビジネスパーソンでも、「袋とじして」と言われて、さらっと、これができる人は少ないでしょうね。

しかし、私はできます!(笑)

何故なら、電力会社勤務時代に、支店の用地買収交渉部署にいて、不動産売買契約書を作ったり、本社の人事部署にいて、出向協定書等を自分で作っていたから。

どちらも、平社員クラスだったので、自ら作業。
先輩に教えてもらいました。

で、沢山作成したので、スキルが身についています。

だから、今も、会社のスタッフに任せるより、うんと早くできます。

これ、自慢(笑)

【ブログ3615日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!


アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

長期修繕計画を作成したら、将来、最大9800万円の赤字になると言う試算結果が出て、積立金を段階的に今の4~5倍に値上げしなければならないマンションの話です。

劇的な改善の第1歩は、管理コストの見直し。

MK式の管理改善プログラムで、管理品質を適正化して、約270万円のコスト削減。

その際、組合財政の危機をわかりながら、有効なアドバイスをしてこなかった現行管理会社への批判も強かったのですが、入札を待っていると、その分だけ、財政改善が遅れます。
管理会社も、その反省も踏まえて、コストダウンに協力してもらい、新管理委託契約の元での、コンサルによるモニタリング強化を約束して、現行管理会社で早々に新管理委託契約の実施となりました。

次は、大規模修繕工事。
MACM方式で実施することとし、管理会社想定値より、1千5百万円のコストダウン。

電気料金の削減は、年間70万円。
既に5年以上前に不要となっていた電波障害施設の撤去で年間9万円。

ただし、この二つは、資金が少ない中での投資工事になります。

ここで、組合員からの質問。
「お金がないのだから、投資工事は、先に延ばしては?」

たしかに、目下の資金が少ないのですが、この投資工事は、30年と言う長期スパンで見ると、組合に多大な収入をもたらすので、先延ばしするより、借金をしてでも、すぐに行った方が、良い工事です。

そこで、今すぐやった場合と、5年後に実施した場合の比較表を作成したところ、やはり、今すぐ実施した方が、将来の積立金の値上げを抑えることができる。

結果、従来の修繕積立金を4~5倍値上げが必要と言われていたのを、2.5倍程度の値上げで、行ける!と言う結果になりました。

とは言え、住民にとっては、大幅な値上げになるわけですから、いきなり総会議案にすることはNGです。

まずは、住民説明会を開催し、理解を得ることにしました。

今回のスピード感は、過去最高。
ここまで来たのは、危機感を持った住民の皆さんの努力のたまものです。

【ブログ3614日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!